私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

大海赫ワンダーランド 紙芝居&動画上映会 レポート

f:id:namerukarada:20171210162356j:plain

 『ビビを見た!』(ブッキング)などで名高い童話作家大海赫の個展“大海赫ワンダーランド”が板橋のカフェ百日紅にて開催中。大海先生がご自身で紙芝居を披露し、動画も上映されるイベントもあった。

 トークもあり、主催のまりスティーヌ。氏が聞き手を務めている(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 

 大海先生は「最近脳みそが蒸発しちゃって。何を始めるの?」と登場。「きょう、ぼくが初めてお会いする方いるの?」と言われ、手を上げた人と握手して「仕事何やってるの?」。

 動画は、未発表の「びっくりしたびっくりさん」。紙芝居は、『大きくなったら、なにになる?』(復刊ドットコム)と『メキメキえんぴつ』(同)所収の「あなたのエラさはなんポッチ」。先生自ら演じた。

f:id:namerukarada:20171210162305j:plain

 f:id:namerukarada:20171210162235j:plain 

メキメキえんぴつ (fukkan.com)

メキメキえんぴつ (fukkan.com)

 
大きくなったら、なにになる?

大きくなったら、なにになる?

 

【創作について】

大海「こんなのばっかり考えているんですよ。頭いかれてると思いませんか。

 (意外な展開は)そういうところが絵本のコツ。読者が思っている方向に行くとダメなんですよ。売れない。意外性がないと。(アイディアのもとは)何もないです(一同笑)。無心の状態から生まれてくるものが素晴らしいんですよ。自分で素晴らしいって(笑)。

 『大きくなったら何になる』は残酷な童話ですね。ほんわかしたのなんて書きたくないんですよ。結構みなさんほんわかしたのが好きだからね。

 「あなたのエラさはなんポッチ」はぼくがいちばん気に入ってる。ろくろっ首が好きだからね。

 ぼくは死んだら天国の遊園地のプロデューサーになりたいんだけど、それを復刊ドットコムの左田野(左田野渉)さんに言ったら“地獄のほうがいいんじゃないですか”って(笑)」

f:id:namerukarada:20171210162318j:plain

 茨城の防波堤にたくさんの市民が絵を描くという“1000人画廊”に大海先生も参加された。8月の酷暑のさなか、早朝に行って描いたという。

 

大海「神栖っていう、茨城のいちばん南の都市があるんですよ。海に面してて、その防波堤にぼく描いたんですよ。2〜4メートルのおっきな絵。年内は何か市の事情で入れないけど、新年になってから入れますから、よかったら見てください。

 夜明けのプランクトンっていう題です。みなさん、プランクトンは見たことないでしょ。見たことあるわけない。鯨のいちばん好きな食糧ですよ。いろんな魚がプランクトン食べて生きてる。ぼくは図鑑で見ました。まあ不思議なものでね、それを防波堤にでっかく描いた。命を救っていただいたプランクトンを無視しちゃ申しわけない。でっかく描いたのでそれを見ていただきたい!」

 

 会場には大海先生によるチャールズ・チャップリンのリアルなイラスト(かるたの1枚)も展示された。

 

大海「町内の上映とかで“きょうチャップリンやってるからこないか”って言われて、そういうところでチャップリンを見たんですね」

 

 本を何冊もお持ちのファンの方も来られていて、大海先生は次々サイン。「ぼくはいずれ死ぬことになるんで」「私も」とやりとりをされていた。

 特製ケーキも凝ったもので、食べるのがもったいなかった。開催は今月25日まで!

f:id:namerukarada:20171210162217j:plain

f:id:namerukarada:20171210162226j:plain

f:id:namerukarada:20171210161816j:plain

 

【関連記事】『ビビを見た!』会(大海赫先生を囲む会2017)レポート