私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

松任谷由実と「中庸」

f:id:namerukarada:20200919024725j:plain

 シンガーソングライターの松任谷由実が、安倍晋三前首相の退任に際してラジオで「私の中ではプライベートでは同じ価値観を共有できる、同い年だし、ロマンの在り方が同じ」「辞任されたから言えるけど、ご夫妻は仲良しです。もっと自由にご飯に行ったりできるかな」などと発言し、物議を醸した。

続きを読む

荒川稔久 インタビュー “癒し系なヒーローを”(2000)・『仮面ライダークウガ』(4)

f:id:namerukarada:20200913231141j:plain

荒川 『ウルトラセブン』のワイアール星人の回で、中真千子さんが駐車場に車を入れると、小包を持ったお手伝いさんがうしろから来るシーンがあって、我々は「野長瀬野長瀬三摩地的な恐さ」と言ってるんですが、そういう恐さですね。

続きを読む

荒川稔久 インタビュー “癒し系なヒーローを”(2000)・『仮面ライダークウガ』(3)

——そのバランスが『クウガ』の一番面白いところだと思うんですが。明朗快活なヒーローものだけど、ちゃんとリアルというバランスがすごく良くて。

 

荒川 そう言ってもらえると嬉しいんですが、そのせいで毎回スケジュールはキワキワで…。

 

——確かにかなり大変そうですね。

 

続きを読む

荒川稔久 インタビュー “癒し系なヒーローを”(2000)・『仮面ライダークウガ』(2)

シリーズ構成の仕事

——シリーズ構成のお仕事というのはどういうことをするのか、読者のために詳しく教えていただけますか?

 

荒川 基本的にはまずプロデューサーの高寺高寺成紀さん、文芸の大石大石真司さん、村山(村山桂)さんと4人で話し合って流れを決めていきます。その中で僕としては雄介を含む人間側のドラマをどのように置いていくかというのを提案して、みんなでまとめる材料にしていくのが主な仕事ですね。そして、それを受けて、毎回毎回の脚本を詰めて、各人物のセリフを生み出します。あとは、役者さんに「このセリフはどういうニュアンスですか」とか質問されたときに答えるというのもありますね。

 

——すると、全体の構成をして、各話の脚本も書いて、読み合わせにも出るということですね。現場にも顔を出されたりするんですか?

続きを読む

荒川稔久 インタビュー “癒し系なヒーローを”(2000)・『仮面ライダークウガ』(1)

f:id:namerukarada:20200914135836j:plain

 テレビ『仮面ライダークウガ』(2000)のメインライターを務めた脚本家・荒川稔久氏。氏は『五星戦隊ダイレンジャー』(1993)、『特捜戦隊デカレンジャー』(2004)、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011)、『非公認戦隊アキバレンジャー』(2012)、現在放送中の『魔進戦隊キラメイジャー』(2020)など多数の特撮・アニメ作品を発表している。

続きを読む