私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

田中陽造 トークショー レポート・『セーラー服と機関銃』(2)

【『セーラー服と機関銃』(2)】

 組員のひとり(上田敏也)に「おふくろのにおいがする」と言われた主人公(薬師丸ひろ子)は、彼を抱きしめる。

 

田中星泉は意識しないけど女であり、持っていた母性がばっと出ちゃう。

 (2006年に)TBSで連ドラになったんですけど、極道じゃなくてテキ屋にしちゃってる。極道はあぶなくて、そこへ女の子が行くからドキドキするのに、テキ屋なんてお祭りに行けばいくらでもいる。腰が引けてるなって思った。

 たった5、6人でも“おれたちやくざだ!”って迫力を持っていないと。星泉も火の粉を浴びて、強くなっていく」

 

 ラストで、渡瀬恒彦の遺体に別れを告げた主人公の台詞は、「私、愚かな女になりそうです」。三國連太郎の太っちょの不気味さや風祭ゆきの愛人の凄み、長回しなどの印象が強いが、『セーラー服と機関銃』(1981)はビルドゥングス・ロマンでもある。 

 

田中星泉はただの女子高生ですからね。それが大人の愛に初めて触れた。これから人を愛する女になりますって気持ちで、(ラストで渡瀬に)キスしたと。いきなりやくざの世界に放り込まれて、死ぬときまでつながるような情のかわし方を見て、その答えが最後のキス。

 あんなに当たったのは健やかな映画になったから。ひろ子がゆがんだ男たち、刑務所でかま掘られてついていったりとか、人が愛し合ったり、命を賭けて喧嘩したり、そういうことに触れて生きるってこういうことだと。星泉の成長譚ですね。だから、おそらく受け入れられたんですね。

 ぼくの願望としては、“愚かな女”になってほしいわけ。男でしくじったり、棄てられたり、逆に熱烈に愛されたり。利口な女はそんなことしない、ちゃんといい男を選んで、給料いくらとか。そういう女になってほしくない。ふしだらと言っちゃうとあれだけど、愚かに育ってほしい。薬師丸ひろ子に重ね合わせて、あの台詞を言ってもらいたかった」

セーラー服と機関銃  デジタル・リマスター版 [DVD]

セーラー服と機関銃  デジタル・リマスター版 [DVD]

 

相米慎二監督の想い出 (1)】

田中曽根中生監督の助監督をやっていて、でもあまり記憶にないですね。曽根中生とは友だちでしたから、相米とも言葉を交わしていたかもしれないけど。

 記憶にあるのは、渋谷のホテルで仕事していて、ちゃちなロビーでインタビューされていたら、禿げたやつが近づいてきて、相米なんですね。インタビューが終わってから、はいって渡されたのが『セーラー服』の原作本でしたね。(シナリオを)頼みに来た。後で伊地智啓プロデューサーから聞いたら、その渋谷の帰り道で、相米が“陽造ってなかなかいいね”って言ったと(一同笑)。うるせえ、バカ! 呼び捨てなんですね(笑)。

(『セーラー服』の)暴走族のシーンにもびっくりしました。あんなシーンになるとは思わなかったし、亡くなられた照明の熊谷秀夫さんが新宿中にライトを点して、それで撮ったんですよ」

 

 田中氏は、『セーラー服』以外でも相米監督の『魚影の群れ』(1983)や『雪の断章 情熱』(1985)、『夏の庭』(1994)などのシナリオを執筆。

 

田中「『魚影の群れ』は『セーラー服』の後だったんで、(各社が)相米の争奪戦になってた。相米も選べる立場になってて、ホン見せたらこれやりますって。ホンが出来てから、相米が呼ばれたんですね

 『魚影』は、編集ラッシュが5時間。春夏秋冬を全部撮ってる。青森の大間で、(冬のシーンは)真夏に雪降らせてね。すごくいいシーンもあったけど、5時間でしょ。総量じゃなくて、編集したラッシュが5時間(笑)。切れないんだもん。あいつ、長回しだから。

 飲み屋で、何で長回しすんのって訊いたら、おれちょっとカット割り苦手でって。カメラを回し出すとカットがかけられない、しょうがないんですよって。きみの肉体がそうなってるんだからしょうがないのかなって。あいつの生理だから仕様がない。鈴木清順だってカットあるじゃない? どうして先輩の真似ができないのかな(笑)。

 (『セーラー服』は)こんなに切ったら、ぼろぼろになるなって思ったけど、無駄な長回しの中で、ホンのエッセンスが、ある一瞬がある。あいつの映画って。

 『魚影』では、緒形拳がずっとマグロを追っていて北海道に近づいちゃって、近場の北海道の漁港にマグロを上げる。競りをして、待っている間に別れた十朱幸代とばったり会っちゃって。十朱は若い男と駆け落ちして、漁港の近くのスナックのママをやってる。緒形拳は暴力亭主だったから、十朱幸代はバーッと逃げる。緒形は追っていって、海猫が飛んだり雨が降ったり、いろいろあるけど長回しでずっと撮っていて、カットを割っていない。ふたりはぜえぜえ。このふたり哀しいな、どんな歳月を…って身にしみてくる。無駄と言えば無駄だし、追いかけっこ撮るバカいないけど、ああいいなって。相米の映画はそれが真骨頂で、無駄な間とかに相米の魂がある」(つづく)

あの頃映画 「魚影の群れ」 [DVD]

あの頃映画 「魚影の群れ」 [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ