読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

沢井桂子 × 中野昭慶 トークショー レポート・『怪獣大戦争』(1)

f:id:namerukarada:20160220200124j:plain

 宇宙怪獣キングギドラ撃退のためにゴジララドンを貸与してほしい、その代わりにがんの特効薬を提供すると地球に持ちかけてきたX星人。その裏には、ある陰謀があった。

 『怪獣大戦争』(1965)は、怪獣アクション満載で侵略宇宙人との戦いを描いたサービス満点の娯楽作。かつて『ゴジラ』(1954)や『空の大怪獣ラドン』(1956)をシリアス描いた本多猪四郎監督×円谷英二特技監督のコンビが、コメディータッチで快調にドラマをつづっている。特に愉快なのが発明家の三枚目青年(久保明)の部分で、金もなさそうなのに美しい彼女(沢井桂子)がいるあたりなどいろいろ想像してしまう(脚本の関沢新一の功績も大きい)。笑いもありながら、宇宙飛行士(ニック・アダムス)とX星人の女性(水野久美)との愛など強烈なエピソードも描かれている。

 

 2月に、横浜市にて沢井桂子氏と特撮助監督を務めた中野昭慶氏のトークショーがあった。当初は久保明氏も来られる予定だったが、体調不良でご欠席とのことで残念。その日は、午前中は雨降りで、開始時刻には晴れ上がった。

 

沢井「わりと晴れ女(一同笑)。

 久保さんとは2、3年前、池部良さんをを偲ぶ会でお会いして、ちょっとお元気ないと思ってましたけど」 

【沢井桂子氏 デビューのころ】

沢井「私は物心ついたころから女優さんになりたくて、母や祖母に映画や舞台につれてってもらって、小さいときからなりたいって図々しく思ってました。

 (東宝ニュータレント)第4期で、黒沢年雄さん、高橋紀子さん、いい方がいましたね。映画界へ行くって言ったら反対されて、怖い人もいるし。東宝さんはサラリーマン映画とか明るい感じでいいなって。ちょうど募集があって、全国から何千人。審査員の方が30人くらい、俳優さんや監督さんが30人くらいひな壇にいて、“あ、あそこに○○さん”って。映画でしか見なかった方が。養成所は帝国劇場、いまの帝劇です。山本嘉次郎先生が校長で、そこで半年勉強して。(終了時に配属先が)映画と決まって、スタジオを見学。私は、映画がいいと思っていました。山本先生が『狸の花道』(1964)というのを撮っていらして、黒沢年雄さんも高橋紀子さんもみんなちょっとした役でした。1回NGを出すと、100円。大俳優さんが30回くらいNGを出されて(一同笑)、こっちもドキドキして。止めるとお金がかかると言われて」

中野「フィルムにお金がかかる。テープなら無制限だけど。フィルム時代は女優さんも、まずNG出さないってのが条件。東宝でNG出さないのは、三船敏郎小林桂樹。そういう厳しい時代でしたね、俳優さんにとっちゃ」

沢井「テレビ『のれん太平記』(1964)では、乙羽信子さん、沢村貞子さん、錚々たる方々が出ていらして、その娘役で役名がつきました。あの時代はテレビもよくなってきて、最初はテレビに出してどのくらいできるかと。でもテレビに出るって言ったら、下になるから止めなさいって言う人もいましたね」

中野電気紙芝居って言ってた。テレビに出ると落ちこぼれみたいな(笑)」

沢井「重役の方に、テレビでちゃんとやったら映画に出すって言われて、がんばろうって」

中野「特撮に出た女優さんは売れますよってジンクスがあった。沢井さんも含めて、片っ端から出なさいと」

沢井小林桂樹さんは、撮影所で私たち後輩の面倒をよく見てくださって。重役の方がつけてあげてよって言って、木へんが入ってる名前がこれからはいいと。2、3日して、芸名決まりましたよって連絡があって、沢井桂子に。

 『海の若大将』(1965)では、泳げないのに島の娘役で泳ぐ役(笑)。古沢監督はすごく怖い人で、泳げて潜れるようにしろと。でも結局吹き替えで。水着もはずかしくて、スパッツもないし。加山(加山雄三)さんも“厭がってるから”って」

中野「ニック・アダムスも泳げない(笑)」

海の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

海の若大将 [東宝DVDシネマファンクラブ]

 

 本多監督×円谷特技監督のコンビによる『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)に、沢井氏は原爆症の女性役で出演。ニック・アダムス、水野久美と、『大戦争』以前に共演している。特撮のチーフ助監督はやはり中野氏。その後、沢井氏は本多監督の『お嫁においで』(1967)にも出演。

 

沢井「『フランケンシュタイン』では死ぬ役。本多監督と聞いてほっとして。優しいですから。優しくて、ちゃんと指導してくれる。『お嫁においで』も忘れられないですね。

 ニックさんは博多言葉で変な言葉を覚えてきて、みんなを笑わせてました」

中野「あれはスタッフ。はずかしい日本語をいっぱい教えた。本人はいい言葉を教えてくれたって言ってた(一同笑)」

沢井「本多さんの3本は、あまり間がなかったですね。『お嫁においで』も水着で厭だった(笑)」 

 沢井氏はテレビ『ウルトラQ』(1966)にもゲスト出演。『ウルトラQ』には、主演の佐原健二をはじめ東宝系の俳優が多数出ていた。

 

沢井「『ウルトラQ』はこの前ですね。黒部進さんと。蜂の話? ああモグラでしたか。大きなモグラを前にするとか、よく判らなかったですけど。『ウルトラQ』は、いますごく有名ですよね。佐原健二さんもいらして、東宝の方は気さくでしたね。スタッフもいろいろ教えてくださって。ほんとに東宝には感謝しています」(つづく)

にほんブログ村 映画ブログへ