私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

柄本明 トークショー(新藤兼人映画祭)レポート・『石内尋常高等小学校 花は散れども』『一枚のハガキ』(2)

f:id:namerukarada:20170824001007j:plain

 新藤兼人監督『石内尋常高等小学校 花は散れども』(2008)の後半では、柄本明氏は主人公の晩年を演じている。

 

柄本「その前にですね、何だったかな…あ、池田敏春の映画で谷崎(谷崎潤一郎)の『鍵』(1997)ってのをやったんですよ。脳梗塞になっちゃうんですけど、そんな役やったのが役に立ったのかな」

 

 新藤監督のインタビューと撮影日誌を収録した『石内尋常高等小学校 花は散れども』(岩波現代文庫)には、晩年のシーンでは柄本氏に質問されたとある。

 

柄本「現場で監督と話してないんですけど“花をもぎ取ってきた”という言葉に対して質問したのかな。あまり喋らないですね。なんかやっぱり言葉じゃないような。監督の様子見るとね、そんなことで…はい。基本はシナリオ読ませていただいて、ああまた撮れてよかったなと。

 最初若いころを撮って、ぼくと(妻役の)川上麻衣子さんだけ大人で、あと子どもたち。あとで大人たちが出てくるシーンで、尾道の“竹村旅館” 、あそこの2階の大広間の宴会場で大竹しのぶさん、六平(六平直政)さん、りりィさん、大杉漣さん、トヨエツ(豊川悦司)、うちの角替和枝(夫人)がいて、カメラのポジションとか決めて。監督は車椅子で、大人の役者と会うのはぼくと川上さん以外初めて。ライティング済ませたら、監督が車椅子から立ち上がって“監督の新藤です。よろしくお願いします” 。ちょっと感動しました。この旅館は『東京物語』(1954)のあれ(ロケ地)で、小津(小津安二郎)監督や原節子さんのサインもあって、監督が挨拶されたときは、ああいいなって。

 『石内尋常高等小学校』もそうでしたけど、『一枚のハガキ』(2011)は監督が98から99歳にかけてで、大変いいお仕事だったですよ。仕事が午後4時終わりでお酒。広島で2か月でしたけど、だから愉しかったです(一同笑)」

石内尋常高等小学校 花は散れども [DVD]

石内尋常高等小学校 花は散れども [DVD]

 
石内尋常高等小学校 花は散れども (岩波現代文庫)

石内尋常高等小学校 花は散れども (岩波現代文庫)

 

 遺作『一枚のハガキ』では、途中で急死する悲運の父親役。

 

柄本「(出番は)撮影所でした。にっかつじゃなかったかな。衣装合わせでは赤坂のシナリオ会館にある近代映協(近代映画協会)に行きまして。長いテーブルで、監督が上座。ぼくは立ち上がって、監督はいろいろと“柄本くん、この役はこうですから”って説明して。熱入ってくると、監督も立ち上がられる。ぷうって音がして、3回そういうことで、誰も笑わない。みんなうなずいてて、ああとってもいいなと思いました。弔辞でもこの話をしました。

 いつもと変わらず、ぼくが知ってる新藤組の雰囲気で、淡々と。(最終日は)よく覚えてないですけど、多分死ぬシーンですね。そこはロケだと思いますね。ぼく割と忘れちゃうんですよ」 

一枚のハガキ【DVD】

一枚のハガキ【DVD】

 

 柄本氏は、新藤作品の常連俳優だった殿山泰司とは縁があるという。

 

柄本「殿山(殿山泰司)さんは、ある意味いちばん好きな俳優さんですね。かっこよくないんだけど、はげだし。でもかっこいい。うちの親父と泰明小学校の同級生なんです。『三文役者ああなきい伝』(ちくま文庫)を読ませていただくと、親父のことが書かれてるんです。祖父がはんこ屋で、木挽町でした。殿山さんとは何度か共演させていただきまして“おい、親父どうしてるんだ?”って言われると嬉しかったですよ。とにかくかっこいい。殿山さんと比べられるような方は浮かんでこない」

 

 最後に新藤監督についてひとこと。

 

柄本「新藤さんはやっぱり大監督ですけど、とにかく大大シナリオライターで大変な方でした。広島でお話させていただいたときに、どの監督がお好きですかって訊いたら、マキノ(マキノ雅弘)さんだって。その日の気分もあったと思うけど、これ面白かったです」

 

 筆者は、柄本氏を渋谷の映画館の階段で偶然お見かけしたことがあったが、じっくりお話を聴くのは初めてで面白かった。

f:id:namerukarada:20170824001856j:plain