読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

東君平の連作詩・『へびとりのうた』『心のボタン』

東君平 書籍 批評・感想

f:id:namerukarada:20140804031250j:plain

 詩人・童話作家イラストレーターの故・東君平が遺した詩。

 東は絵本・童話も多数執筆しており、幼いころの筆者は当然子ども向けのそちらをまず読んだ。子どもや動物の無邪気な動静がつづられた童話につづいて、今度は『心のボタン』(サンリオ)や『はちみつレモン 君平青春譜』(同)といった詩集に進む。すると詩には青春の哀歓や感傷などが描かれていて、童話とは異なるトーンを意外に思ったものであった(童話にもシリアスな話はあるのだが)。添えられたイラストは絵本と同じようにユーモラスで愛らしいのだけれども、詩は青年の日々をせつなく語るものが目立つ。

 東君平の詩の中で、ひとつの世界観で連作された詩がいくつかある。印象に残っている2作を紹介したい。

 そのひとつ、『へびとりのうた』(おはよう舎)は、へびをつかまえる職業人とへびとの攻防をコミカルに描いている。

 

きょうも今日とて

 へびとりの思うこと

 如何にしてへびを捕らえるか

 

 いつの日もどんな日も

 へびの思うこと

 如何にしてへびとりを逃れるか

 

 森は鬱蒼と陰鬱に

 へびとりは悲し

 へびもまた悲し」(『へびとりのうた』)

 

 この作品は1976年に発表されたものだが、その3年前に東君平は「週刊文春」誌上において“イラストレーター廃業宣言”を行っており、絵を描きつつも詩や文章に力を入れる旨を表明した。この時期以後のイラストは、1960年代に比べて大幅に簡略化されており、一方で詩のリズムや語彙は凝ったものになっている。自身の創作を転換しようとする、当時の東の意気込みが感じられる。

 

サラリ サラサラ

 サラリ サラサラ

 竹やぶの

 竹から竹への

 軽業も

 サラリ サラサラ

 サラリ サラサラ

 葦原の

 葦から葦への

 抜き足も

 雀は誤摩化せても

 へびとりは誤摩化せない

 きょうも雀はへびにのまれる

 きょうもへびはへびとりに捕まる」(『へびとりのうた』)

 

 『へびとりのうた』は初版から17年後の1994年に復刊されていて(河出書房新社)、筆者が見たのはその新装版である。

 ちなみに『へびとりのうた』は、復刊からさらに17年後の2011年に曲が付けられた(作曲:木下牧子)。歌唱したバリトン歌手の明珍宏和氏はブログにて、「なんかとっても脱力系の絵ですよね(笑)」と評する。東の絵は、『へびとり』から1960年代の細密かつ悪夢的なイラスト群、青春の感傷を描いた作品に至るまで幅広く、「脱力」の一語で片付けられてしまうのには抵抗があるのだが…。

へびとりのうた

へびとりのうた

 

  『へびとりのうた』からさらに10年近い歳月を経て、1980年代に連作詩「猫の黒塀」が書かれた(『心のボタン』〈サンリオ〉収載)。偶然拾われた猫と、彼を見守る「私」。生き物と人間との関わりを描くという趣向は、奇しくも共通している。けれども語のセンスや心地よいリズム感、伝わってくるせつなさい情感など、「猫の黒塀」は『へびとりのうた』を上回る円熟を感じさせる。

 f:id:namerukarada:20140804031340j:plain

クロベイは猫の名前

 クロベイは生まれて間もなく

 死んでいたかもしれない

 母さんからではなく

 母さんの旦那から捨てられたから

 

 クロベイは拾われて助かった

 クロベイは命を掛けて可愛くないた

 確かにクロベイはあの時

 命を掛けてないていた

 拾われた

 酔っ払いを送った帰りの天使に

 クロベイにとって天使は命の恩人

 クロベイにとって酔っ払いも命の恩人

 

 クロベイはなぜクロベイ

 黒い塀の所で拾われたからクロベイ

 男猫クロベイ

 生きている育っている

 今 私の家で」(『心のボタン』)

f:id:namerukarada:20140804031359j:plain

 飼い猫のクロベイが母や兄妹のことを思いながら「今の幸せに身震い」している、といった描写もある「猫の黒塀」は、東君平が猫に仮託して自身を語っているようである。

 『心のボタン』や『はちみつレモン 君平青春譜』に収録された詩は全般に完成度が高く、詩人・東君平の高揚を告げる。すべて晩年に書かれたもので、詩作が最も充実していた時期に、東は亡くなってしまったのであった。

 

クロベイは男である

 短いしっぽをピンと立てて歩く

 股の間にぼんぼりが見える

 ぼんぼりとは

 ぼんぼりとは

 間違いなく男のしるしである

 クロベイのぼんぼりはまだ可愛く

 小さい

 小さいぼんぼりでも

 クロベイは堂々たる男である」(『心のボタン』)

 

【関連記事】やなせたかしと東君平・『くんぺい魔法ばなし』(1)

心のボタン

心のボタン