私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

あなたの愛の陽だまりに・『お玉・幸造夫婦です』

f:id:namerukarada:20190817112523j:plain

 元力士で妻を亡くし、いまはちゃんこ鍋の店を経営する主人公(浜田幸一)。七夕の日に彼は、思いを寄せていた指圧師の女性(八千草薫)に結婚を申し込む。主人公の娘たち(秋本奈緒美、近内仁子、小林恵)は再婚に猛反対。指圧師は愛想良く笑顔を浮かべながらも癖のある人物で、さらにはお調子者でうさんくさい息子(本木雅弘)まで現れた。

続きを読む

金子修介 × 金子二郎 トークショー レポート・『青いソラ白い雲』『ウルトラマンマックス』「青春 SEISYuN」『Living in Japan』(2)

f:id:namerukarada:20190731020616j:plain

【『青いソラ白い雲』(2)】

修介「(『青いソラ白い雲』〈2012〉)明るい気持ちになるかと思って(編集して)つなげてみたら、空を見上げたら放射能だらけ(笑)。これで明るい気持ちになるのかな。

続きを読む

金子修介 × 金子二郎 トークショー レポート・『青いソラ白い雲』『ウルトラマンマックス』「青春 SEISYuN」『Living in Japan』(1)

f:id:namerukarada:20190731020135j:plain

 アメリカに住んでいたお嬢さま育ちの主人公(森星)が帰国すると、父(渡辺裕之)は逮捕され、東日本大震災が発生。彼氏(近江陽一郎)から被災犬・ソラを託された主人公の奇妙な冒険が始まる。

続きを読む

荒井晴彦 × 吉田伊知郎(モルモット吉田)トークショー レポート・『笠原和夫傑作選』『昭和の劇 映画脚本家・笠原和夫』(4)

f:id:namerukarada:20190729035625j:plain

笠原和夫の人間像】

続きを読む

荒井晴彦 × 吉田伊知郎(モルモット吉田)トークショー レポート・『笠原和夫傑作選』『昭和の劇 映画脚本家・笠原和夫』(3)

【仕事の方法論】

荒井「(笠原脚本を)やっぱり読むと自信なくなるよね(一同笑)。とても書けないなあと。全部が傑作ということじゃないと思うけどね。プロっていうのは妥協点をどっかでさがすんだなということが見えるホンもあるし、ほんとに書きたいことはこうじゃないんだろうなという場合も」

吉田「笠原さんの調べていく力は本当にすごいですね」

 

 『昭和の劇』(太田出版)では、シナリオを変えられた不満が述べられている。

 

荒井「『仁義なき戦い』(1973)では、シナリオ通りにするから撮らしてくれと深作さんが電話したと」

続きを読む