私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

樋口真嗣 トークショー(実相寺昭雄の光と闇)レポート・『おかあさん』(1)

f:id:namerukarada:20170427000931j:plain

 『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)などのガメラシリーズの特技監督、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015)や『シン・ゴジラ』(2016)の監督として知られる樋口真嗣は、かつて実相寺昭雄監督『帝都物語』(1988)や『ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説』(1990)の絵コンテを担当した。特集上映“実相寺昭雄の光と闇”にてテレビ『おかあさん』(1962)が上映された後のトークに、樋口真嗣氏が登壇。聞き手は批評家の樋口尚文氏が務める。

 『おかあさん』は読み切りドラマの枠で毎回冒頭にサトウハチローの詩が朗読されるのだが、そんなほのぼのした母子ものの枠に20代の実相寺監督は、ハードで先鋭的な作品をぶつけた(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 

真嗣「よくわかんないね…。ロケはフィルムで、スタジオ部分はV? 冷静に見ると、どうやってつないでる?と。生では不可能ですね。

 のちの、いつものやつっぽい。でも16mmでぶっ通しで撮ったなら判るけど、スタジオでやるのはすごい。(カメラの)台数だって4台5台もない、2台だよね?」

尚文「こんなに大変なら16でやればいいのに」

真嗣「いま見ると(古くなって)Vの部分と収録部分の画質が似ちゃってる。

 横顔フェチ、ずっと横顔撮ってるなって」

 

 『おかあさん/あなたを呼ぶ声』(1962)は、大島渚監督『愛と希望の街』(1959)に感銘を受けた実相寺が大島に脚本を依頼。

 

尚文実相寺さんの、大島渚の呪縛がすごいなって。「あなたを呼ぶ声」は『愛と希望の街』ですね。おかあさんってプチブルをだます底辺の人って構造は同じです」

真嗣「ああいうのやりたいって発想かな」

尚文「京都(京都文化博物館)でこれをやったとき、ぼくは最初に誤解なきようにって言って。『おかあさん』はサトウハチローの詩が馴染むような作品で。これ(上映作品)だけだとプログレな作品ですけど(一同笑)」

真嗣「そんな中でもいつものでしたね。保守中道があったら、そこを思いっきりはみ出るという…。許されたんですかね」

尚文「許されたっていうか、やっちゃった」

真嗣「お母さんって台詞を入れればいいと。ほっこりした『おかあさん』を見ようとしてこれ見たら「えっ?」っていう。やっぱり放送のテロリストですね。『ウルトラマン』(1966)でのはみ出し方と変わってない。いい時代ですね」

尚文「最初の「あなたを呼ぶ声」は実相寺さんにしては丁寧に撮ってる。大島さんにめちゃくちゃに怒られて。大島さんはテクニシャンが嫌いで、ごろんっていうのが好きな方」

真嗣「どう見ても小手先だと」

尚文「ラストの池田(池田秀一)さんと池内(池内淳子)さんを(カットバックで)チャチャチャと。ここで怒られただろうなと。

 

 実相寺は単発ドラマ『いつか極光(オオロラ)の輝く街に』(1963)にて大島脚本に再挑戦。

 

尚文「『おかあさん』で怒られまくっちゃったので、『いつか極光の輝く街に』では大島さんの脚本撮って捲土重来。でも感想は「きみはテクニシャンだなあ」って。怒られなかったけど。そこがターニングポイントかな。そこから大島渚の呪縛が解けて、『怪奇大作戦/京都買います』(1969)へぐっと」

真嗣大島渚を目指そうとしてたと」

尚文「好きだった。実相寺さんは『青春残酷物語』(1960)の批評を書いてて、めちゃくちゃすごい批評で。いくつだろうって」

 

 『おかあさん/あつまり」(1962)は若者たちの倦怠したパーティーが描かれる。主演は、「京都買います」でも好演した斉藤チヤ子。

 

尚文実相寺監督は、斉藤チヤ子好きですね」

真嗣「かなりいい時期…って言っちゃいけないけど。「京都買います」は大人にならないと判らない。熟女ものっぽい。でもこの斉藤チヤ子は素晴らしい。山本彩に似てるな。フレッシュな。

 一貫してるように見えて、やっぱり時期があると思う。最初がいちばん向こう見ずだったころで、『おかあさん』とは名ばかり。ひりひりしてますね。これ、呼び出しですよね。呼び出しがあっても、日記とか読むと呼び出したくないタイプ。絶対言うこと聞かないし。円谷一さん、想像するしかないけどあの人の器の大きさ、ああいう人のもとに…」

京都買います

京都買います

 
DVD 怪奇大作戦 Vol.6

DVD 怪奇大作戦 Vol.6

 

  樋口真嗣氏は『帝都物語』が実相寺監督との出会いだった。

 

真嗣「ぼくなんか完成しちゃった実相寺さんとおつき合いしてて、内面が判らない。何訊いても煙に巻かれちゃって。

 (原体験は)『ウルトラセブン』(1967)と『怪奇』の再放送ですね。それで難しい名前の人だなって。名前もお寺ですからね。カメラを向けて真実を切り取る!みたいな名前で。写真を見ると怖いし。びびりながら行くとすごくラフ。もっと緻密に来るかと思ったら、全くもってラフ。こっちとしては何でだろうと」(つづく

 

【関連記事】庵野秀明 × 樋口真嗣 トークショー レポート・『激動の昭和史 沖縄決戦』(1) 

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 

にほんブログ村 テレビブログへ