読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

やなせたかしと東君平・『くんぺい魔法ばなし』(1)

f:id:namerukarada:20140804123144j:plain

 先頃世を去ったやなせたかしは、漫画家、イラストレーター、作詞家などマルチな経歴で知られる。筆者も幼い頃にはテレビ『それいけ!アンパンマン』(1988~)を見ており、後年には大人向けに書かれたエッセイなども興味深く読んだ。

 だが、筆者が初めてやなせたかしの名を強く意識させられたのは、それらの作品ではない。もちろん『アンパンマン』を見ていて“原作 やなせたかし”のクレジットは目に飛び込んできたし、後追いで原作の絵本を読んでやなせの名は知っていた。けれども、それ以上に印象が強かったのは、東君平の本に書かれたやなせの解説であった。 

 イラストレーター・詩人・童話作家東君平は、1960年代から80年代にかけて活躍した人物である。猫や子どもなどを描いたほのぼのとしたタッチが持ち味で、1973年から1986年まで毎日新聞に『おはようどうわ』を連載(単行本はサンリオ刊)。子ども向けの童話『どれみふぁけろけろ』(あかね書房)、『おかあさんがいっぱい』(金の星社)、詩集『心のボタン』(サンリオ)、『へびとりのうた』(同)、ショートショート的な『くんぺい魔法ばなし』(同)などの作品がある。後年の作品は、絵よりも文章に比重がかかっていた(198612月、東は46歳で逝去)。 

f:id:namerukarada:20140804123209j:plain

 筆者はまず『おはようどうわ』を読んでいて、やがて童話を経て比較的高い年齢層に向けた詩集や『くんぺい魔法ばなし』に進んだ。『くんぺい魔法ばなし』は、1974年から1987年まで「詩とメルヘン」に長期連載され、3冊の本にまとめられている。当初は、魔法使いを主人公にした起承転結のある小咄であったが、やがて作風は変化し、青年の恋愛や日々の哀歓をつづった内容が増えていった。自らの手によるイラストは、童話に添えられているのと同じ、シンプルで愛嬌のある白と黒の絵。けれども描かれているのは恋愛、若き日の迷い、身辺雑記から少し不思議なSFっぽい出来事(『魔法ばなし』だけに)まで、実に多彩なのである。

 

さあさ さあさ

 いらっしゃい

 魔法横町はこちらです

 ここから歩いて

 すぐのとこ

 わたしが案内いたします」(『くんぺい魔法ばなし ねこのリボン』サンリオ)

 

 そのライフワーク的な『魔法ばなし』が連載された「詩とメルヘン」の編集長が、やなせたかしであった。『くんぺい魔法ばなし 山のホテル』(サンリオ)に寄せられたやなせの回想を読み、あのアンパンマンの人かと少々驚いた記憶がある。(つづく) 

くんぺい魔法ばなし―ねこのリボン (魔法ばなし全集)

くんぺい魔法ばなし―ねこのリボン (魔法ばなし全集)

 

にほんブログ村 本ブログへ