私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

大河原孝夫 × 手塚昌明監督 トークショー レポート・『誘拐』(1)

f:id:darakarumena:20140425205858j:plain

 大企業の重役が誘拐され、犯人はその身代金3億円の受け渡しのテレビ中継を要求。謎めいた指示で警察とマスコミを翻弄する犯人に、叩き上げのベテラン刑事(渡哲也)とアメリカ帰りの若手刑事(永瀬正敏)が立ち向かう。

  1997年に公開されたミステリー大作『誘拐』(1997)は、メジャーな日本映画としては珍しく、ベストセラーの原作なしで制作された挑戦的な作品である。1995年に城戸賞を受賞したオリジナル脚本(森下直)に惹かれた富山省吾プロデューサー(東宝)が、映画化に向けて動いた。

 前半の見せ場である身代金の公開受け渡しのシーンでは、新宿・銀座などでゲリラ撮影が行われた。撮影には『剱岳 点の記』(2009)などで知られる木村大作以下、35名のカメラマンが参加。地上、ビルの屋上、ヘリコプターに複数のカメラが据えられた。エキストラは最大時で500人。これだけの規模の撮影が、一発勝負で行われた。

 あか抜けない画面設計やありきたりすぎる人物設定など、なんとなく野暮ったい雰囲気のある映画ではあるのだが、“洋高邦低”と言われた洋画天国の時代に、邦画でもやってやる、という作り手の気概を感じさせる作品である。

 公開から16年後の今年の2月、川崎市にてリバイバル上映が行われ、大河原孝夫監督と、助監督を務めた手塚昌明監督のトークショーが行われた。

 大河原孝夫監督は、1987年に『超少女REIKO』の脚本により城戸賞を受賞。1991年に、自ら監督を務めて『REIKO』を映画化し、監督デビュー。『ゴジラvsモスラ』(1992)、『ゴジラvsデストロイア』(1995)など90年代のゴジラシリーズを多数手がけた。『誘拐』は、作品歴の中で唯一特撮映画でない作品である。筆者は、大河原監督作品をすべて見ていることに、今回気づいた。 

 手塚昌明監督は、2000年に『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』にてデビュー。やはりゴジラ映画の監督として知られ、『ゴジラ×メカゴジラ』(2002)など2000年代前半のゴジラ映画を支えた。シリーズ終了後には『戦国自衛隊1549』(2005)などを撮っている。助監督時代は市川崑監督の作品に多数参加し、市川監督の遺作『犬神家の一族』(2006)でも監督補を務めた。筆者は、手塚監督の作品も気がつくとほとんど見ている。

 トークでは、『誘拐』の裏話と助監督時代の想い出話が語られた(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや、整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

f:id:darakarumena:20140518232226j:plain

【『誘拐』撮影の裏側 (1)】

大河原「富山プロデューサーから話がありました。松岡功(当時の東宝会長)さんが、これを映画にしたらいいと言い出したと。

 脚本の森下さんは(ミステリーを書きたかったわけではなく)、見る人の気持ちをつなぎとめたいがために、事件ものにした。

 津波さん(渡哲也)は、当初のシナリオではもっと庶民的なおっさんでした。そういうほうが面白いという、森下さんのイメージですね」

手塚「ボタンとか写真とか、(シナリオに)ちゃんと前ふりがある。やっぱり、よくできてますね」

大河原「(シナリオと完成した映画は)全体は変わってないです。ただ、途中で○○が湖に来る。それを映像にすると、何かあると判っちゃう(からカットした)。シナリオは文学性が強かったんだけど、映像では誰が犯人かというのはフックになるので、そういうところを落とした。

 (シナリオでは)貨物列車だったけど、これでは成立しないので、高速にした」

手塚「謎解きをどうするかって木村さんが吠えてて、あるとき“高速だ!”(笑)」

 

 新宿、銀座など舞台が移動するので、ロケ地探しは大変だったという。

 

大河原「人が入れない屋上のネオンとか。この(シーンの)次でここは(つながりが)おかしいと思われてはまずいので。木村さんは、何年分のロケハンと言ってた」

手塚「ロケハンでは、次々メモしなきゃならない。この作品では、自殺しようかと思った(笑)」(つづく) 

誘拐

誘拐