私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

高橋洋子 トークショー レポート・『北陸代理戦争』(2)

f:id:namerukarada:20140802135956j:plain

【『北陸代理戦争』の想い出 (2)】

 高橋洋子さんと深作欣二監督が組んだのはこの『北陸代理戦争』(1977)だけのようだが、やはり印象に残っているという。

 

高橋「深作さんには、ドーランが白いって言われた。遠藤太津朗さんに挨拶するシーンです。ちょっと白くしてしまって、すかさず“洋子、白くしたな”って言われました。たしかにもっと粗野に、荒削りにやればよかったといまは思いますね。

 私は左利きで、(他の作品では)よく直されたんですが、深作さんには何も言われませんでしたね。

 外の薪割り(のシーン)はロケでしたけど、セットが多かったですね。深作組はもっとピリピリしてるかと思ったら、ユーモアがあって、それでうまくチームワークをまとめてる」

高田「作さんは、旅館でいっしょにホンを書いてても、いいとも悪いとも言わない。殺してやろうかと思ったりしたけど、あるとき急に優しく“寒くないか”って。これで女性はやられる(一同笑)」

 

 高橋さんは、並行していた『悪魔の手毬唄』(1977)で滝を浴びたせいで、高熱を出してしまった。

 

高橋「(後半の)刺すシーンは吹き替えなんです。だから右手で刺してます。『悪魔の手毬唄』も同じ時期に撮ってて、倒れちゃったんですね。渡瀬恒彦さんもジープで事故になっちゃって、私も倒れて、本当に大変な映画でした。よく完成したな(笑)」

 

 撮影の終わりの段階で、渡瀬恒彦が負傷。急遽、伊吹吾郎が代役を演じた。

 興行的に不入りだったせいか、以後見直そうと思わなかったようである。

 

高橋「当時は当たらなかったけど、いま見ると意外と面白いですね」

高田「もし当たれば、私の人生は変わった。私は(過去の作品で)東映に500億稼がせたんです(一同笑)」 

 

f:id:namerukarada:20140802140550j:plain

【キャリアの回想】

高橋「80年代に寺山修司さんの(『さらば箱舟』〈1984〉)に出て、あとは、映画は『パイレーツによろしく』(1988)だけですね。70年代に、私の青春は凝縮されています。

 私は東京の生まれで、東急線の緑が丘に小学5年生までいて、それから池ケ谷です。でも役では、『北の家族』(1973)でも『北陸』でも、雪国関係が多かった(笑)。私は『旅の重さ』(1972)みたいな、(都会的でない)役が合ってるんですね。

 高校生のときはスポーツばかりやってて、バスケットシューズのまま電車に乗って笑われたことがありました」

 

 高橋さんは高校卒業後、文学座に入所する。

 

高橋文学座の試験では私だけ高校の制服で、みんなロングスカートとか個性的な格好。みんなそんな服で、常識問題(のペーパーテスト)を解いていました(笑)」

 

 『サンダカン八番娼館 望郷』(1974)では、若き日の“からゆきさん”の役で、その晩年の姿を田中絹代が演じている。

 

高橋田中絹代さんは、全身女優さんですね。『サンダカン』では私から先に(撮影に)入ったんです。田中さんは、鎌倉から出てこられて、ラッシュを見てた。普通、ラッシュはスタッフしか見ないのに。同じ人の役だから、私(の映像)を見て盗んでおこうと思われたんですね。

 『北陸』では、(周りの共演者から)いろいろ盗めばよかった。人生ってそういう思いの繰りかえしです」  

f:id:namerukarada:20150304191413j:plain

 『宵待草』(1974)、『アフリカの光』(1975)など、神代辰巳監督の作品にも登場している。

 

高橋「クマさんはねばるんです。キャメラはいつも姫田眞佐久さんだから慣れたもので。ずっとワンキャメで、動きが出来上がって役者さんのボルテージが上がるのを待つ。うまくいくときは1回でOKです。早く終わると、姫田さんの家で、みんなで麻雀でした(笑)。

 『宵待草』では、高岡健高岡健二)ちゃんとのラブシーンがあったんですが、クマさんが“菩薩になってね”とひとこと。クマさんは、女の人の心をひとことでつかむところがありましたね」

 

 文学座の同期では、故・松田優作がいた。後に映画『ひとごろし』(1976)にて共演した。

 

高橋「優作さんは、あのころは暴力的で“(共演の)○○を殴る”って言ってたんですが(一同笑)、(『ひとごろし』の)役は珍しく気弱(な設定)でしたね」

 

 『北陸』では男を刺して服役するけれども、他にもテレビ『傷だらけの天使』(1974)と『大都会 闘いの日々』(1976)にて殺人者を演じたことがあった。『傷天』『アフリカの光』では、萩原健一と共演している。

 

高橋「『傷だらけの天使』ではショーケンのストーカーみたいになって、ショーケンと仲のいい女の人を殺しちゃう。

 『大都会』は、倉本聰さんの脚本で、(犯人役だけど)殺すシーンはなかったと思います。北海道から出てきた演歌歌手で、これも北の地方出身の役ですね(笑)」

 

 高橋さんは、最近あまり表へ出てこないようだが、この夏に『旅の重さ』のリバイバル上映とトークイベントが行われるのが決まっているそうである。再評価に期待したい。

宵待草 [DVD]

宵待草 [DVD]