私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

中島貞夫監督 × 川地民夫 トークショー レポート・『懲役太郎 まむしの兄弟』(2)

【『まむし』シリーズの想い出 (2)】

川地「原作になってる本がそういうものでしたから。まあ、日活だって泥臭いですよ。日活でも『河内ぞろ どけち虫』(1964)っていう今東光原作の泥臭いのに出てるんですけどね。そのときも思ったのが、言葉が面白いなって。“まむし”でも関西だか何だか判らない言葉ですもんね」 

中島「正式な関西弁じゃなくて、“まむし弁”ですね。任侠の縦系列の男の世界を壊そうという意図がありました。でもどこまで喜劇タッチにしていいかが難しかった。このあたりで任侠映画が終わるんですね。転換期でした。

 (毎回)文ちゃんが刑務所から出てきて、川地ちゃんが迎えに行く」

川地「傷害とか恐喝とか、普通は入ったら、こんなにすぐ出てこないですよ(一同笑)」 

中島「メインタイトルは“懲役太郎”のはずだったんです。それがまむしシリーズで兄弟ものになっちゃった。ぼくはシリーズものがダメなんです。同じパターンがね。だから何作目でどうとか、細かいことはあまり覚えてない」 

 

 1作目の『懲役太郎 まむしの兄弟』(1971)で印象的に流れるのが、「満鉄小唄」である。

 

中島「日本が中国を侵略しているときの売春婦の唄なんです。母親の身分をはっきり描けないので、あれを使ったんです」 

川地「向こうの人の慰安婦ですね」 

 

 シリーズは1971年から1975年まで、9本がつくられた。

 

川地「アクションをやってても、4年も経つと年とってきて、1作目は4つの机をジャンプしてたのに、最後のほうになると机3つでした(一同笑)」。

中島「そういえば、川地さん、さっき(まむしが)20年前と錯覚してましたよね。もう35年以上経つんだから、さすがに10年もサバを読むのは(一同笑)」 

川地「年は取りたくないな~。でもいま見ても古くないですよ。自分で見ても面白いもの(拍手)」 

中島「衣装はどうしようかって話して、このダボシャツみたいなのになったんだけど、あまり現代的になるとそぐわないしね」 

川地「監督は無責任なんですよ。撮ったの3月くらいですから。寒いし、水かけられるし、ほんとに体力ないとね(一同笑)」

 

菅原文太氏の想い出】

中島「文ちゃんもこの当時は主役を張り出して間もなくですよ。彼はあまり器用な俳優さんじゃない。うまく合う相手役が東映にいないんです」 

川地「真面目にやられると困るね、ってところはありましたね。あの人はほんとに真面目なんです。こっちがばかみたいな台詞を言っても真面目に受ける(笑)。(母印を押してといわれて川地氏が「ボインか」と女性の胸に触ろうとする愉快なシーン)ボインのシーンでも、真面目に怒られるんです」 

中島「でもまむしのふたりは、方向性がおかしいだけで、当人たちは至って真面目という設定だから。ふたりのコンビが良くて、おかげで一作目は当たりました」 

川地「『まむし』も最初はさぐってる感覚でした。弟分だから、兄貴分の芝居を受ける役回りと思っていたんです。でもあの人は突っ込んできてくれない。だからこっちから突っつかないと。

 アクションでは、文ちゃんがゆっくり動いて、ぼくはこちょこちょ動いてました。戦うときは、ぼくには速く動く人をつけてくれましたね。みんなうまかったですよ。川谷拓三くんとか、志賀勝とか、ピラニア軍団のメンバーだね。志賀はいまは酔いどれ天使だけど(笑)、ときどき会います。 

 撮影のときはそうでもなかったんですが、終わって飲みに行って、文ちゃんと仲良くなった。あの人は酒癖が悪いし、あまり強くない(一同笑)。東映は総じて酒癖が悪いですね」 

中島「ぼくもあまりいいほうじゃない(笑)。文ちゃんはあのころ鬱屈してたんですよ。目が飢えてる目でした。仕事に飢えてるというか」 

川地「それは、川谷もですよ。いまは飢えようと思っても、飢えるものがないね」 

中島「川地ちゃんは、“まむし”の時点でもうそこそこの量の仕事をこなしてたからね。東映の連中はギラついて、これから何かやってやるんだって状態だった」 

川地「みんなギラギラとこっちを見てくるんで、ぼくはあえて平気な顔をしてました(笑)。こんな世界もあるんだって勉強させてもらいましたね」 (つづく)

懲役太郎 まむしの兄弟 [DVD]

懲役太郎 まむしの兄弟 [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ