私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

河合美智子 × 伊地智啓P トークショー レポート・『ションベン・ライダー』(2)

f:id:namerukarada:20150517215501j:plain

【撮影現場 (2)】

 『ションベン・ライダー』(1983)のファーストシーンは、やくざ(木之元亮、桑名将大)がプールを見ているところから始まって、河合氏たちがプールでガキ大将(鈴木吉和)にいじめられ、暴走族が現れる件りを経て、ガキ大将がさらわれ、着替えた河合氏たちが先生(原日出子)に駆け寄るあたりまで長回しのワンカット。先述のように、カメラさんはクレーンからクレーンに乗り換えている。

 

河合「(カメラは)クレーンを乗り換えるものと思っていたら、そんな現場はあれだけでした(一同笑)。プールから上がって、カメラがあっち行った隙に早着替え。

 (撮影は)朝8時から夕方6時まで。相米さんはゴザ敷いて寝てて、どうして(リハーサルを)何度もやるんですかって訊いても、“てめえで考えろ”って。その後は、美術さんに⚪︎×カードをつくってもらって、自分はそれを上げるだけ(笑)。原さんは暴走族に捻られて捻挫で、(現場で)いつも怒ってましたね」

 

 河合氏以外に、永瀬正敏坂上忍も現役で活躍中。

 

河合「忍くんは、大人がいると笑顔を見せない。ジャックナイフでした。3人のときは笑顔なのに」

伊地智「彼の扱いには、いちばん気を使いました。当時は家庭の情況も最悪だったのかな」

河合相米さんも何も言いませんでしたね」

伊地智「みんなで相米をドブ川へ落としただろう。あれは坂上が首謀者」

河合「私は参加してないですよ」

伊地智「嘘つけ(一同笑)」

河合「応援してただけ(笑)」

 

 舞台は、東京から名古屋、熱海へ。

 

伊地智「名古屋へ行くなんて話は聞いてなかった。助監督の榎戸(榎戸耕史監督。この日もいらっしゃっていた)が「名古屋へ行く」って電話してきた(一同笑)。

 この前、トークで“日本じゃロードムービーは成立しない”って話をしていたら、会場で『ションベン・ライダー』はロードムービーじゃないんですかって質問があって、慌てた(一同笑)。この映画は緊迫感があって、意図しないところに子どもたちのエネルギーの発露がある。ロードムービーを超えていると思ったんです。これは讃辞ですよ(笑)」

河合「名古屋へも、ただ連れて行かれた。でも伊地智さんも(名古屋行きを)知らないとは思わなかったな。

 相米さんの悪口しか出ないけど、大好きですよ。どれだけひどいことされたかが、相米さんに愛されたか(笑)」

伊地智「(ラストの)白い粉をまく件りを最後に撮り終えたとき、相米と顔見合わせたら泣けてきた。あんなにまいたら、あぶない粉だと思いはせんわね。この映画はテレビにはかからなかったけど、御用にはならなかった。あのシーンが見ている人の心に届けば、この映画をやった意味はあったかな」

河合「あのシーンでは、何度も粉を食べてますね(笑)。

 撮影は夏休みで終わるって聞いたのに、9月23日にやっと学校へ行けたんです。こっちは坊主頭で」

伊地智「何だよ、いまさら」

河合「いや、制作費は大丈夫だったんですか?」

伊地智「もちろん伸びていくよ!(一同笑)」

河合「(相米監督の)『台風クラブ』(1985)の現場に行って、相米さんと笑って話していたら、工藤夕貴ちゃんににらまれましたね。ああ、大変なんだなって。でも薬師丸ひろ子さんが『ションベン・ライダー』の現場に来たときは、私ミーハーだからいっしょに写真撮ってもらいました(笑)」

f:id:namerukarada:20150517214653j:plain

【その他の発言】

伊地智相米に直接に言っても通じなくて、物言う必要がなくなる。黙認しているように思われてるけど、ものすごい怒りの中で我慢していて、これも相米の技ですね。

 監督は、俳優さんの本来の力にどう出会えるかが分かれ道。相米は13本の映画を撮ってあっという間に死んだけど、今日たくさんの人に見てもらえるのは、俳優さんの出会いもありますね。

 彼が悩んで撮ったフィルムのラッシュは、4時間半。それを2時間に収めるっていう無茶な手術の結果、変な字幕が出てきて、それがストーリーの説明になってない(一同笑)。相米が、自分にとって映画とは何か、真面目にやろうとした結果なんです。常識でできることはやらず、きりきり舞いして撮った。こんなにたくさんのお客さんが見てくれて、ひとりひとりの方に伺いたいくらいです」

河合「私たちは素人、忍くんはキャリアがあったけど。あの14歳の夏はブルースとして生きていて、(相米監督は)もう私じゃない状態になるまでつき合ってくれて、みんなが出来あがるのが判る。監督がすごいのは、本番1回しか撮ってない。いっぱい撮って編集するんじゃなくて。何度も(リハーサルを)繰り返してわけわからなくなるけど、いちばん輝いてるところを切り取ってくれる。これがデビューでよかったなって。

 他の現場へ行ったら、1日でこんなにたくさんのシーンを撮るんだ、3日に1シーンじゃなくて。怪我しなくていいんだとか(笑)。

 このときの自分を越えようとがんばってるんだけど、30年経っても越えられないですね」

ションベン・ライダー (HDリマスター版) [DVD]

ションベン・ライダー (HDリマスター版) [DVD]

 

 河合氏は、相米監督の『光る女』(1987)、『あ、春』(1998)にも出演している。

 

河合「『光る女』のときはウェイトレス役で、相米さんがこうやるんだって見本をやってて、気持ち悪かった(一同笑)」

あの頃映画 「あ、春」 [DVD]

あの頃映画 「あ、春」 [DVD]

 

 最後に、まとめのメッセージ。

 

河合「私にとっては宝物のような映画。14歳の2月11日、初日に銀座へ見に行って、カットしすぎてわけわからなくなってたけど感動しました。キラキラしてる子どもたちをみなさんも見ていただけたら。

 相米さんはマグロ漁船に乗ってるお父さんみたいで、来年帰ってきそうな気がして。伊地智さんは、オーロラ輝子のときだけ、はしゃいでくれましたね。ずっと恩返ししたいと思っているんです」

伊地智「熱海の海に浸かっている河合の表情はよかった。言おうと思っていて、遅くなった」

河合「30年経って(一同笑)」

f:id:namerukarada:20150517215916j:plain

f:id:namerukarada:20150517215921j:plain

映画の荒野を走れ──プロデューサー始末半世紀

映画の荒野を走れ──プロデューサー始末半世紀

 

にほんブログ村 映画ブログへ