私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

なべおさみ × 満田かずほ監督 トークショー レポート・『独身のスキャット』(3)

f:id:namerukarada:20170807190701j:plain

【俳優について】

なべ「あらゆる役者は(出演作に)思い入れってありません。優れている役者ほどない。役者は自分が注ぎ込んだ情熱を忘れるって性(さが)がないと、次のものに取り組めない。

 船越英一郎はあれだけサスペンスに出てて、自分の出たもの覚えてない(笑)。『独身のスキャット』(1970)見て、つまらないとしか思えない。自分の出た映画、映画館に行って見たって1本もない。自分の出たの見るの嫌いです。7月に単独ライブを2時間やってみたんですね。それを綺麗に編集してくれましたけど、見てません。自分の人生振り返るのは大事ですけど。

 クリント・イーストウッドの自伝読んだとき、台本もらってからの作業はどうやって台詞を言わないかだって。あの人台詞覚えるの嫌いなんだけど(笑)、ハリー・キャラハンが喋っちゃ面白くない。日本映画はダイアローグが多すぎる。

 時代時代で変わっていくのは、しょうがないんですよ。でも(昔は)しょせん役者がやること、歌手がやること、“しょせん”がついた。それだけ見くびられていた現実があるけど、おれたちの稼業に目くじら立てないでくれた。サラリーマンの人も商店の人も幼稚園の女の先生も、そういう目でエンタテインメントの人を見つめてくれた。おれたちを愉しませてくれてたら、諸事にうといのは当たり前よって」

 

【かつての映画とテレビ】

なべ「(昔は)本来こうあってはいけないってのを教え込まれてきたのに、戦後20年くらいの間に日本はダメになりました。アメリカ映画見て、この世界に行きたいって思ったんですよ。日本映画は白黒の黒澤(黒澤明)さんのだけでいい。カラーになったら面白くない(笑)。ゴルフでそれ言っちゃって、“先生、色ついてからは面白くないですよ”って。それで息子さんが“父は画家になりたかったんですよ!”って。じゃあ画家になればいいじゃないか(一同笑)。先生はお風呂入るって怒って、ゴルフから外されました。そういうこと言うから、かわいがられない。

 東宝がこんなもの(映画)つくっても銭にならん、(制作会社につくらせて劇場を貸す)不動産業がもうかると判っちゃって。ソフトつくる人も燃えてやってたけど、大道具やスクリプター、俳優も(自社で雇用すると)金がかかる。戦前も役者が独立プロつくったけど、成功した人いなくて、戦後もにんじんくらぶとか映画つくろうとしてみんな赤字。三船敏郎萬屋錦之介勝新太郎も成功した人ひとりもいない。映画会社は箱持ってるから、どっかと契約しないとダメ。映画会社は、自分は一銭も出さないで上映する。あなたの取り分は5億と言われて、“え、うち8億出してるけど” 。こんだけの上がりがありましたってのは、全部嘘(一同笑)。

 (映画が斜陽で)テレビ局に何とかコネつけて、テレビの世界でやりたいって監督も山ほどいた。初期のNHKのディレクターはみんな東宝や新東宝の人で、それから10年くらい経って人が育つ。初期のテレビは寄せ集めで、日活の重役を製作部長にしたり。新聞社からつれてきて上に置いても、現場のことが判らない。電通の人の息子とかも平気で入ってきて。そういう混濁した時代が、70年代で少し収まったという気がする。テレビの世界のディレクターは、各局に優れた人が育ちました。そういう人が局で作品をつくった。いまはみんな制作会社がつくっていて、テレビ局はある時期の東宝みたいになっています。うちは電波を持ってるからと」

 

【その他の発言】

なべ内部告発ってチクリ屋ですから。いまだって、おれのせがれ入れてくれた恩人の名前言ってないでしょ(笑)。やくざの親分が“チャック固いね”って。やくざでも口軽いやつはアウトでしょ。刺殺されるのは軽いやつばっか。正義は新聞、テレビにあるようだけど、コメンテーターなんてただの芸人だろ。ちょっと前に未成年淫行でどっか逃げて、知事になって、それだって途中でほっぽり出して(一同笑)。

 でも未成年淫行ってのも(成人が)17歳とセックスするとダメだけど、17歳同士だといいんでしょ。それもおかしいね。

 いまいちばん好きな言葉は、空海の“人の短を語らず、己の長を語らず”という。欠点はあるよ、欠点をあげつらうのは止めなさい。自慢話もいかがなものでしょうかね。空海が死んでいく前に書にして、ぼくこれ好きですね。だから女房のお墓も真言宗にしちゃった。いま墓屋さんがつくってくれています」

 

 なべ氏は、最後に観客みなと握手するというサービスぶりだった。 

独身のスキャット DVD-BOX

独身のスキャット DVD-BOX

 

にほんブログ村 映画ブログへ