読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

金子修介 × 大森一樹 × 富山省吾 トークショー“怪獣からKAIJUへ” レポート (1)

f:id:namerukarada:20151030214352p:plain

 『ゴジラ』(1954)から61年。昨2014年にはアメリカのレジェンダリー・ピクチャーズ制作の『GODZILLA ゴジラ』が大ヒット。その人気の余波?か、日本でも久々のシリーズ最新作『シン・ゴジラ』が2016年に公開されることも発表された。

 10月、文化庁映画週間のシンポジウム「怪獣からKAIJUへ」が飯田橋の神楽座にて開催された。金子修介監督、大森一樹監督、富山省吾プロデューサーが登壇。モデレーターは井上伸一郎KADOKAWA代表取締役専務が務める(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 

井上「『三大怪獣地球最大の決戦』(1964)を見てからの怪獣ファン。今日はモデレーターとして3匹の怪獣を相手にする、そういう役割です(一同笑)」

 

 金子・大森・富山氏が登場。

 

金子「こんなに熱いまなざし…(一同笑)」

大森文化庁という国の機関が、怪獣を取り上げる。ほんとかよと思ったのですが(笑)」

 

 金子監督は、『1999年の夏休み』(1988)や『毎日が夏休み』(1994)、『デスノート』(2006)などマンガの映画化を多数手がける一方、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)に始まる平成ガメラ三部作を発表。濃厚かつ細密な世界観で高い評価を受けた。2001年には『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』を撮り、ガメラシリーズとゴジラシリーズを撮った稀有な監督である(ちなみにテレビ『ウルトラマンマックス』〈2005〉のメイン監督も担当)。

 大森監督は、『ヒポクラテスたち』(1980)や村上春樹原作『風の歌を聴け』(1981)、『わが心の銀河鉄道』(1996)など青春映画で知られるベテラン。ゴジラシリーズでは『ゴジラvsビオランテ』(1989)、『ゴジラvsキングギドラ』(1991)の2本を撮っており、前者はシリーズの人気投票で常に上位に来るほど評価が高く、後者は平成ゴジラシリーズ定番化のきっかけとなる大ヒットを飛ばした。近年は大阪芸術大学芸術学部映像学科教授も務める。

 富山プロデューサーは、『ゴジラvsビオランテ』から『ゴジラ FINAL WARS』(2004)まで平成のゴジラ映画をプロデュース(金子・大森監督のゴジラも富山氏が製作)。大森監督とは『恋する女たち』(1986)などでも組んでいるほか、『誘拐』(1997)、『ハゲタカ』(2009)などを送り出し、2004年には株式会社東宝映画社長に就任した(2010年に退任)。

 

金子修介監督 (1)】

金子「以前、大映に青春映画をつくらないかって言われたんだけど、そのとき『大魔神』(1966)の新作を企画してるって聞いて、大魔神じゃなくてガメラのほうがいいって言ったのが、(ガメラを)監督するきっかけ。

 大森さんが(1989年に『ゴジラvsビオランテ』を)撮ったので、3歳くらい上で、ああ(自分は)間に合わなかった。大森さんが2本撮って、暮れに見に行ったら、予告編で次はモスラだと(『ゴジラvsモスラ』〈1992〉)。監督の名前がないので、これはやれるかもしれない、と。モスラゴジラってのは自分の中で大きい。空中戦も地上戦もっていうのが魅力的で。大森さんがやらないならと思って、富山さんに年賀状送った。でも監督は決まっていて、そしたら大映の人がゴジラの仇をとりましょうと(企画を持ってきた)。

 (ガメラゴジラの違いは)ゴジラのほうが、人気がある(一同笑)。ガメラは、会社が思ってるほどではない。

 でもゴジラガメラが偉大だとつくっていて思ったのは、話を聞いたときからできることが決まっている。いろんな映画(の企画が)俳優が拒否したりして沈む。監督にとって、これをつくるって決まっているのは大きい。つくるかつくらないか判らない企画をやって、消耗して、その間の拘束の代償はない。それで監督は討ち死に。でもゴジラガメラは決まっていて、だから文句を言うこともできるし。

 (『ガメラ 大怪獣空中決戦』では)ガメラは子どもの味方だと言われて、いやそれはダメだと言っても降ろされなかった。企画者の言ってることを頭から否定したわけで、若かったのもあるけど。

 伊藤(伊藤和典)さんの台本ができて、クランクイン直前に、この脚本だと「生体兵器」だと言ってる。当時の大映の営業から、ロボット兵器から怪獣に戻してくれ、と。監禁されて、この設定を変えろ、いや変えていただけませんか、と(一同笑)。降ろされそうな態度をしても、降ろされない。制作は1994年ですね」

井上「当時はバイオ兵器が発達していなくて、兵器というとロボットでしたね」

金子「怪獣映画って何かと考えるに、日本は戦争をしないと決めていてこんなに流行ったと思いますね。戦争映画をつくると、反省と後悔ばかりでエンタテインメントにならない。その代わりに怪獣映画がつくられている。『ガメラ2 レギオン襲来』(1996)は特にそうですね。こんなに怪獣がいっぱい生まれた、怪獣文化の原因は、戦争を封印したこと。だから花ひらいたんですね。いまは流行らないと思います。

 この国は戦争しないと決めてたのが大きい。戦争ウィルスが怪獣として現れ、自衛隊や戦闘部隊、ウルトラマン、わけのわからないのがやっつけてる。レジェンダリー版ゴジラも、オバマ政権の厭戦気分と関係があるんじゃないか。日本の次のゴジラは樋口(樋口真嗣)さんだけど、(その内容は)社会的じゃなく極私的になっていくんじゃないかな。だからガメラには、ビジュアル重視じゃなく社会的視点を持つ演出家が必要かな、と」

 

 ここで金子監督の『少女は異世界で戦った』(2014)の導入部が上映される。この作品では、核兵器や銃の存在しない世界観が冒頭で説明される(それゆえ若いヒロインたちが剣で戦う)。アメリカのブッシュ前大統領もねたにされている。

 

大森「怪獣と何の関係があるん?(一同笑) 単なる金子ワールドでしょ」

金子「(自身の『ガメラ』と同様に)美少女を愛でるというか(一同笑)」

大森文化庁の行事で…」

金子「やっぱり大学教授だからな(一同笑)」(つづく)

 

【関連記事】金子修介監督 インタビュー(1999)・『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』(1) 

少女は異世界で戦った‐DANGER DOLLS‐ [DVD]

少女は異世界で戦った‐DANGER DOLLS‐ [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ