読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

原恵一監督 トークショー レポート・『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』

原恵一 映画

f:id:namerukarada:20151027201825j:plain

 『エスパー魔美 星空のダンシングドール』(1988)、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002)、『河童のクゥと夏休み』(2007)など幾多の秀作アニメーションを監督し、今年は杉浦日向子原作の最新作『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』(2015)を発表した原恵一。『百日紅』はアヌシー国際アニメーション映画祭にて長編部門審査員賞を受賞。12か国での公開が決まっているという。

 原氏は、『百日紅』によりASIAGRAPH 2015 創賞を受賞。10月にお台場にて、受賞記念するトークショーが行われた。原氏と同時に匠賞を受賞したロボット工学者の石黒浩氏もトークに参加され、おもしろい話もいろいろあったのだが、筆者の能力の限界により原氏の発言に絞ってレポしたい(申しわけありません)。授与の後にトークが始まる際、原氏のネームプレートが“原健二”となっていて、会場の人が慌てて引っ込めていた(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 (受賞は)大変光栄です。アニメーションに入って33年くらい。最初から世界を目指していたわけでなく、子ども向けアニメから始めて。記録メディアもなく、1回オンエアしたらそれっきり。いまは、日本のアニメはどこの国へ行っても好きな人がいるようになって。いきなりそうなったわけじゃなく、先輩たちが作品をつくってきて、それでいまがある。ぼくも、一歩一歩地道につくっていこうと思います。

 

 (トークのために事前に)何も用意してこなかったんですけど、何を話せばいいのかな。原作の杉浦日向子さんの作品は大好きで、映像化したいと思っていて。ハードルが高いので、つくるにあたって自信があったわけじゃないけど、縁があってプロダクションI.Gさんがやると言ってくれてつくることができた。この作品を、別の監督さんで企画を動かしたこともあったらしいけど。ぼくは個人的に、I.Gの石川(石川光久)さんに営業に行って、“一度はあきらめてたけど、じゃあやろうか”と。タイミングと縁ですね。つくるべきときだったのかな。

 

 (日本のアニメの)紙と鉛筆で描いていくスタイルは、(アメリカと)違いますよね。

 時代劇ということもあって、アニメーションでしかできない江戸の景色とか、現代の技術で描きたいと思った。3DやCGは現場に導入されているけど、いちばん大事なのは、うまいアニメーターの技術。紙に鉛筆で描いていくのが大事っていうのは、日本のアニメの中で変わっていないんじゃないかな。

 

 北斎葛飾北斎)の世界的な知名度は、意識しましたね。海外で公開されるというのも、意識してつくっています。もし外国でこの作品をつくっていたら、全然違ったでしょうね。

 絵を描く人も、日常的に着物を着ているわけじゃない。だから着物を着た人(キャラクター)の所作やシルエットにはものすごく苦労したみたい。でも日本人だから全く違う文化ではないので、何とか成立したとも言えるでしょうね。

 

 浮世絵づくりは、アニメーションづくりに似ている。分業制で、庶民のためのものをつくる。ぼくらみたいな商業作品をつくっているのと近い。絵師が下絵を描いたら、木版に彫る人がいて、色を指定する人もいて初めて完成する。ひとりが全部やるんじゃなくて、いくつかの行程を経て完成するんですね。

 

 ぼくらがやってる作業は数値化できないですから、やっぱり一代限り。でもアニメーションはいきなり生まれたわけではなく、いまも集団作業で、つまり技術は受け継がれてきた。

 

 (自分が)アニメの世界に入ったのも思いつき。意外とそんなふうな人のほうが長続きできるかも。いつか監督にと思ってたわけではなく、絵を描く仕事をしようと思って入ったら、周りにもっとうまい人がいっぱいいて、それでアニメーターから監督にシフトして、いま監督になってる。

 

 基本的に、いい人は監督になれない。どっかで非情な、そういうところがないと。どっか非常識なところとか、自分もそうだという自覚がある。(非情さは)スタッフにだけでなく、自分に対しても非情にならなきゃいけない局面もある。涙を飲んで、つくりたい場面を切らなきゃいけないとか。

 (怒ることは)まあそんなにないですね。ぼく自身は監督らしくなりたいと思っていますけど。

 ぼくはアニメーター出身ではなく、いろんな人にいい絵を描いてもらわなきゃいけない。その人をうまく乗せるっていうか。

 

 ぼくは職業上の夢が叶ってしまって。やりたいこととか、つくりたいものが常にたくさんあるタイプではない。『百日紅』では、また夢が叶ってしまった。いまは無職。監督と言われるのもおこがましい(笑)。次の仕事が決まったら、監督になるけど。フリーはみんなそうですね。次は何をつくるか、決まってないですけど。

 

 (映画制作には)持続力が必要で、1日2日徹夜しても、どうにもならないですね。毎日長距離走のように、きょうはここまで、あしたはここからここまでっていうペースを維持していくのが、映画をつくるコツなのかな。

 (予算が50億あったらと訊かれ)5億で十分かな(笑)。

 

【関連記事】

原恵一監督 × 末吉裕一郎 × 中村隆 トークショー レポート・『河童のクゥと夏休み』(1) 

原恵一 × 安藤真裕 トークショー レポート・『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(1) 

原恵一 × 橋口亮輔 トークショー レポート・『百日紅』『恋人たち』(1) 

にほんブログ村 映画ブログへ