読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

中野昭慶特技監督 トークショー レポート・『ゴジラ』(1)

f:id:namerukarada:20141223224924j:plain

 今年、アメリカ映画『GODZILLA ゴジラ』(2014)が公開され、日本でもゴジラシリーズの再開が決まった。ゴジラ映画は第1作『ゴジラ』(1954)以来、断続的にシリーズが製作されており、何度か空白の期間があった。『メカゴジラの逆襲』(1975)から仕切り直しの『ゴジラ』(1984)までにも9年の歳月が流れているが、その1984年の『ゴジラ』から、今年はちょうど30年である。

 この“84ゴジラ”は、大人向けの観客を想定しリアル路線を打ち出した意欲作で、登場する巨大怪獣はゴジラのみで、対戦は行われない。1954年の第1作に直結する続編であり、1作目を除くシリーズはリセットされている。特別スタッフに工学者の大崎順彦東京大学名誉教授やジャーナリストの田原総一朗を迎え、科学的な考証や、政府や諸外国、マスコミの対応のシミュレーションを綿密に行い、4.8メートルのサイボット・ゴジラをぬいぐるみとは別に製作するなど、話題をまいた。

 監督は、その年に『さよならジュピター』(1984)にてデビューした橋本幸治。特技監督は、『ゴジラヘドラ』(1971)や『ゴジラ対メカゴジラ』(1974)など70年代のゴジラ映画や『日本沈没』(1973)の特撮を指揮した中野昭慶である。

 12月、川崎市にて“84ゴジラ”について語る中野昭慶特技監督のトークショーが行われた。中野特技監督とは『ゴジラ対メカゴジラ』や『首都消失』(1987)にて組んだ脚本家・山浦弘靖氏も来場されていた(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

【1960〜70年代のゴジラ

 中野特技監督は、『キングコング対ゴジラ』(1962)など60年代のゴジラ映画では助監督を務めた。そして70年代に特技監督(特殊技術)としてシリーズの特撮を仕切っている。

 

中野「(プロデューサーの)田中友幸さんは、ゴジラシリーズをつづけたいという執念があった。(2作目の)『ゴジラの逆襲』(1955)の後で、友幸さんはつづけたいけど東宝はつめたい。東宝30周年のときに、友幸さんは必死にゴジラをやりたいと。(3作目の)『キングコング対ゴジラ』では、友幸さんは1作目2作目の流れを狙ってたんだけど、関沢新一さんが(シナリオを)書いて、初めてゴジラをコミカル(路線)に持っていった。会社はこれでいいって言ったんだけど、友幸さんはあまりいい気がしなかった。

 (70年代の)東宝チャンピオン祭りの当初は、ゴジラのゴの字もない。でも友幸さんはゴジラをそこに入れたい。会社は低予算でできるならやってもいいよ、と。友幸さんに安くつくってくれって相談されて、ぼくはやめろって言ったの。でも…と粘られて。

 円谷英二さんも亡くなられて、そのころ東宝も合理化を始めて、特殊技術課もいらないって話が出てきた。人間国宝って言ってもいいくらいの腕を持った技術者もいるのに。雨降らせたらすごい人とかね。成瀬巳喜男さんの注文は、“きょうは淋しい雨”とかね。それを見事にこなす。ホースでやる名人芸、親指の感覚で雨のパースペクティブを表現する。カメラには水をかけないで、俳優さんには少しかかる程度にする。浄瑠璃人間国宝なら、映画人もそうじゃないか」

中野ゴジラを徹底して合理化したから、監督はひとり。坂野義光さんが万博の三菱未来館の仕事をしていて、そのプロデューサーが友幸さんで、『ゴジラヘドラ』(1971)がつくられた。日本じゃ評判悪くて、ゴジラが飛ぶんで、お前がゴジラをダメにしたとか言われたよ(笑)。でもどういうわけか、アメリカのバイヤーが買って向こうで当たっちゃったんだ。じゃあつづけるかってチャンピオン祭りがつづいた。当たったならもっとお金出せよって言ったら、“お金だけは…”と(笑)」

中野ゴジラ対メカゴジラ』(1974)では、ゴジラ誕生20周年だったけど予算は同じ。20周年記念だとか肩書き増やすなら金くれよって言っても…(一同笑)。

 『メカゴジラの逆襲』(1975)では、最初から終わると決まってた。前作の『メカゴジラ』で入ったから、ここで終わるのがいいだろうと。脚本は関沢さんでって言ってたんだけど、関沢さんにまだやるのかって言われて。それで思い切って、脚本は新人でいこう。所健二ちゃんという製作担当の人に訊いたら、シナリオ・センターの受講生にゴジラが好きな面白い人がいるよって。それが高山由紀子さんで、彼女の子どもがゴジラ好きだった。ネタ不足っていうのもあって、友幸さんとしては原点に戻したい。それでサイエンスフィクションの味を強くして、できたのが『逆襲』だね。

 ゴジラのラストシーンは引きがいい。ヒーローには哀愁がほしい。ゴジラは後ろ姿を撮ると、淋しさが出るね」

【『ゴジラ』(1) 】

中野「『メカゴジラの逆襲』から9年、そんなに空いたんだ。よく9年も、ああでもないこうでもないってやったね。

 友幸さんは、原点の一点張り。あの人のうちには電話交換機があって、名前を入れたらかかるようになっていて、夜中でもかかってくる。8、9年間、ぼけっとしてたわけじゃない。毎日電話がかかってきた(一同笑)」(つづく)

 

【関連記事】

高山由紀子 × 山下賢章 トークショー レポート・『メカゴジラの逆襲』(1) 

中野昭慶 × 島倉二千六(島倉仁)× 三池敏夫 トークショー レポート・『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1) 

特技監督 中野昭慶 (ワイズ出版映画文庫)

特技監督 中野昭慶 (ワイズ出版映画文庫)

 

にほんブログ村 映画ブログへ