私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

清水綋治 × 中堀正夫 トークショー(実相寺昭雄監督特集)レポート・『悪徳の栄え』(2)

f:id:namerukarada:20190413171958j:plain

【現場でのエピソード(2)】

清水「実相寺は名監督じゃないんだよ、ほんとは(笑)。あの時代にあれだけやっちゃったのは珍しい。名作を目指してたわけでないのは明らかだから。

 (『宵闇せまれば』〈1969〉)当時から変な人でしたね(一同笑)。それが大島渚さんの本でね、ストイックに撮ってましたから」

中堀「描く力はやっぱりあるんだなと

 最初に『無常』(1970)についたとき、何でこんなことすんだよって判らなくて。でも理解しないとやってけねえよな。女の人でも男の人でも頭の上にカメラ置くのよ?」 

無常 [DVD]

無常 [DVD]

清水「それは美学としては判るけど、『風』(1967)では時代劇でちょんまげで走ってるのを逆光でとか、人の顔が変なところに映ってるとか、そんなの必要あるか(笑)」

中堀「次の作品のことを考えてるから、『風』の清水さんが出てるやつと『怪奇大作戦』(1968)の「京都買います」が全く同じところでロケしてる。ずるがしこいっていうか、人の金を使ってロケハンも(一同笑)。やっぱり頭切れるんですよね。海軍大将の血を引いて(笑)」

京都買います

京都買います

中堀「ぼくはこの監督と一生やりたいとほんとに思ったんですよ。面白いから。『無常』のときに、稲垣(稲垣涌三)さんがカメラで、監督は“お前、違うんだよ。カメラの高さを2センチ下げろ”とか。何言ってんだよとか思いながら。準備できると、自分が買って来た本を置いてくわけですよ。明治から昭和への時代背景みたいな本を見えるように置く。この主役の人を育てたものはこれだと。芝居をやってる人は全く無視で(笑)。改めて『無常』を見ると、本が飾られてて」

清水「『曼荼羅』(1972)は、見るの厭でね(一同笑)。インタビュー受ける前に見とこうと思って見たけど、アドベンチャー物としてはできてますね。わけの判らない世界に入って旅してしまうという。こういうアプローチをした人もそういないし」 

曼陀羅 [DVD]

曼陀羅 [DVD]

 小池一夫『首斬り朝』(グループ・ゼロ)を映画化しようとして流れた企画は、清水氏の主演が想定されていた。

 

清水「『首斬り朝』をやろうって言われて“何でいまさらやるの?” 。こっちも生意気だったから(笑)」

中堀「『歌麿 夢と知りせば』(1977)だって、ほんとは清水さんだったけど」

清水「おれも意固地なとこがあって、ばかだった。『ウルトラマンダイナ』(1998)のときは、金かけて大丈夫かよって(笑)」

中堀「「京都買います」の斉藤チヤ子は好きでしたよね。その人に興味持ったらとことん」

清水「あんまり人間に興味なさそうだよね。興味持たれても困るんだけどさ(一同笑)。いい出会いではあったですよね。死なないでもっと撮ってくれたらいい役者になれたのに(一同笑)」

 

 中堀氏は実相寺組の常連スタッフで、つき合いは長い。

 

中堀「違う監督とやってみたいという思いがあって、実相寺監督に相談しないで、池谷さんに呼んでもらって行ったことがあるんですよ。『蜜月』(1984)っていうので、お金がなくてロケセット。打ち合わせをしていたら、監督から電話かかってきて。おれは監督とずっとやりたい、ただ1回は外でどうやって撮るのか見たいからやりますと。監督は“余計なことは覚えるな” (一同笑)。実相寺監督のつくるような画は出さない。監督が見たか判らないけど、帰って同じ事務所にいるのに1年半仕事がなかったです」

清水「どこまで同じスタッフでつくっていくか。刺激がなかったらつまんないだろうし。ただこれだけの作品(『悪徳の栄え』〈1988〉)が撮れたというのは、チームワークであるし、感じてることが判るからだよね。見てる人もがまんしてるかもしれないけど、スタッフも相当がまんしてるし(一同笑)」

悪徳の栄え [DVD]

悪徳の栄え [DVD]

 『帝都物語』(1988)は、当初は『悪徳』の岸田理生脚本だったがキャンセルされてしまったという。

 

中堀「『帝都』は、最初は理生さんの本だったからいいと思ったけど。もういっぺん引き受けたものを止めたとは言わないで、やっちゃおうとやる。ただ棄てていく。ばらつきがあるけど、ただこの『悪徳の栄え』と『屋根裏の散歩者』(1994)と『D 坂の殺人事件』(1998)はそういうのがない」

 

【実相寺監督の人間像(1)】

中堀「生まれたのは東京だけど、育ったのは中国。中国への思いを描きたかったはずだけど、やらなかったですね。中国は、上海へジャズを撮りに行っただけですよ。何度も中国に行くチャンスがあったのに、直前になると“おれ、やだ”って。日本航空のPRを撮るので中国の都市を回るっていうのがあって、でも何故か2週間くらい前におれは行かないって。やっぱり(中国には)つらいことが多すぎた」(つづく)