私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

木之元亮 トークショー(作家主義 相米慎二)レポート・『ションベン・ライダー』(1)

f:id:namerukarada:20210630014852j:plain

 やくざの抗争に巻き込まれた少年少女(永瀬正敏河合美智子坂上忍)の奇妙な冒険を描いた『ションベン・ライダー』(1983)。相米慎二監督の作品の中でも特に異色作で、見返す度にその不可思議な魅力にとらわれる。

 相米監督の没後20年を記念して横浜で特集上映が行われ、『ションベン・ライダー』のリバイバル上映と木之元亮氏のトークショーがあった。聞き手は映画ジャーナリストの金原由佳氏が務める(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 木之元亮氏は『太陽にほえろ!』(1972〜1986)の刑事・ロッキー役で知られるが、筆者としては『ウルトラマンダイナ』(1998)の隊長のイメージが強い。相米監督と同じ北海道出身で『ションベン・ライダー』以後も『魚影の群れ』(1983)や『ラブホテル』(1985)、『夏の庭』(1994)、『風花』(2001)など相米作品に多数登場。スケジュールの関係で出られなかった作品もあるという。 

【『ションベン・ライダー』】

木之元「いまの映画のぼくと比べたら体重が違いますし、おじいさんと言われても仕方ないくらい歳もとりましたし、太っちゃいました。でもこういう機会があるというのを本当に嬉しく思っております。

 『太陽にほえろ!』で5年ほど刑事をやりまして、殉職してから初めての仕事が『ションベン・ライダー』です。『太陽』は勉強していたようなもので、そこから出ての他流試合と言いましょうか。この作品で映像の現場に足を踏み入れたという感じで、必死でした。

 ただ相米さんは、釧路にいらっしゃった話などもされて、すごく優しい人でした。「はいOK、カット。いいよ」って言うんですが、誰も解散しないんです。監督が「ロッキー、どうだ? いい? これでいい?」って言うんですよ。ああ、ちょっと気持ち悪いですって言うと監督は「もう1回、行くか?」。嬉しくて。次にやってもそれ以上ができるか判らないけど、若造の俳優にチェレンジさせてくれる、そういう優しさがありました」

 

 冒頭に木之元氏演じるやくざたちが少年をさらうシーンは、実に8分以上の長回し

 

木之元「当時のフィルムとしては異常な長さですね。カメラマンは2回クレーンを乗り換えてますね。プールからグラウンドに出て、道に出て来る。カット割りすればいいじゃないかと思うでしょ(笑)。スタッフも文句言いません。集中して、できませんとは言いません。すごいプロ集団だと感じましたね。

 グラウンドの真ん中に盆踊りの櫓があったんですが、実はあの下に薬師丸ひろ子ちゃんがすわってました。1日だけ現場に、監督の応援に来ていたんですね。『セーラー服と機関銃』(1981)の後ですからね。「薬師丸ひろ子、いるよー」「へえ」なんて言って。話はしませんでしたけど、みんな騒いでました(笑)」 

  『セーラー服』の薬師丸ひろ子が現場に陣中見舞いに来たことは、河合美智子氏も話していた。

 

木之元「監督は子ども(河合、永瀬氏ら)に自由にやらせながら、ひとつの条件なりを加えていくんですね。自分のやりやすいところだけで芝居をしてほしくない。子どもたちは悩むんだけど、動いてみようと。自分で感じるなり見つけるなりしてくれればOKだと。3人は自分の世界にどんどん入っていくような感じで、としとるとなかなかできない。面白い俳優さんになるかなと感じました。そうなりましたね」

 

 木場での攻防は、みなが水に落ちたり飛び込んだりするのを長回しで追う。

 

木之元「私はかなずちなんてもんじゃない、漬け物石です(一同笑)。北海道の漁師のせがれなんですけど、北海道は寒くて海は遊泳禁止。プールは野外で、泳ぐ機会がなかった、と弁解ですが。

 監督に「飛び込め」と言われるんですよ。スーツ着て革靴はいてますけど、腹くくってやりました。どっかで溺れたらおしまいですよ。ワンシーンワンカットでぶっつけ本番で、死ぬのを覚悟して撮りました(笑)。おそるおそる飛び込んだらかっこ悪いでしょ。だから派手に「とおっ」って、気合いが口に出ちまったですね(笑)。必死に水から這い上がりましたよ。出た後でトロッコ押して逃げるんですが、木場を走るときのへっぴり腰、判ります? 監督に言わせるとリアルでいいと。やくざだって水が怖い人がいるだろうということですね(笑)」

 

 クライマックスで木之元氏のやくざは、藤竜也と戦って絶命。

 

木之元「最後の家の中で藤竜さんと決闘するシーンで(劇中では)ぼくの兄貴分なわけですけど、監督は「言いたいことあったら勝手に言っていいよ」と言うのよ。ぼくが発したのは「兄貴、綺麗だ」。あの台詞は即席なんです。藤竜さんがメイクしてたんで(笑)」(つづく