読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

大森一樹監督 × 岡田裕P トークショー レポート・『ユー・ガッタ・チャンス』(3)

f:id:darakarumena:20140425102954j:plain

【俳優陣の想い出 (2)

 その不良監督役で『ユー・ガッタ・チャンス』(1985)に出演した原田芳雄は、前作『すかんぴんウォーク』(1984)でも異なる役柄を演じている。同様に『すかんぴん』『ユー・ガッタ』に、それぞれ異なる(とおぼしき)役で山田辰夫が登場するが、原田・山田両氏ともすでに亡い。

 

岡田「吉川は、最近は役者としてよくなってるね。山田辰夫さんを偲ぶ会でも会ったけど、感じがいいですよ」

大森「山田さんと原田芳雄さんの葬儀で会ったけど、ふたりの影響は大きかっただろうね」

 

 ラストでは、唐突にグアムのヨットのシーンが入り、宍戸錠が登場する。

 

大森「あのラストのウィンドサーフィン(のシーン)は、何であるのかね(一同笑)。多分、何かのタイアップでしょう。この当時、海外ロケって言ったら大騒ぎですよ。

 宍戸さんと二泊三日でグアムへ行ったんだけど、宍戸さんは多分何の役か判らず行ってる(笑)。

 渡辺晋さんは宍戸錠さんが好きで、錠さんが出ると映画らしくなる、あいつに“ユー・ガッタ・チャンス”と言わせたい、と」

 

 宍戸錠は、三部作すべてに出演している。

 

岡田「宍戸さんは、『テイク・イット・イージー』(1986)がいちばん飛んでますね」

 

 主人公を追いかける変な衣装の三人組(佐藤蛾次郎阿藤快中本賢)は、大森監督によると「吉川がもうちょっと真面目にやれって言ってた(笑)」。

 

【その他の発言】

大森「(冒頭のシーンは)007で始まって、コンサートのシーンでは吉川が唄いながらふたり(原田、浅野ゆう子)を逃がす。あれはヒッチコックの『知りすぎていた男』(1956)。一度やってみたかったんですよ」

 

 前半で吉川と浅野にからんだ男たちが突然踊り始めるというすごいシーンがあるが、『ウエスト・サイド物語』(1961)だったらしい。

 

大森「『ウエスト・サイド』はすべってた(一同笑)。あれさえなければ(笑)。(事前に)ダンスをちゃんと練習して行ったのに、当日雨が降っちゃって。

 最後に手を挙げるのは、ライザ・ミネリの『キャバレー』(1972)。他に『冒険者たち』(1967)(のイメージ)も入れてあって、自分で愉しんでたね。

 この作品は、スタートの時点では『エデンの東』(1955)にしようって言ってたけど、出来上がると全然違う映画になってる」

岡田「自主映画出身の映画好きが、日活×東宝×渡辺プロの大舞台で好き放題やったわけだ(笑)」

大森「連日、見せ場ばかり撮ってました。神戸の追っかけ(のシーン)は、毎朝早起きして、交通のない時間に撮ってる」

 

 東京から神戸までロケして、見せ場も多く、予算はそれなりにかかったようである。

 

大森「金かけたわりに、もうからなかった。特に『ユー・ガッタ』は、併映の『クララ白書 少女TYPHOON』(1985)が足引っ張って、(客が)全然入らなかった。次(『テイク・イット・イージー』)はダメかと思ったけど、(併映の)『タッチ』(1986)で救われた(笑)。

 その次の『恋する女たち』(1986)では併映が『タッチ2』(1986)と聞いて、それでやりますやりますと。『タッチ』が付いたら入るやろ(笑)」

 

大森「監督として、この3本でいろいろ教わったね。(自身の出世作である)『ヒポクラテスたち』(1980)はまだ学生映画の延長ですよ」

岡田「ほんとに愉しんでつくりましたね。晋さんが亡くなってから渡辺プロも変わって、この三部作はあまり表に出てないから。そんなにテレビ放映もしてないし」

大森「30年経ってまた見てもらえて、映画やっててよかったって思いますね」

f:id:darakarumena:20140425103015j:plain

 館内は、やはり吉川晃司と同世代の女性ファンが多く、大森監督は最後にサイン攻めにあっていた。また『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998)などで知られる本広克行監督の姿もあり、1980年代に青春時代を過ごした世代の熱気が感じられた。

 それから時は流れ、円熟したいまの吉川晃司と大森監督との久々のコンビ作が見てみたい。 

ユー★ガッタ★チャンス [VHS]

ユー★ガッタ★チャンス [VHS]