私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

江守徹 トークショー レポート・『鼻』

f:id:namerukarada:20171003130543j:plain

 朗読やナレーションの仕事でも知られる俳優の江守徹が、10月に別役実作の舞台『鼻』に主演する。その江守氏がかつて朗読したり声優として参加したりした音源(新潮カセットブック)を聴きながら、トークをするという催しが神楽坂であった。日曜日だが、江守氏は終了後すぐに稽古場へ向かうとのことだった。聞き手は新潮社の森重良太氏が務める。

 新潮カセットブックをは1980年代に始まり、文庫本と同じ大きさで書店に置きやすく、人気が出たという。森重氏は当時カセットブックを担当していたらしい(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 

江守「「山月記」を最初に読んで(朗読)。中島敦を知らなくて、読んでいい作品だと思って読むようになりました。

 読むってことは動きを伴わない。声だけで心理を表現する。声を張ってるんじゃなくて、微妙な表現ができるから好きです。劇団の試験を受ける前に朗読が助けになるかと思って、研究所に入る前から個人的にやってまして。好きな仕事の分野ですね。

 言い間違えたら繰り返すことができる。言い直せばいいって気楽さもありますね。万が一間違えてもってことで、いつも本番のつもりでやってますけど。

 くちびるを開ける音が録られちゃう。ぼくは気にしないですね。むしろページをめくる音が入っちゃう。出さないようにするのに、気を遣います。おそるおそるやるってことはありますね」

 

 まず中島敦山月記」を、テキストを読みながら聴いた(1988年の録音)。

 

江守「(配布資料に当時の江守氏の写真があり)いまと変わってないですね(一同笑)。中島敦はやっぱり難しい。聴いたって判らない。字を見てるから判るけど。言葉を聴いただけでは判りにくいですね。中島敦が自分に合うとは思ってないです。

 自分で自分の言うこと(朗読)を聴くと、欠点ばかり目につくというか耳につきますね。

 読むには内容を把握しなきゃいけないので、そりゃ(事前に)読みますよ。何回もは読みません。1回読んでスムーズにいけば、判ってるなって思えば繰り返す必要はないですね」 

山月記[CD]

山月記[CD]

 

 つづいて志賀直哉「城の崎にて」(同じく1988年の録音)。

 

江守「難しかった記憶はありますね、固有名詞がね。地名とか。志賀直哉は朗読されることは意識してなかったんでしょうね。“後養生”なんて、何だいそりゃって気がしますね」

 

 ここまでは江守氏単独の朗読だったが、つづいてオーディオドラマ「ハムレット」。ハムレット役が江守氏で、久米明など大勢の役者が参加している。1993年にNHKサービスセンターで3日間かけて収録されたという。

 

江守「覚えてないな。ちょこっと久米さんのことは覚えてるかな。「ハムレット」は原文で読みましたけどね。“to be or not to be”は翻訳者で全部違う。おかしなことですよ。生か死か、このままでいいのかいけないのか。英語の勉強にはよくないですね(笑)。

 (聴いてみて)やだね。厭なもんですよ。演じやすいのは日本の芝居ですね。シェイクスピアなんてやるもんじゃないですよ」

 

 改めて別の場面を聴くが、江守氏は「だから日本でシェイクスピアをやっちゃいけない!」。

 最後は、やはりオーディオドラマの「アマデウス」。「アマデウス」は江守氏が戯曲を自ら翻訳し(『アマデウス』〈劇書房〉)、日本公演の準備をしていたが、松竹に権利をとられてしまったのだという。松竹版(1982)では松本幸四郎が主役のサリエリを演じ、江守氏にはモーツァルト役の依頼が来た。

 

江守サリエリは誰がやる?と思いましたね。モーツァルトもいい役で。そのときはちきしょうめと思いましたけど(一同笑)」

 

 1994年のオーディオドラマについては「いや、覚えてない」。

 江守氏の翻訳では、サリエリが神に対して用いる二人称を、あなたからお前に途中で変えている。

 

江守「原語では you の言い方を変えてますね。英語だと人称代名詞も I だけで、おれって言ったり私、それがしって言ったりね」

アマデウス (1982年)

アマデウス (1982年)

 

 主演舞台『鼻』は、別役実が「シラノ・ド・ベルジュラック」をモチーフに書いたもの。1994年に三津田健が主演した。江守氏は「シラノ」を久々にやりたかったが、今回は日本の戯曲というコンセプトなので『鼻』になったのだという。

 

江守「(「シラノ」は)何年か以内にいずれやると思いますけど、ぼくがやった中でいちばん好きなもののひとつです。『鼻』は演出家が選んできたんですけど、「シラノ」の台詞も出てきますからね。

 (別役実作品は)初めてです。『鼻』はそんなに判りにくいってことはないからね。自然に入っていきましたよ。いま立ち稽古の5日目くらいですかね。

 「シラノ」をやりたい気持ちはまだありますよね。だけど別役作品は初めてで、どう自分がやるかは興味があるね。面白いと言えば面白い、面白くないと言えば面白くない。あの人の作品を見るとだいたいそうじゃないですか(一同笑)。昔の三津田さんの『鼻』は見てないです。

 (劇中では)車椅子に座ってますから、ほとんどらくですね(一同笑)。みんな動かしてくれる。

 ぼく自身も2、3度「シラノ」をやってますから、その兼ね合いを見ていただきたいと思いますね」  

ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石