読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

中野昭慶 × 島倉二千六(島倉仁)× 三池敏夫 トークショー レポート・『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1)

中野昭慶 映画

f:id:darakarumena:20140716223513j:plain

 今年2014年はゴジラ60周年で、アメリカ版の公開も話題だが、そのゴジラシリーズと並行してかつて多数の怪獣映画が制作されてきた。その中の1本が『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)である。

 

 第二次大戦末期のドイツから秘密裏に日本へ運ばれた、フランケンシュタインの不死の心臓。だがその心臓の手術中に、広島に原爆が投下された。15年後、犬やウサギを殺す謎の浮浪児が広島に現れる。その浮浪児は次第に巨大化し、フランケンシュタイン(古畑弘二)と化した。一方、秋田の油田で、怪獣バラゴンが出現。フランケンシュタインとバラゴンの対決の行方は…。

f:id:darakarumena:20140716223613j:plain

 敗色の濃いドイツの研究所から始まり、直裁に原爆を描いたシーンにも少々ぎょっとなり、冒頭から惹きつけられる。『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(以下、『フラバラ』)は、そんな不穏な空気が映画全般に漂う、異色の力作である。日本の特撮映画としては珍しく日米合作であり、原案はジェリー・ソウル(脚本は馬淵薫)。

 フランケンシュタインは着ぐるみではなく生身の俳優さん(古畑弘二)が演じており、その“彼”をめぐって科学者たち(高島忠夫水野久美、ニック・アダムス)が議論を交わすシーンが多く、作品の渋さを際立たせる。特撮シーンも、ラストの燃え上がる森など、ドラマの悲劇性を巧みに強調していた。議論のシーンや悲劇的なトーンは同じ本多猪四郎監督 × 円谷英二特技監督のコンビによる初代の名作『ゴジラ』(1954)を連想させるが、カルト的な面白みはこちらのほうがある。

 この作品は結末が2タイプあり、フランケンシュタインがバラゴンもろとも地割れに飲み込まれるのと、バラゴンを倒した後で山中に突如現れた大ダコ(!)と戦って湖に転落するというのがある。両方とも唐突なのだけれども、後者には思わず笑ってしまう。

 この作品の世界観を(微妙に)引き継いだ『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)も制作された。

 

 昨年5月に、『フラバラ』のリバイバル上映と、助監督を務めた中野昭慶氏、背景画を担当した島倉二千六(ふちむ)氏、三池敏夫氏のトークショーが行われた(いまさらの記事化…)。トークの司会は、ライターの友井健人氏が務めている。

 

 中野昭慶氏は、円谷英二監督の下で多数の特撮映画の助監督を務めた後、『ゴジラヘドラ』(1971)、『ゴジラ対メカゴジラ』(1974)、『日本沈没』(1974)、『連合艦隊』(1981)などの特技監督を手がけた。特にビル群やガスタンクが吹っ飛ぶような、景気のいい爆発シーンで知られる。ちなみに、染谷勝樹氏がロングインタビューした『特技監督 中野昭慶』(ワイズ文庫)は素晴らしい著作である。

 『フラバラ』には特撮の助監督として携わった。

 

 島倉二千六氏は背景画家として、特撮メインの作品からドラマ主体の映画、テレビに多数の絵を提供。ゴジラ映画など特撮セットの空や富士山のみならず、大林宣彦監督のファンタジー、晩年の黒澤明監督作品に至るまで驚くほど多数の映画に参画している。筆者も知らずに島倉氏の絵に魅せられていたわけで、多岐にわたるお仕事には驚かされた。映画『ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q』(2012)と同時上映された『巨神兵東京に現わる』(2012)でも背景画を担当。現在は、“島倉仁”の名で画家としても活動されている。

 島倉氏は、『フラバラ』でも背景画を手がけ、今回久々に鑑賞されたようである。

 

 三池敏夫氏は、特撮映画・ドラマの美術監督として映画『ゴジラvsキングギドラ』(1991)、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995)、テレビ『牙狼 MAKAISENKI』(2011)などを担当。『ウルトラマンサーガ』(2012)では特技監督を務めた。『巨神兵』でも美術に参画しており、『巨神兵』の樋口真嗣監督はかつて三池氏の「鬼のような」細かい仕事ぶりを絶賛していた。

 三池氏は1961年生まれで、『フラバラ』は「4歳の年」ということで、当然制作には参加しておらず、作り手の立場からコメントするという役割である。

 

【『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』の特撮現場 (1)】

三池「1961年生まれですから、4歳の年ですね。翌年の『サンダ対ガイラ』が初体験です。あれを5歳児に見せるかなって(笑)。それが刷り込みですよ。人型の化け物が人間を食っちゃうし。1966〜67年くらいの時期、(世間は怪獣ブームで)ものすごく怪獣があふれる。

 『フラバラ』は大学生になってから、九州での上映で見ました。

 いま作り手側として見ると、場面転換が速いなと。場所が次々移動するけど、短いシーンのためのセットが次々出てくる。贅沢だなと。馬とかイノシシもやれる限り特撮でやっちゃう(笑)」

 

 防衛軍に向かって走ってくるイノシシやバラゴンに怯える馬は、ミニチェアが使われていて何だかかわいらしい。

 フランケンシュタインは20メートル程度でばかでかいわけでもないという設定なので、特撮セットの建物などは必然的に大きく作られた。

 

中野「特撮セットは、外側だけでなく中身もつくってる。大きいセットなので、使い回しもできないのに」

三池「団地は1回しか出てこない。それなのに、全部セットをつくってるんですね。

 琵琶湖の遊覧船、これもそれほど出番がないのに(笑)。フランケンシュタインは、だんだん大きくなっていくから、これは5分の1かな? 一旦できあがったこれを、プールに入れるのが大変ですよね。船のお芝居の部分もセットでしょ」(つづく)