私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

大河原孝夫 × 手塚昌明監督 トークショー レポート・『誘拐』(2)

f:id:namerukarada:20180706182708j:plain

【『誘拐』の俳優陣】

 『誘拐』(1997)では、渡哲也は30キロ以上の身代金を担ぎ、永瀬正敏は自転車でそれを運ぶ。画面を見ていて、いかにも苦しそうである。

 

手塚「永瀬さんは自転車に乗って、筋肉痛で痙攣して倒れた」

大河原「(永瀬さんの)乱闘のシーンが、そのせいで(一旦)中止になりました。本人はやりますと言ってたけど」

手塚「その乱闘シーンも、許可なしで新宿で撮りました。あらかじめリハーサルしてたら、テキ屋の兄ちゃんが止めに来て、“違うんです、撮影なんです”って(笑)」

大河原「渡さんと初めて会ったとき、台本に10カ所くらい相談があった。細かいところです。あとは一切なし。永瀬さんのほうが、細かく訊いてくる」

 f:id:darakarumena:20140425205604j:plain

 永瀬正敏の少年時代を、伊藤淳史が演じている。

 

手塚「 “きみ、ちびノリダーだったの?”って言ってたけど、まさかこんなに有名になるとは」

 

 重要な役のひとりの酒井美紀だが、この人の大阪弁が少々不自然である。

 

大河原「方言指導が酒井さんに付いてたんだけど、熊井啓さんの作品(『愛する』〈1997〉)とクロスオーバー的なスケジュールになってて、きつかった。最初は全然ダメだったけど、二度目はよくなりました」

手塚「方言指導の人は10年20年のベテランの人がやるから、その間に地元の方言が変わっちゃいますね」

 

 受け渡しのシーンが派手な前半に比べて、謎解きメインの後半がウェットでいまひとつとの声が、公開当時からあったようである。

 

手塚「木村さんは、“後半にもうひとつ見せ場を”と。(物足りないという人は)前半を見て、後半もやってくれると思ったんじゃないか。いまここにいるお客さんは22、3歳のガキじゃないから、カーチェイスとか、そういうふうにならなくても(笑)」

大河原「興行的にもうちょっとよければ、こういうシナリオ本位の作品の流れが生まれたんだろうけど、ベストセラーの原作に頼ったりしてしまう。『誘拐』『絆』を最後に(東宝の自社制作は終わり)、あとは制作委員会方式ですね」 

誘拐

誘拐

 

【回想の助監督時代 大河原孝夫編】

大河原「学生時代に、日大に森田芳光ってのがいるよとか聞いてました。

 当時は、撮影所を合理化しようという流れだった。(新人は)なかなか撮影所に回してもらえなくて、後輩は撮影所希望と言って落ちた。ぼくと三好邦夫はシナリオやシノプシスを出してたんですが、藤本(藤本真澄)さんがそんなに言うなら行かしてやるよと」 

 

 そして、助監督として『日本沈没』(1973)に参加した。このときが『誘拐』でも組む木村大作カメラマンとの出逢いであったようである。

 

大河原「(助監督は)全部で8人でした。資料専門の人とか。そのときはカチンコなんて、打ち方も判らない(笑)

  2本目は、『野獣死すべし 復讐のメカニック』(1973)。(『日本沈没』につづいて)また藤岡(藤岡弘、)か(笑)。3本目は『ノストラダムスの大予言』(1974)。こんなのやるのかって(笑)」 

 

 木村大作の存在は、監督の言動にも大きく影響していたらしい。

 

大河原「降旗(降旗康男)監督なんかは(木村さんがいると)何も言わなかった。カメラがうるさいから、大人しい。カメラが木村さんでないときは、ガンガン言ってたらしい。監督とカメラさんにガンガン言われちゃかなわないから」

 

 黒澤明監督の時代劇『影武者』(1980)にも参加。

 

大河原「『影武者』は、黒澤映画を見て育った世代だからやりたいと希望した。出演者は黒澤さんが面接して、自分も全部つきあいました」

 

 この作品は、主演の勝新太郎と黒澤監督が撮影中に衝突。代役に仲代達矢が起用されるという経緯があった。

 

大河原「勝さんが(自分の演技を)マネージャーに撮影させたいと言ったら(黒澤さんは)監督はおれだと。(スクリプターの)野上照代さんが慌てて間に入って、“きょうは帰ってもらいましょう”と。黒澤さんは、勝さんがビデオを見てこうしたらいいとか思うのがまずい、演技の指導はおれがやる、と。

 それで代役は誰にするかで野上さんが動いた。切り替えは速かったです」 (つづく)

影武者 [Blu-ray]

影武者 [Blu-ray]