私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

中野昭慶 × 島倉二千六(島倉仁)× 三池敏夫 トークショー レポート・『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1)

f:id:namerukarada:20180704205436j:plain

 今年2014年はゴジラ60周年で、アメリカ版の公開も話題だが、そのゴジラシリーズと並行してかつて多数の怪獣映画が制作されてきた。その中の1本が『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)。

 第二次大戦末期のドイツから秘密裏に日本へ運ばれた、フランケンシュタインの不死の心臓。だがその心臓の手術中に、広島に原爆が投下された。15年後、犬やウサギを殺す謎の浮浪児が広島に現れる。その浮浪児は次第に巨大化し、フランケンシュタイン(古畑弘二)と化した。一方、秋田の油田で、怪獣バラゴンが出現する。

f:id:darakarumena:20140716223613j:plain

 敗色の濃いドイツの研究所から始まり、直裁に原爆を描いたシーンにも少々ぎょっとなり、冒頭から惹きつけられる。『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(以下、『フラバラ』)は、そんな不穏な空気が映画全般に漂う。日本の特撮映画としては珍しく日米合作で原案はジェリー・ソウル(脚本は馬淵薫)。フランケンシュタインは着ぐるみではなく生身の俳優さん(古畑弘二)が演じている。

 昨年5月に、『フラバラ』のリバイバル上映と、助監督を務めた中野昭慶氏、背景画を担当した島倉二千六(ふちむ)氏、三池敏夫氏のトークショーが行われた(いまさらの記事化…)。トークの司会は、ライターの友井健人氏が務めている。

 

【『フラバラ』の特撮現場 (1)】

三池「1961年生まれですから、4歳の年ですね。翌年の『サンダ対ガイラ』が初体験です。あれを5歳児に見せるかなって(笑)。それが刷り込みですよ。人型の化け物が人間を食っちゃうし。1966〜67年くらいの時期(怪獣ブームで)ものすごく怪獣があふれる。

 『フラバラ』は大学生になってから、九州での上映で見ました。

 いま作り手側として見ると、場面転換が速いなと。場所が次々移動するけど、短いシーンのためのセットが次々出てくる。贅沢だなと。馬とかイノシシもやれる限り特撮でやっちゃう(笑)」

 

 防衛軍に向かって走ってくるイノシシやバラゴンに怯える馬は、ミニチェアが使われていて何だかかわいらしい。

 フランケンシュタインは20メートル程度でばかでかいわけでもないという設定なので、特撮セットの建物などは必然的に大きく作られた。

 

中野「特撮セットは、外側だけでなく中身もつくってる。大きいセットなので、使い回しもできないのに」

三池「団地は1回しか出てこない。それなのに、全部セットをつくってるんですね。

 琵琶湖の遊覧船、これもそれほど出番がないのに(笑)。フランケンシュタインは、だんだん大きくなっていくから、これは5分の1かな? 一旦できあがったこれを、プールに入れるのが大変ですよね。船のお芝居の部分もセットでしょ」

中野「森のセットはヒムロ杉。『ハワイ・マレー沖海戦』(1942)のころから使ってるって噂だよ。ヒムロ杉の中でも、何とかヒムロ杉は大木みたいに見える。これは植林していて、大道具さんは植木屋さん。資源の無駄遣いはしてません(一同笑)。

 当時は、ロケハンのときに写真を撮ってもすぐには現像できない(からその場で確認できない)。助監督が撮るんだけど、“監督はここがいいかな”って考えて撮るのが大変」

三池「候補地は、最後まで行ってみてやっぱり最初のがいいとかいうこともある。だから全部撮っとかないと」

中野本多猪四郎さんは自然派だから、大島とか御殿場が好き。監督の好みを予想する(自分は)優秀な助監督です。監督としてはダメだったけど(笑)。

 監督のつぶやきも聞き漏らせない。“ありゃダメだ”とか。円谷(円谷英二)さんは“あそこはロング”とか、声が小さい。助監督は耳が良くないと(笑)

 逃げる人は(特撮の)円谷組が撮る。逃げる連中の荷物も面倒なんだよね。いま思うと、風呂敷とかあんなもの持ってかないね」

三池「(フランケンシュタイン役の)古畑弘二さんは、危険度も高かったと思う。木は生木だから素手で持つときっと痛いだろうし、満身創痍ですね」

中野「リハーサルではござを敷いて、本番ではマットを敷いてる。こっちで指示しないと美術さんは判らないから、俳優に怪我させないというのも仕事。怪我したら助監督の責任だから。バラゴンは中島春雄ちゃんだけど、いまも元気なのはぼくのおかげ(一同笑)。

 中島春ちゃんは地中に埋められて3、40分入ってる。地底怪獣だからね。彼は旧海軍出身だから水にも強い。普通の俳優さんはあんなに真剣にやらないのに、すごく真面目だよね」

三池「あんな荒々しい芝居なのに、几帳面なんですね(笑)」(つづく)