私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

藤子不二雄A原作ドラマ『愛ぬすびと』のシナリオ(脚本:佐々木守)を読む (2)

f:id:namerukarada:20170815193050j:plain

【第1週/第2話】

続きを読む

藤子不二雄A原作ドラマ『愛ぬすびと』のシナリオ(脚本:佐々木守)を読む (1)

f:id:namerukarada:20170815192103j:plain

 妻の入院費を稼ぐために結婚詐欺を繰りかえす青年・愛誠を描いた、藤子不二雄A『愛ぬすびと』(復刊ドットコム)。藤子Aの長いキャリアの中でも上位に位置するであろう傑作で、筋の面白さに加えて凝ったコマ割りやペンタッチも魅惑的で脂が乗りきっており、ファンの間でも特に評価が高い。この作品は1973年に「女性セブン」に連載され、翌74年にテレビ化されている。マンガの実写化もいまに比べれば少なかった時代に放送され、その後見る機会もないこのテレビ版について触れてみたい。

続きを読む

なべおさみ × 満田かずほ監督 トークショー レポート・『独身のスキャット』(3)

f:id:namerukarada:20170807190701j:plain

【俳優について】

なべ「あらゆる役者は(出演作に)思い入れってありません。優れている役者ほどない。役者は自分が注ぎ込んだ情熱を忘れるって性(さが)がないと、次のものに取り組めない。

続きを読む

なべおさみ × 満田かずほ監督 トークショー レポート・『独身のスキャット』(2)

f:id:namerukarada:20170807190539j:plain

【キャリアの回想】

なべ三木鶏郎の事務所でものを書けって言われて、書いたら売れちゃった。電通の部長さんが仕事つけてくれちゃって、それで間違った方向に行って。昭和33年からやってたけど、35年から水原弘の付き人やって。2年8か月やって、その後はハナ肇のところに1年。希望は喜劇役者でした」

続きを読む

なべおさみ × 満田かずほ監督 トークショー レポート・『独身のスキャット』(1)

f:id:namerukarada:20170807185900j:plain

 ウルトラマンをヒットさせていた円谷プロダクションが大人向けドラマに初進出したのが、『独身のスキャット』(1970)。瀟洒な室内で物語が展開し、いま見直すと昭和のイケてる男女が次々登場するのが面白い。

 平凡なサラリーマン(なべおさみ)が、自身のマンションを毎夜貸し出すことを思いついた。彼の部屋には、夜ごとさまざまな人物が訪れる。

続きを読む