私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

康芳夫 トークショー レポート・『ビオクラシー 福島に、すでにある』(3)

f:id:namerukarada:20160726212443j:plain

【都知事選について (2)】

「鳥越(鳥越俊太郎)くんは週刊誌のスキャンダルでちぢんじゃった。でも鳥越くんが女たらしであることは事実。亡くなった筑紫(筑紫哲也)くんはもっと女たらし(一同笑)。下の部分にはあまり触れないほうがいい。

 「週刊文春」がどういう意図なのか、ただのスキャンダリズムなのか判らないけど、でもあれがなくても小池(小池百合子)くんの勝ちだったと思います。鳥越はほとんど演説できないんだもん。そりゃ小池くんのほうが勉強してるよね。鳥越くんがあわよくばと出てきたけど。石田純一くんじゃどうしようもないし。

 猪瀬(猪瀬直樹)くんは、自分は都議会の内田(内田茂)に斬られたと言ってたけど、誰が猪瀬を刺したのかいまもって判らない。あの病院の一派かもしれないし、誰かのせいで朝日がスクープした」

 

【オウムと吉本隆明

「(麻原彰晃は)ぼくの事務所にいて、インドに行っちゃって。忘れてたけど、後で事件が起きて、なかなかやるなと。その後で凶悪化したけど。それでぼくも公安からチェックされて、公安は大学の後輩でしたけど。

 忘れられないのは、吉本隆明が麻原は救世主だと。その後でノーコメント。その発言をどう思ってるのか是非聴きたくて、彼が亡くなる何年か前に手紙を送ったけど返事がない。そこで明治大の講演に押しかけたら入場を断られて、その後死んじゃった。森達也くんともその話するけど厄介な問題で、森くんは考えさせてくださいって言って逃げちゃう(笑)。吉本の永遠の謎です。

 吉本は戦争中に日本浪漫派に傾倒して、三島(三島由紀夫)と同じ考え方。戦後は交流がないけど同じ精神的シチュエーションにあって、三島が死んだときも彼は一切コメントしなかった。心中複雑だったと思います。吉本は詩人としても情緒的というかエモーショナリスト。共産党に入って傾倒して、エモーショナルに反応するのが彼らしい。麻原がキリストだと言ったのは吉本らしい反応だと思っています。

 麻原が逮捕されて、言いわけしてきょうまで生きてる。オウム事件は太平洋戦争と同じだと思います。リーダーが責任を取らない。(麻原は)リーダー失格だと思います。でももし沈黙して、全責任は自分にあると言ってたとしたら、世間も吉本の言ったことに納得したかもしれない。ただ(現実の麻原に)吉本は困惑したでしょう」

 

【その他の発言】

 亡くなった鳩山邦夫の「友だちの友だちはアルカイダ」発言についても語られた。

 

「鳩山くんも口の軽い男で、彼の友人が磯崎新さん。磯崎さんが認めるか判らないけど。クウェートの御曹司を通してつながってる。その程度のことです」

 

 『ビオクラシー 福島に、すでにある』(サンクチュアリ出版)にも登場する足立正生監督とも面識がある。

 

「足立くんは彼が日大の学生だったときから知ってて、過激なことを始めてからは交流ないけど。

 今回(『ビオクラシー』)の対話で“寛容”という言葉を使ってて、まさか彼の口から寛容とは。感慨にとらわれたというか。成熟か、後退か、幅が広がったか。彼は混乱してると思いますね。時代が急速に転換してもはや自分の出る幕はないという気持ちと、まだ旗を振ってやろうという気持ちと。いずれにしても寛容とは。大事な言葉だけど、足立くんの口から出るとはね。この対話だけでは、何を言おうとしてるかつかめないけど」

ビオクラシー 福島に、すでにある

ビオクラシー 福島に、すでにある

 

重松清くんとパーティーで話したら、森くんの映画で例の作曲家(佐村河内守)の『FAKE』(2016)のプログラムに解説を書いてると。虚実皮膜の話だけど、それはぼくの人生の要諦だね。それは体で覚えたことで、理屈ではない。

 岡本太郎も虚実皮膜の人ですよ。最も大きなパフォーマー。絵は決してうまいとは思わない。へたうま(笑)。でもバックグラウンドとかキャラがあったね」

 

 康氏はいま、新しい思想を構想中だという。

 

「左派も右派も関係ない、それを越えた思想体系を考えている。宗教ととっても思想とってもいいけど、全部吸収できる要諦を持ったもの。

 ぼくは人から影響を受けることはあまりなくて、磯崎さんには教えてもらったけど」

平井「康さんが前に言ってたのは、ニーチェが生きていればニーチェが康さんに影響されただろうと(笑)」

 

 平井氏と康氏の共著『虚人と巨人』(辰巳出版)が刊行予定で、いま入稿中だという。

 

【関連記事】

足立正生 × 平井有太 トークショー レポート・『ビオクラシー 福島に、すでにある』(1) 

森達也 × 田原総一朗 × 松本麗華 × 安岡卓治 トークショー レポート・『A2』(1) 

虚人と巨人

虚人と巨人

 

にほんブログ村 本ブログへ