私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

掛札昌裕 × 佐伯俊道 トークショー レポート・『怪猫トルコ風呂』(3)

f:id:namerukarada:20180330065522j:plain

【初期作品の想い出(2)】

佐伯「『徳川いれずみ師 責め地獄』(1969)は大傑作です。(冒頭に)片山由美子貞操帯をはめて墓参りするシーンがあります。何で貞操帯をしてるのか(笑)」

掛札「そのシーンは(台本では)始まって30分くらいのところにあったはずが、トップに持ってきちゃった。だからボルテージ上がってます。そういう入れ替えは、従来の東映じゃありえないですね」

佐伯「当時のそういうのは18禁じゃなかったですね。東映本社に入れて“台本がほしいんですけど、どこ行ったらいいですか”って訊いたら企画部行けって守衛に言われて。企画部で“余ってるのあげるよ。『昭和残侠伝』(1965)?”。 『徳川いれずみ師 責め地獄』とかがほしいって言ったら、そんな奴初めて見たと(一同笑)。喜んでくれましたけどね。商業映画の台本読んだのは掛札さんのが最初です。

 『明治大正昭和 猟奇女犯罪史』(1969)、これもオムニバスですね。日本閣事件も扱ってますけど、『怪猫トルコ風呂』はこれが下敷きになってる気がします。小林カウという日本初の女性死刑囚。それを綺麗に描いたのが吉永小百合の『天国の駅』(1984)。ほんとは血まみれで。あの旅館乗っ取りがトルコ乗っ取りになり」

掛札「ああ、あると思いますね」

佐伯「1969年は5本も異常性愛映画をやられてますね」

掛札「京都の旅館にいっぱなしでしたよ。1本終わると次が入ってて、東京に帰れない。(ギャラを)使う時間もなかった」

徳川いれずみ師 責め地獄 [DVD]

徳川いれずみ師 責め地獄 [DVD]

 

 掛札脚本 × 石井監督の『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(1969)は、特にカルト的な人気を誇る。

 

掛札「『恐怖奇形人間』の(発想は)石井さんですね。『猟奇女犯罪史』がヒットして続編つくれってことになって、目玉がいる。当時大映で蛇女優やってた人が実際に車の中で愛人殺しちゃって、刑務所に入って、その人が出てくるところから始めようと、実写で(一同笑)。プロデューサーが交渉に行ったら断られて」

佐伯「刑務所まで交渉に行ったわけですか」

掛札「そう。他のをやることになって、ぼくは横溝正史がいいと言ったけど、角川がやる前。そしたら講談社から乱歩の全集が出て、石井さんも乱歩やりたいと思ってたんで、江戸川乱歩全集ってサブタイトルつけることに。

 石井組は、本読みはなかったです。ラインが決まっちゃってて。普通の作品は社長の前で本読みして、反応が判る。つまんないと貧乏揺すりして、読み終わったら中止だと。殿山(殿山泰司)さんの『日本女地図』(角川文庫)はそれでした。社長の前で読むのは面倒くさい。いまじゃもうないですね(笑)」

佐伯「『奇形人間』も「おかあさーん」って言って(『怪猫トルコ風呂』〈1975〉と同様に)昇天して終わり。」

掛札「そういうラストじゃないと終わらない」 

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [DVD]

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [DVD]

 

【その他の発言】

 掛札氏は東映作品だけでなく日活ロマンポルノも手がけている。

 

佐伯「ロマンポルノで初めて書かれたのは『奴隷契約書』(1982)ですか。あれにはびっくりしました。シロネコムサシの宅配便が女の奴隷を届けに来る。すごい発想でした」

掛札「面白かったですね(笑)。その前後に怪談物を東映に1本頼まれて“怨霊仏壇返し”っていうタイトル(一同笑)。ヒモがトルコ嬢殺して仏壇にくくりつけて水の中に投げ捨てる。「四谷怪談」みたいに仏壇が…。ホンはできたけど流れちゃった」

佐伯「『怪猫トルコ風呂』がもう少し当たってればできたのに」 

奴隷契約書[ビデオ]

奴隷契約書[ビデオ]

 

 佐伯氏と掛札氏は共同脚本をつくったこともあるという。

 

佐伯「あれも流れましたね。“㊙大奥猟奇物語”という、荻窪の旅館に掛札先輩が鎮座されて、夜にぼくがお邪魔する。昼間は『野菊の墓』(1981)の助監督、清純な松田聖子ちゃんの。夜は大奥(笑)。あれは社長がダメだと」

掛札「そもそも無理な企画でした。東京で大奥はちょっとできない」

佐伯「東京で時代劇やって、石井輝男さんを呼び戻そうということでした」

 

 最後に故・笠原和夫の「秘伝 シナリオ骨法10箇条」が読み上げられた。

 

掛札「テーマ至上主義は困るんですよね。テーマテーマって言う人がいるけど、面白みがなくなっちゃう。逆に言うと、テーマを出すことほど簡単なことはないですね」

 

 終了後は掛札先生に、『怪猫トルコ風呂』の脚本が載った「シナリオ」2018年3月号にサインしていただいた。 

 

【関連記事】

リリー・フランキー × 塚本晋也 トークショー(甦る映画魂 The Legend of 石井輝男)レポート・『盲獣vs一寸法師』(1)