読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

“ドラマ 吉祥寺店”のおもひで

その他 批評・感想

f:id:namerukarada:20140802130312j:plain

 先日、吉祥寺へ行った際にふと思い出したのが、レンタル店“ドラマ 吉祥寺店”の閉店であった。昨201310月いっぱいで閉店してしまったそうで(閉店の前後に吉祥寺を訪れることはあったのだけれど、忘れていた 爆)、“ドラマカフェ”という喫茶店になっており、やはり同じレンタルビデオチェーンが経営しているようである。

 いまはなき“ドラマ 吉祥寺店”は、意外なほどマニアックな品揃えが特徴的であった。

 一部で知られていたのが、テレビ『怪奇大作戦』(196869)の“狂鬼人間”があるということであろう。

 『怪奇』は、さまざまな科学犯罪に立ち向かう特捜チームの活躍を描いたサスペンスドラマで、優れたエピソードを輩出(出来にばらつきはあるが)。実相寺昭雄、飯島敏宏、市川森一石堂淑朗佐々木守上原正三などの名監督・名脚本家が参画した。

 その一話「狂鬼人間」は、心神喪失者の犯罪を罰しないという刑法39条に反感を抱く科学者(姫ゆり子)が人間を一時的に「狂わす」装置を開発、「狂わせ屋」となって復讐殺人の手助けを請け負うという衝撃的なストーリーである(脚本:山浦弘靖 監督:満田かずほ)。

f:id:namerukarada:20140802130327j:plain

 経緯は明らかにされていないけれども、「狂鬼人間」は現在、封印作品の扱いである(安藤健二封印作品の謎』〈だいわ文庫〉に詳しい)。だが1984年に発売されたビデオには収録されていて、入手困難なそれが“ドラマ 吉祥寺店”に置いてあるのだった。およそ10年前、暇つぶしに店内を徘徊していた筆者は、視界に飛び込んできた「狂鬼人間」の文字に目を疑った。ビデオのパッケージは、「狂鬼人間」の劇中に登場する大村千吉(端役だが日本刀を持っていて怖い)で、「特に『狂鬼人間』は放送コード等でまず放映は不可能。ビデオならではの登場と言えます」と書かれている。

 調べてみると、20年前の時点でこのビデオは置いてあったらしく、わざわざ千葉から借りに行かれた方もいたらしい。この当時は、それほど貴重だったのである。

 

 この店は他にも、品揃えがすごかった。邦画ならば、農耕と性交を希求する共同体を描いた実相寺昭雄監督『曼荼羅』(1971)、鈴木清順監督のカルト作『カポネ大いに泣く』(1985)、伊丹十三プロデューサーと黒沢清監督が裁判沙汰になってしまった『スウィートホーム』(1989)、若き日の深津絵里筒井道隆が活躍する青春ドラマ『真夏の地球』(1991)。洋画でも、旧ソ連の『動くな、死ね、甦れ!』(1989)、三谷幸喜が高く評価する『謎の要人悠々逃亡!』(1960)、人形アニメの怪作『親指トムの奇妙な冒険』(1993)など、何故にこれほどマニアック…という顔ぶれである。「狂鬼人間」が紛れ込んでいても、不思議はない…。某大手レンタル店より安いこともあって、重宝したものであった。

 

 2000年代の半ばを過ぎて動画サイトが普及すると、「狂鬼人間」や『スウィートホーム』のようにトラブルを抱えた作品も普通に動画が上がるようになった。一方で珍しい作品のDVD化も進み、ネットで容易にさがすことができる。レンガ館の中にさりげなくたたずんでいて、マニアックなビデオが並ぶ不思議な店。そんな“ドラマ 吉祥寺店”の閉店は、時代の移り変わりをさりげなく象徴してもいるのだろう。 

封印作品の謎―ウルトラセブンからブラック・ジャックまで (だいわ文庫)

封印作品の謎―ウルトラセブンからブラック・ジャックまで (だいわ文庫)