読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

飯島敏宏監督 × 古谷敏 × 桜井浩子 トークショー レポート・『ウルトラマン』(1)

f:id:namerukarada:20160917110628j:plain

 2016年は、『ウルトラマン』(1966)のスタートから50年。いまだに絶大な人気を誇る『ウルトラマン』第1作の飯島敏宏監督と初代ウルトラマンスーツアクターを務めた古谷敏氏のトークショーが、8月に鶴川にて行われた。トーク前に、『ウルトラマン』と『ウルトラマンマックス』(2005)の上映があった。

 飯島敏宏氏は『ウルトラマン』のバルタン星人のエピソード(第2・16話)の脚本・演出を担当。他にウルトラマンスペシウム光線のポーズを考案するなど、初代ウルトラマンのイメージを大きく規定した。『ウルトラマン』から数十年を経て、映画『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』(2001)やテレビ『マックス』(第33・34話)を撮った(両作にバルタン星人が出てくる)。他に『金曜日の妻たちへ』シリーズの演出・プロデュースなどでも知られる。

 古谷敏氏はスーツアクターとしてウルトラマンを演じて、次作『ウルトラセブン』(1967)ではレギュラー・アマギ隊員役で出演。その後、会社経営などを経て、最近は俳優復帰。トークイベントなどにも多数登場している(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

ウルトラマン Blu-ray BOX I

ウルトラマン Blu-ray BOX I

 

 まずは飯島監督が「監督をやりました飯島でございます」

 

飯島「ぼくもね、間に40年空いててね。いちばん最初は16mmフィルムで、CGも何にもなかったんで、自分でもいま見ていて…。

 40年経って、また撮れと言われて嬉しくて。CGだの何だの、何でもできるんで、日本でだっていろいろやりたくて、この『マックス』の前後編を撮ったわけです。久しぶりに見て、胸がいっぱいになってしまって。最後まで見ていただいて、ほんとにありがとうございました。あれから10年経って、いまは更に進歩して、小中(小中和哉)くん、庵野庵野秀明)くん、後輩たちが素晴らしいものをつくっていますので、応援してください。

 びんちゃん、びんちゃんって言ってますけど“ふるや・さとし”さんです。いま、お子さんはいらっしゃらないですね(笑)。ウルトラマンは彼です。顔も似てるでしょ(一同笑)。成田亨さんが彼に似せてデザインして。いまのウルトラマンと違って、ほんとに火の中水の中。怖かったと思います」

 

 つづいて、今回は派手なモーニング?姿の古谷氏が。

 

古谷「台風の中で来られないかと思いましたが、たどり着きました」

 

 放送前の記者発表では、ウルトラマンのスーツに入った古谷氏が、前が見えず、手を引かれて現れたという。

 

飯島「記者会見では、手を引かれて目が見えない。足下だけでしょ。どうやって格闘させるか。」

古谷「撮影会が終わって、これだと動けないから目を大きくしてくださいとお頼みして、やっと少し見えるように。でも(前を)直線的にしか見えない。横を見るときは体を動かして、ああいう姿勢に」

飯島「私は(特撮でなく)お芝居の監督ですけど、若かったしいろいろ言って、スペシウム光線の動きを考えたりしましたけど。目(のぞき穴)が瞳みたいに見えて、哀愁もあるし。猫背で、感情のこもったいい芝居でしたね」

古谷「(笑)子どもたちが弱々しいウルトラマンを助けようと思うように、やってました」

飯島「あんまり強いとはらはらしない。だから弱そうじゃないといけない。そういうところがよく出てた」

古谷「飯島監督は、ウルトラマンはボクシングではないからファイティングポーズはやめようと。手を構えよう、そういう話をしました」

飯島「当時殺陣師がいなくて。ぼくは時代劇のチャンバラやアクション専門の監督だったんで、『月曜日の男』とか。古くさいですけど。はらはらどきどきが大好き。」

 (シリーズ)全体のリズムをつくったけど、撮ったときは自信がなくて、通用するかなって。

 完成して初めて札幌の公会堂で子どもたちの前で上映して、拍手してくれたときは(脚本の)金城哲夫と泣きましたね」

 

 撮影現場での苦労は、古谷氏の著書『ウルトラマンになった男』(小学館)でも語られている。

 

飯島「ぼくはチャンバラで育ってますから、時代劇撮ってるみたいで。昔は金粉ショーがあって、踊子さんたちは金粉をつけてるから皮膚呼吸ができなくて、ほんとに苦しい。昔のスーツは同じで、皮膚呼吸できない。怪獣は(スーツアクターの)頭の上に(怪獣の)頭があって、だから見える。でもウルトラマンは、ウルトラマンの目の位置に古谷くんの目が合って、電球もあるから何も見えない。そんな状態で火の中水の中。要求するのも怖かった」

古谷「仮面をかぶってスーツを着て、遮断されて孤独で。監督の顔を見ると、監督もすまなそうな顔で“用意、スタート”と。大変だと思ってくださってるみたいですけど、カメラの佐川(佐川和夫)さんは“おい、もっとちゃんとやれよ”って。とても複雑な気持ちでした(笑)。

 (水を使う撮影では)目から水が入って、口からも水が入って、それで水が外へ出ない。溺れそうな感じで、(特殊技術の)高野(高野宏一)さんに頼んで“水は死にます”と。それで水は少なくなった」

飯島「現場は過酷で、消防隊も待ってて。ダッと燃えると、監督は怖くなって“カット”と。でもカメラマンは“待て”。消そうとすると、カメラマンは消すなって火の中へ入って行って、ウルトラマンも出られない。監督はよく見えるけど、でもウルトラマンは見えない。

 円谷英二さんは神さまだから、特技監督(のクレジット)は英二さんだけ。あとの人は特殊技術と呼んでました」(つづく)

 

【関連記事】飯島敏宏監督 × 黒部進 トークショー・『ホームカミング』