私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

飯島敏宏監督 × 古谷敏 トークショー レポート・『ウルトラセブン』(2)

f:id:namerukarada:20170804213241p:plain

【『セブン』について (2)】

 『ウルトラセブン』(1967)の第40話「セブン暗殺計画(後編)」には、砂山での戦いのシーンもある。 

 

飯島「CGのない時代ですから、爆発はちゃんと爆発物で」

古谷「ロケは怖かった。砂利も飛んでくるし」

飯島「監督も怖かったですよ」

古谷「どこで爆発するか判らない」

飯島「ほんとに『セブン』ではみんな無鉄砲でしたね。自分でもきょう見てて、いまだったら遠慮してしまうことでも俳優さんに要求してて」

古谷「あのとき救急車は来なかったですよね(笑)。(ロケ地は)力道山の山で。力道山が全盛期にあの山を買って、亡くなってそれを(遺族が)手放したと」

飯島「断崖絶壁で、足下がするする崩れる。そういうところで平気で撮影してる」

 

実相寺昭雄監督の想い出】

 故・実相寺昭雄監督が『ウルトラマン』(1966)と『セブン』で撮ったエピソードは特に伝説として語り継がれる。当時の実相寺は、飯島氏と同じくTBSの社員演出家だった。

 

古谷「(実相寺監督は)最初はね、変な人がうろうろしてるなという感覚で。着るものも飯島さんと違って、赤坂の演出家じゃないみたいな。そういうのが第一印象」

飯島実相寺くんについて語ると、それだけで1時間終わっちゃう(笑)」

 

 上映された第8話「狙われた街」では、暴れるフルハシ隊員(毒蝮三太夫)の頭を古谷氏が棒状のもので叩いて鎮圧するシーンが印象的。効果音もあって、竹刀のように見えたのだが…。

 

古谷「地図を丸めてポンポンやったんです。このやろこのやろってやった覚えが。実相寺さんは何も言わないし。芝居つけない人だったですよね?」

飯島「いや、知らない(笑)」

 

 実相寺作品では、真っ暗な画面が印象深い。

 

飯島「暗くてよく見えないから(一同笑)。事実、暗いライティングで撮ってたけど、当時テレビはまだ東京タワーから送ってたのかな。地方に行くと粒子が粗くて、いまより映像が暗くなる。

 俳優さんの顔は、実相寺はどうでもいい。シルエットでいいからこういう構図と指示する、よく言えばですけど(笑)」

古谷「照明さんに言わせると、実相寺のときは電気代が節約できると(一同笑)。一(円谷一)さんはもっと明るいしな。そんな撮り方もあるんだと感心してました。実相寺演出は、ぼくら映画人はそんなにすごいとは思っていなかった。節約はすごいと(笑)」

飯島「暗いのは初期からありましたね。女優さんは綺麗に撮るには、望遠で撮る。50ミリ以下から撮らない。すると綺麗になる。それが16ミリでと。そういう思い切ったことができる監督でした」

古谷「(『ウルトラマン』では)桜井浩子さんは綺麗に撮ってもらってた、魚眼レンズで(一同笑)。桜井さん、ここにいないから」

 

 そこへ客席から桜井浩子氏が登場。古谷氏は逃げ出す。

 

桜井魚眼レンズで撮っていただいた桜井浩子と申します(笑)」

 

 小中和哉河崎実監督も登壇した。 

【その他の発言】

古谷「(ロケ弁は)はんぺんのてんぷらだったね」

飯島「ちくわをうすーくスライスして大きく揚げるのが上手でした(笑)。軽井沢であろうとどこでもそのお弁当」

古谷東宝は自前。ロケ弁は円谷といっしょでしたよ」

飯島「劇映画の監督やスタッフと同じ食堂でも、テレビの席は分かれてて格が違う。そういうの、くやしかったね。

 桜井さんは、東宝からお姫さまを借りたみたいな。50年前だけど(一同笑)」

古谷「変わりません、昔といっしょですね(笑)」

f:id:namerukarada:20170804213307p:plain

 古谷氏は「きょうはアマギ隊員として来たので、シュワッチはやりません」と言っていたが、結局最後にポーズをとっていた。

 終了後に飯島氏の『バルタン星人を知っていますか』(小学館)、古谷氏の『ウルトラマンになった男』(同)のサイン会も行われた。 

ウルトラマンになった男

ウルトラマンになった男

 

にほんブログ村 テレビブログへ