私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

深町幸男演出 × 山田太一脚本『シャツの店』聖地巡礼(ロケ地探訪)- 目黒

 鶴田浩二の遺作である傑作ドラマ『シャツの店』(1986)。セット撮影の多い作品だが、ロケもあった。1985年の秋に撮られているようで、34年後のロケ地訪問となる。

 

【目黒のアパート】

第2話

f:id:namerukarada:20191201143749j:plain

f:id:namerukarada:20191201215244j:plain

 平田満が、地図を見ながらアパートを訪れる。

 

第4話

f:id:namerukarada:20191201144336j:plain

f:id:namerukarada:20191201144741j:plain

 4話では鶴田浩二杉浦直樹がやって来る。

 

最終話

f:id:namerukarada:20191201144942j:plain

f:id:namerukarada:20191201145354j:plain

 

f:id:namerukarada:20191201150503j:plain

f:id:namerukarada:20191201150533j:plain

f:id:namerukarada:20191201151014j:plain

 最終話で中へ入っていく鶴田。

 

第2話

f:id:namerukarada:20191201145520j:plain

f:id:namerukarada:20191201150034j:plain

 

第3話

f:id:namerukarada:20191201151846j:plain

f:id:namerukarada:20191201151907j:plain

 アパート側から見た風景。

 リフォームされているとはいえ、昔とそれほど変わらない光景で嬉しい。このアパートは、深町演出で山田脚本の『夢を見たくて』(1988)にも使われている。

 

【アパート前の坂道】

第1話

f:id:namerukarada:20191201153054j:plain

f:id:namerukarada:20191201153759j:plain

 

第3話

f:id:namerukarada:20191201153531j:plain

f:id:namerukarada:20191201153924j:plain

 後方の住宅など変わっていない。

 

f:id:namerukarada:20191201154053j:plain

f:id:namerukarada:20191201154602j:plain

 平田満と井川比佐志が話していると、八千草薫が通りかかる。

 

f:id:namerukarada:20191201154927j:plain

f:id:namerukarada:20191201155028j:plain

 「あら、昭夫ちゃん(平田)」

 

【付近の道】

第4話

f:id:namerukarada:20191201160312j:plain

f:id:namerukarada:20191201160437j:plain

 去っていく鶴田浩二

 

目黒不動尊

第2話

f:id:namerukarada:20191201160616j:plain

f:id:namerukarada:20191201161117j:plain

 

f:id:namerukarada:20191201160656j:plain

f:id:namerukarada:20191201161326j:plain

 目黒不動尊も劇中に出てきた。

 

【関連記事】山田太一脚本『シャツの店』最終話をめぐる議論