私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

風祭ゆき × 中田秀夫監督 トークショー(小沼勝監督特集)レポート・『妻たちの性体験』『サディスティック&マゾヒスティック』 (1)

f:id:namerukarada:20151120221015j:plain

 午睡の最中に、家に侵入してきたふたりの男に乱暴された人妻(風祭ゆき)。だが、それは罠にはめられた夫(宇南山宏)が公認する事態であった。夫婦の周囲にはさまざまな思惑が渦巻いていた。

 にっかつロマンポルノの巨匠・小沼勝監督の『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』(1980)は、過激なシーンに加えて、凝った演出と二転三転するシナリオ(脚本:小水一男)が面白い快作。前半の昼ドラ風味のサスペンスタッチもいいが、主人公と若い学生たちがすれ違う際に浮かぶ妄想シーンやクライマックスの襲撃など、羽目を外した画面設計は強い印象を残す。

 

 渋谷にて小沼監督の特集上映が行われており、『妻たちの性体験』の上映と主演・風祭ゆき氏と小沼監督に師事した中田秀夫監督のトークショーが行われた。

 風祭氏は、『女教師 汚れた放課後』(1981)、『性的犯罪』(1983)などロマンポルノ作品に主演し(私見では『汚れた放課後』は大傑作!)、ほかに『セーラー服と機関銃』(1981)、『キル・ビル』(2003)、『アキレスと亀』(2008)などの一般映画にも多数出演。『妻たちの性体験』『セーラー服』では、現在の筆者より若いのだが、何だか年上の女性のような大人びた色香をふりまいている。

女教師 汚れた放課後 [DVD]

女教師 汚れた放課後 [DVD]

 

 中田氏は、『箱の中の女』(1985)などの小沼監督作品で助監督を務め、監督昇進後に『リング』(1998)を大ヒットさせる。その後、『クロユリ団地』(2013)や最新作『劇場霊』(2015)といったホラー作品を撮る一方で、小沼監督を追ったドキュメンタリー『サディスティック&マゾヒスティック』(2000)を監督した(この日は、『サディスティック』も同時上映)。映画マニアだった学生時代に小沼監督を深く敬愛していた中田氏だが、小沼作品の現場は地獄で「本当に凄惨」だったらしい(「映画芸術」NO.395)。

 司会は映画評論家の高崎俊夫氏が務める(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや整理してしまっている部分もございます)。

サディスティック&マゾヒスティック [DVD]

サディスティック&マゾヒスティック [DVD]

 

風祭「大きい画面で久しぶりに見られて、ニュープリントにしていただいて幸せです。何年経っても、みなさんにいちばんいい時期を見てもらえる。幸せな仕事をしてるなって思いますね」

中田「(にっかつに)入ったのは1985年。ぼくは80年に大学に入って、『妻たちの性体験』を亀有名画座で拝見して。(ポルノを)朝9時台から夕方まで見ていて(笑)。ぼくがにっかつに入って3年くらいでロマンポルノは終わった。(助監督として)ついた7本のうち3本が小沼さん。

 

【『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』(1)】

風祭「当時、テレビを何本かやっていました。朝ドラのオーディションは、いいところまで行っても、最後まで残れない。そのころ「週刊プレイボーイ」のグラビアでグアムへ行けるっていうので、母親をマネージャーにして行ったら(それを見た)にっかつの人からお話があって。

 もう25、6歳。18、9ならともかく。“私はできません”って言ったら、当時、大島渚さんの関連事務所にいたんですが、“何言ってんだ。役者は土方、肉体労働者だよ。体操だと思ってやりなさい”と言われて、“はい”と納得(笑)。いまはいい映画学校に行ったなって。

 主演の女優さんが決まっていたけど降りられて、私に白羽の矢が立って。いま見るとハードですね。見てて疲れちゃいました(笑)。

 小沼監督は自分でやって見せて、リハーサルもちゃんとやる」

中田「監督は、助監督も役者も家へ呼んでリハーサルをする。最後はパーティになります」

風祭「チャーハンをつくった記憶があるけど、見たら卵焼きでしたね。監督の自宅でリハーサルしました。私がブスッと悩んでいる顔すると、“きみは悩んでる顔怖いから、口角上げて”って監督に言われて。“ぼくは新人をいっぱい育ててるから。映画は主演にかかってるから、綺麗に撮らなきゃいけない。きみの場合は口角上げて”って。それが私の座右の銘になっています

 小沼さんは、ご自分でやってみせてくれるから面白い。主演女優に必要なのはこうだ!って。船の中のシーンでも“7回太ももが痙攣するようにやって。大人の女はそうだ”(笑)。前の日に練習したけど、うまくいかない。撮影で、“こうですかね” “うーん”って。自分で考えるのが面白かったですね。何年か経って、“監督は女を知ってるなって思いました”って言ったら“いやあ”(一同笑)」

中田「ぼくがついた監督で、(自分で)やってみせるのは小沼さんと澤井(澤井信一郎)さん。女形型で(女性役も)自分がやってみせないと気が済まない。自分のことですみませんが、(11月放送の)『世にも奇妙な物語』を中谷美紀さん主演で撮ったんですが、娘の名前を呼ぶ演技をやってみせたら快感で、美紀さんに笑われてスマホで撮られた。自分でやりたい、自分も女優になって出たいという倒錯した欲求がある(笑)」

風祭「これを監督がやったんだと思って見ます(笑)」

 

 ロマンポルノはオールアフレコ。

 

風祭「最近テレビを見ていて(同録だと)リアルさがない。アフレコだからこそ、ぼそぼそ喋るシーンもちゃんと(音が)入ってて、けっこうリアリティがあるなって」

中田「(『妻たちの性体験』の)録音は橋本文雄さん。『羅生門』(1950)にも助手でついていた方です。那須那須博之)さんの『ビーバップハイスクール』(1985)、ぼくの『リング』もアフレコ。俳優さんに現場を思い出してもらって、やる。小沼監督はアフレコで喘ぎもやる」

 

 湘南の海の明るさは印象的。別荘の上の空や、学生たちが主人公を何度となく盗み見るシーンの空は突き抜けるようである。

 

風祭「湘南の青空がスコーンと抜けてて、青春映画のにっかつでしかありえないですね」

中田「風祭さんと学生がすれ違うシーンでは、幾何学的な道路がありますね。あまり開発が進んでいない」

風祭「また行ってみたいと思ってたら、もう造成されてないらしいんですが、いい場所でしたね」(つづく)

 

【関連記事】小沼勝監督 × 松田まどか トークショー レポート・『NAGISA』 (1)