私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

ジェームス三木 × 井土紀州 トークショー レポート・『さらば夏の光よ』(3)

f:id:namerukarada:20180527204227j:plain

【恋愛について】

三木「いまさかんに言われるセクハラ問題(一同笑)。セクハラはいけないって一括して世界中で言ってますが、ぼくはちょっとなと思っていて。

 口説くとき、それセクハラですよって言われたら終わりでしょ。この映画(『さらば夏の光よ』〈1976〉)も犯罪犯罪って感じで、不良少年の純愛も不自然な感じだし、それが一括で悪いっていう世の中になってる気がする。

 結婚制度はまだ1000年くらいですからね。いまみたいにセクハラって言うと、若い人が結婚しなくなる。若い男の子が女性みたいになってきたのは、ひとつはセクハラ問題で、もうひとつは立ち小便ができなくなったから(一同笑)。昔はそこらじゅうでして、いまは女性と同じように便器にすわっていて、男らしさが欠けてきてる。あと24時間煌々と明るい。昔は盆踊りでもカップルになると真っ暗なところに消えてく。だんだん人類は絶滅するんじゃないか。若い人たちがんばってという意味を込めて、この『さらば夏の光よ』を(一同笑)。

 昔の映画で『哀愁』(1940)、男が戦争に行って戦死したので彼女がパンパンガール、売春婦になったら男が生きて帰ってきて、女性が自殺する。そういうのもありましたね。恋愛や結婚にはあらゆる人が関心あるでしょうから、いろんな映画があっていい」 

哀愁(字幕版)

哀愁(字幕版)

 

【ものを考えること】

三木「ものを考えるとき、自分の頭で考えるのを課してるんですね。本を読んでも鵜呑みにしないで。通説・常識におかしいことはある。それをつきとめていく。東京ドーム100個分の広さっていうでしょ。その広さって判りますか。でも判ったような気がする。それで間違いが起きる。B4でコピーしてって言われて、地下4階まで降りるとか(一同笑)。

 歴史上の人物で、正確に書かれているかは難しい。資料に限度があって、勝ったほうのトップの見方で歴史はつくられる。弱者のものは残らない。明智光秀は悪になってしまうし、自分の頭で考えるというのが…。

 日本がアメリカと戦争したとき、朝鮮の人は日本人だった。北朝鮮も韓国も日本の領土で、神社が建てられた。私は満州で生まれたんですけど、戦争に負けて天皇陛下が人間ですって言われたとき、ひっくり返るほどびっくりしました。世の中には信用できないことが多い。

 人間の本能は闘争本能と生殖本能。闘争本能によって文明が進んで核兵器もできてるけど、恋愛して子孫を残す生殖本能は変わってない。人類のセックスの仕方は変わらないでしょ。

 文明より文化・芸術のほうが、値打ちがあると思う。ナポレオンという英雄がいてヨーロッパ全土を征服してフランスの皇帝になったけど、あの人にはぼくたちは何のお世話にもなってない。同じころに生まれたモーツァルト、その音楽がいま流れない日はないですよ。文化を大事にすべきであって、文明には気をつけたほうがいいといま思っています。

 昔、原始人は縄張り争いをした。集団で生活すると安全で繁殖にもいいから、村ができて都市になった。進化するのはいいけど、結局は暴力団と同じじゃないか。暴力団はこのへん守ってやるよとみかじめ料を取る。政治もこの国の安全を守ると言って、税金を取る。政治は暴力団じゃないか(一同笑)。世界中に暴力団がある。世界がひとつの国家になって、国籍がなくなればいい。芸術は国籍を超えますからね。国家や国籍はつまらんのじゃないかという作品が、生きてる間にできるといいと思います」

 

【その他の発言】

三木「(現場で)監督が言うのと違うことを言うと、監督の顔がつぶれますからね。

 勝新太郎は(シナリオを)全部変えちゃう。またうまいんですよ。(『独眼竜政宗』〈1987〉での)勝新太郎渡辺謙が会うシーンで、勝新太郎はいきなり違う台詞を言う。そういう人もいるんですね。勝新は将棋仲間で喧嘩することはなかったです。喧嘩しても敵いませんからね(一同笑)。仲間連れて宴会やるのが大好きで、ハワイでボーイさんに“ここは〇〇” “ここは××”って注文したら全員ココアが来ちゃったとか(一同笑)。

 会話って映画や舞台の台詞みたいにトントンといかない。劣等感も自尊心もあるし。“この赤ちゃんかわいいわね”って言うと大概嘘だと(一同笑)。普段の会話は面白いですね。脚本をお書きになる方は気をつけて。簡単には通じない、誤解もあったりして、それが面白いですね」

井土「最後に、脚本を目指す人間にひとこと何か」

三木「成功しないように!(一同笑)」

 

 会場には金子修介監督や脚本家の伴一彦氏の姿もあった。 

片道の人生

片道の人生

 

にほんブログ村 映画ブログへ