私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

山田太一脚本『シャツの店』最終話をめぐる議論

f:id:namerukarada:20191112230044j:plain

 八千草薫の追悼として『シャツの店』(1986)の最終話が再放送された(「あの日 あのとき あの番組」)。仕事ひと筋で時代遅れのシャツ職人が妻や息子の反乱に遭ってとまどうさまを笑いとペーソスを交えて描いた傑作で、今回の再放送ではネット上などで改めて反響を呼んでいる。

続きを読む

井上ひさしと財津一郎・『薮原検校』『小林一茶』(1)

f:id:namerukarada:20191103020412j:plain
 戯曲に小説、評論、映画・テレビ脚本など多彩な仕事を遺した、故・井上ひさし。この偉大な作家は喜劇的な趣向やヒューマニズムあふれる作風、啓蒙精神に満ちた言動などから穏健な印象を感じさせるが、その生涯はトラブルで彩られていた。

続きを読む