私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

田崎竜太 × 横山誠 × 黄川田将也 トークショー レポート・『仮面ライダー THE NEXT』(2)

f:id:namerukarada:20150930222813j:plain

【『THE FIRST』について (2)】

横山「アクションは、田崎さんの紹介のおかげで。(アメリカで)『パワーレンジャー』(1993〜)を2000年の前くらいにやって、知り合いになりまして。田崎さんは先に日本へ帰って、ときどきメールしていまして。

 ぼくも帰って、『Sh15uya』(2005)をやって。『人造人間ハカイダー』(1995)をやっていて、白倉さんとは顔見知りではあったけど、気に入ったのか、懲らしめようと思ったのか(笑)。

 ぼくはアメリカで覚えた技術を出したいと躍起になってた。(JAEの)宮崎剛さんもやりたがってたんだけど、(撮影所で)会っちゃいますからね。ぼくもJAEの部屋に行っちゃうし(笑)」

 

 原作に寄せていくというのが、2部作のコンセプトである。

 

黄川田「原作に近い、テレビとは違うものをやろう、と。マスク脱ぐとか。アクションよろしく、とも言われました」

横山「(スーツは)原作と同じマスクや体型ですね」

 

 黄川田氏も、藤岡氏でなく原作に近い主人公像を、ということで選ばれた。

 

黄川田東映ビデオさんからお話をいただいて、(事務所に)“会おうか?”と。(プロデューサーに)会ったら、“原作に近いね” “仮面ライダーを”って。当日まで何も聞かされなくて。聞かされても忘れました(笑)。

 小さいときはライダーが空いていた時期で、兄が『BLACK』を見ていましたね。決まってからは、友だちに自慢しまくって、“おれ、地球を救うから” (一同笑)。

 大人向けにして原作に近くするよとは聞きました。いろいろ悩んで、 結局(旧作は)何も見ないでおこう、と。

 プロデューサーが、これから藤岡さんに挨拶に行くと、わざわざおれに教える(一同笑)。東京国際映画祭では、藤岡さんからビデオレターをいただいて、すごく嬉しかったですね。ビデオレターは武士道についてでした(一同笑)」

 

 『THE FIRST』の長石多可男監督と田崎監督は、『仮面ライダーアギト』など多数の作品を共同で手がけている。

 

田崎「初期の平成ライダーは、ぼくと長石さん、石田さん(石田秀範監督)で回してた時期があって。長石さんはミスター生田スタジオ。そういう方からバトンを受け取れて、光栄でした。テレビのときと重みが違う」

黄川田「長石さんとは、初めから話しながらつくっていった。(自分が)こういうふうに感じると言うと、長石さんがダーッと喋って。やってみて“違うよ”って言われて、やっとお互いこれが本郷猛だっていうふうにつくれた」

 

 『THE FIRST』では、主演でないが印象的な役どころをウエンツ瑛士が演じている(そこを書くとネタ割りになるので…)。

 

黄川田「本ができてから、ウエンツくんに決まりました」

横山「彼はまだメジャーじゃなかったですよね」

黄川田「人間がライダーにされるってところを重点的に撮りたいということで。仮面ライダーになると感情がなくなっていく。それを表現したかったみたいで」

 

 2部作では、VFXよりアクションに力が入れられている。黄川田氏も自らライダーキックに挑戦。

 

横山「この映画から10年くらい経って、『るろうに剣心』(2012)が売れて。あれは半年くらい(アクションの)練習をしていました。ライダーは、(練習は)3回くらい。先にやられてしまったけど、そういう素地はできていた」

田崎「アクションでどれだけ練習できるか。それは画にならないけど、お金がかかる。3か月練習するなら、それだけのお金が払えるか。ハリウッドではつくり込むことができるけど、日本の制作事情では難しくて、アクション映画を阻む」

横山「でもこのときより、いまはよくなっていますね。当時はワイヤーを使うシステムを日本へ持ってきてやりたい。着地にマットを敷かないのも、このころは新しかった。当時のライダーは、役者が仮面をかぶることはなかったけど、そのうちお面も自分でかぶって、藤岡さんの時代に戻るかも」

 

 『仮面ライダー』では主演の藤岡氏がアクションも自身で演じ、重傷を負ってしまった。つなぎとして2号ライダー・一文字隼人(佐々木剛)が登場する。藤岡氏が恢復して復帰すると、1号2号の共演が実現。

 

田崎「藤岡さんが怪我なさってライダー2号が出たから、それが漫画にもマンガにも反映されてる。原作ありきではないんんですね。『仮面ライダー BLACK』(1987)でも原作とテレビが平行状態でした。同時ですから、互いに参考にできない。

 藤岡さんが怪我をされて、助監督の長石さんも集まって(対策を)考えて、2号を出すと。藤岡さんを死なすって案もあったけど、それは採用せず。それで(1号2号共演の)桜島編をやって、視聴率は四十何パーセント」

黄川田「え、そんなに!?」(つづく)

仮面ライダー THE FIRST [DVD]

仮面ライダー THE FIRST [DVD]

 
仮面ライダー THE NEXT [DVD]

仮面ライダー THE NEXT [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ