読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

野上照代 × おすぎ × ショーレ・ゴルパリアン トークショー“ありがとう、キアロスタミ!”レポート・『クローズ・アップ』(3)

f:id:namerukarada:20160820122300j:plain

【映画づくりの手法 (2)】

おすぎ「優れた監督の作品見てると、何だろう、何でこの人こんなこと考えつくのってところに行くよね。

 キアロスタミさんの作品を見終わって、とっても人間を感じさせてくれる。つまんない映画は多くて、技術を感じさせても人間性がないのよ。最近、映画評論家をやってるのがとても厭だなと。でもキアロスタミさんを見てると、出会えてよかったなって。最近はどうしてこんなの見せられるのかなって思うけど、キアロスタミを見てると幸せだと思いますね」

 

黒澤明との邂逅】

野上「私は香港で『クローズ・アップ』(1990)を見て、川喜多和子といっしょで。山形とユーロでも見て、きょうも見てすごいなと思いましたね。和子から黒澤さんに『友だち』を見せてと言われて、見た黒澤さんも感心して。

 1993年10月に、黒澤さんのうちに呼んだんですよ。新宿で小田急に乗るとき、ショーレがどんどん行くから、キアちゃんは子どもがお母さんについてくみたいに(笑)。それで成城の小さなうちに。キアロスタミさんのうちは大きいからね」

ショーレ「すごくアートで不思議なうちです。手づくりで」

おすぎ「黒澤さんのうちは行ったけど、そんなに小さいうちじゃなかったわよ」

野上「家賃は35万(一同笑)。キアちゃんは、あなたの足に踏んでもらいたいってお土産を」

ショーレ「突然黒澤さんから会いたいと連絡があったって喜んで、プレゼントに“踏んでください”ってキリムっていう絨毯みたいなものを。キアロスタミさんの好きなワインカラーの色でした」

野上「黒澤さんはあなたの映画は素晴らしい、よく子どもを自然に撮れますね、どう演出するんですかと言って。キアちゃんは、簡単です、みんな私のことを知らないからカメラを置くことができる、黒澤さんは有名だから難しいんだって。うまく答えた(笑)。2時間くらいいましたね」

おすぎ「黒澤さんも喜んでたね」

野上「キアちゃんは私を恨んでた。(もっといたかったのに)私が帰れと目配せしたと」

おすぎ「野上さんの目配せなんてわかんないよね(笑)」

ショーレ「黒澤さんはあなたの目ばっかり見てるって怒られて。それは通訳してるからですけど、うらやましかったんですね」

野上「帰りに“なんとなく名残惜しいから手紙を書く”と成城のおでん屋に入って、キアちゃんは食べないで書いてましたね」

 

 ショーレさんが手紙を読み上げる。黒澤監督のお宅を伺って、2時間経って後悔の気持ちでいっぱいです、たくさんの質問を胸の奥にしまったままです、という内容だった。

 

おすぎ「2時間もいたのに?」

野上「この後ふたりは会ってない」

ショーレ「いま会ってるでしょ(笑)」 

【晩年と死】

野上「後半はイランじゃなくて、他の国で撮ってたね」

ショーレ「(イランでは)みんな尊敬してましたけど、劇場にお客は入らないんですよ。シネフィルやファンは見ても、劇場はやりたがらない。マフマルバフは商業的なアクションも撮ってますけど、キアロスタミさんはファン向け(の作品)ばかりでしたね。

 『ライク・サムワン・イン・ラブ』(2012)のときは、夜になると歩いてて疲れたって言ってて。それならどうしていっぱいいろんなことをやるんですか、映画撮って、写真撮って」

野上「去年の暮れによくなったって聞いたんで安心してたけど。

 イランってほんとに映画好きな人が多いよね。遺体がパリから戻ったら、レッドカーペットが敷かれて、1万人も集まったって」

ショーレ「腸にしこりがあると判って、中国で映画を撮るためにお正月前に手術することになって、でもお医者さんもバケーションに行っちゃっうんですけど。入院してたらお腹が張ってきて。2度目の手術で膀胱にメスが入って、ほんとに調子が悪くなって。3度目の手術では、膀胱から尿が漏れて、手術する度に悪くなっていく。いま息子さんたちが病院を訴えていて、結局殺されたと。

 亡くなる前にパリに入院して、脳梗塞で亡くなる。私は別のことでイランにいたんですけど、夜亡くなりましたって聞いてびっくりして。いままでたくさんの偉い人や映画人が亡くなったけど、みんなショック受けましたね。キアロスタミさんはずっといるみたいに、みんな思ってて。次の日になると、遺体はまだパリにいたんですけど、夜10時に全国の映画館が1分止めて、闇の中でお祈りしました。『ABCアメリカ』(2001)で暗い画面を流したので、それに敬意を込めて、お祈りを捧げました」

 

 キアロスタミ監督の墓石もスクリーンに映された。

 前から3列目にはファッション評論家のピーコ、字幕翻訳家の戸田奈津子の両氏の姿があった。

 

【関連記事】加藤武 × 野上照代 トークショー レポート・『蜘蛛巣城』『天国と地獄』(1)

ライク・サムワン・イン・ラブ [DVD]

ライク・サムワン・イン・ラブ [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ