私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

原爆ムービー今昔談・80年代以降を振り返る (2)

f:id:namerukarada:20180915232055j:plain

 80年代に過剰なまでに供給された反動か、90年代に入ると原爆を描いた作品は激減。冷戦が一応終結して、核戦争の危機が去ったように思われたのもあっただろう。

 

 この“停滞”の時代に井上ひさしは戯曲『父と暮せば』(1994)にて、投下から3年後の広島を描いている。まえがき(新潮文庫)にて井上は原爆の凄惨さを力説するが、肝腎の戯曲は投下から数年を経て生き延びた主人公が亡き父と出会うというもので、舞台演劇という形式を割り引いても抑制された内容だった。敗戦から40余年を経て原爆への恐怖が希釈されてきたのか制約ゆえなのか、切り口に凝る傾向が強まってきている。 

父と暮せば

父と暮せば

  2000年代に入って発表された作品群は、また様相が変わった。吉田喜重監督・脚本によるオリジナル『鏡の女たち』(2003)、井上の戯曲を黒木和雄監督が映画化した『父と暮せば』(2004)や『はだしのゲン』の実写ドラマ版(2007)などで、 クレームを恐れて映画やテレビから残虐描写が排除されるようにもなっており、それゆえか『はだしのゲン』は堅実にマイルドにまとまっていた。映画2本は巨匠の円熟した手腕が堪能できるが、あくまでローバジェットの枠組み。原爆のむごたらしさをメジャー映画で描いて成立した80年代とは、隔世の感がある。監督の吉田はインタビューで述べる。

 

原爆をテーマにした映画はコマーシャル・ベースでは難しいので、製作費を作ることが困難。それが出来ても上映はどうするか、興行的な問題もある」(「キネマ旬報」2003年4月下旬号)

 

 『鏡の女たち』に関して、石堂淑朗荒井晴彦、絓秀実はこう評する。

 

荒井 女の飢餓感みたいなものを描いてるわりには、台詞が青いなって思いましたね。でも、なんで原爆の問題を持ってきたのか、今頃。

絓 外国に持っていくなら日本には原爆しかないということでしょう。

石堂 吉田は自分を天才だと思ってるとこがあるから、『二十四時間の情事』(59)のアラン・レネじゃなく、この映画、俺のほうがいいんだと。

絓 大衆的ではない、大衆は知らんという映画ですよね。まあ、その意味では潔い。」(「映画芸術」No.402)

 

 この鼎談からは、時代の変容がさまざまに読み取れる。

 ひとつは、先述の通り21世紀になって「大衆は知らんという」マイナーな枠組みでないと原爆を扱いにくくなっている点。最晩年の新藤兼人は、この2本と同時期に巨費を投じて被害を描く大作映画「ヒロシマ」を構想していたが、当然?実現することはなかった。

 いまひとつは、荒井が「なんで原爆の問題を持ってきたのか、今頃」と述べるように、原爆を扱うことがいささか時代遅れだと見なされるようになっていることである。幽霊との対話形式の『父と暮せば』も、吉田監督が「男たちが起こした戦争によってもたらされた悲劇に耐えて、子を産む女性の生命力を描こうとした」(「キネマ旬報」2003年4月下旬号)と注釈するように女性映画の装いの『鏡の女たち』も言わばひねった趣向を採っており、80年代初期のように直線的に描いてはいない。どうも2000年代は、かつてのように戦争への怒りを叩きつけると型通りで曲がないという風潮が生まれたように思われる。

 2000年を過ぎて往年の原爆映画を見直すと、その激情に満ちた描きように、個人的には新鮮なものを感じるようになってきた。 

あの頃映画 松竹DVDコレクション 鏡の女たち

あの頃映画 松竹DVDコレクション 鏡の女たち

 2010年代に入るとオバマ前大統領の広島訪問や北朝鮮のミサイル問題など、久々に核の恐怖が意識に昇るようになったせいか揺り戻しがあり、原爆を描く作品が増えた。2016年には、戦中戦後の広島・呉を舞台にしたアニメ映画『この世界の片隅に』が好評を博している。テレビでは2018年に、『この世界の』と同じこうの史代の原作の実写ドラマ版『夕凪の街 桜の国2018』が放送された。ともに原爆を扱った作品で、特に後者は役者の力演とイラストとにより象徴的に禍害を表現する工夫が凝らされている。

 また原爆映画が、新しい境地を獲得する日は来るのだろうか。 

この世界の片隅に

この世界の片隅に