読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

稲垣高広 × 川口貴弘 × 世田谷ピンポンズ トークショー レポート・『まんが道』(3)

藤子不二雄 書籍

f:id:namerukarada:20150924213918j:plain

【『まんが道』の人物たち】

 『まんが道』には個性的なキャラが多数いるが、高校時代の敵役が武藤。眼鏡をかけてキザな感じで実にむかつく。

 

ピンポンズ「(印象に残るのは)…武藤(一同笑)。武藤がお金を借りに来たり、厭な感じで、それ(屈辱)をバネに原稿を描く。極悪でしたね。霧野さんが自殺したときも、武藤が何か言う」

稲垣「武藤の顔のモデルになった方は、A(藤子不二雄A)先生といまもお友だちで、性格は全然違うんだそうです」

 

 主人公・満賀道雄は上京後に、マンガの神様・手塚治虫と対面。川口氏は、生前の手塚先生に会われたという。

 

川口「うちの親が、マンガ家にだけはなってくれるな、と。それでも持ち込みをしていて、1984年に手塚先生の仕事場にいきなり作品を持って行きました。「ぼくの宝島」っていうのを描いて(一同笑)。手塚プロには、壁にスタンリー・キューブリックスピルバーグの写真があって。『ブッダ』の原稿を見せていただきました。ケント紙じゃなくて、コピー用紙みたいな薄い紙。

 最後にお会いしたのが、1987年。病気になられる前で、“ぼくはアニメとマンガをやっているけど、きみは、どっちをやっていったらいいと思う?”って。そんなことをぼくに訊かれても(一同笑)。答えられなくて、固まりました。構想の話もいろいろされてて、後で手塚るみ子さんにそのことを言うと、“私は聞いてない”と(笑)。このとき写真を撮ってくれたのが、亡くなられた片山雅博さんでしたね」

 

 筆者は片山氏の生前にトークを聴いているのだが、やはり手塚先生に“片山氏、どっちがいいと思う?”と訊かれて、どうしておれに?と緊張して困ったという話をされていたのを思い出した。

 トキワ荘で主人公の面倒を見るのが、先輩マンガ家・寺田ヒロオ(テラさん)。上京にあたって手紙で細かくアドバイスをしたり、上京後にも叱咤激励したりしてくれる。

 

川口「ぼくはテラさんと文通していまして、お会いすることはなかったんですが。長文の手紙で進路指導をしてくれました。テラさんは自宅の離れにこもって制作されていて、ご家族にも会わなかった時期です」

 

 寺田氏は断筆され、亡くなるまで表に出ることは少なかった。その寺田氏の貴重な直筆の手紙を、川口氏は持参されていた。「意見がうまく合うだけが友達ではなく、ちがう考えを言い合い、自分に無いものを知っていくことも大切です」という文面に、『まんが道』に描かれた通りの人だったのだなと感嘆した…。

【その他の発言】

稲垣「(『まんが道』で何度か引用される) “なろう なろう あすなろう、明日は檜の木になろう”の詩、檜にはなれないけど、努力をつづけるという精神。井上靖さんの半自伝的な小説『あすなろ物語』(新潮文庫)の言葉です。『あすなろ物語』は、6つの章に女性がそれぞれ出てきて、冴子さんという女性は勝気なところが霧野さんと被るんですが、好きな男性と心中してしまう。恋がうまくいかなくて死を選ぶ。A先生が霧野さんを殺してしまったのは、この影響なのかな」(なるほど、面白い考察)

あすなろ物語(新潮文庫)

あすなろ物語(新潮文庫)

 

川口「(『まんが道』で主人公が投稿・執筆する実在した雑誌)「漫画少年」の表紙をデータ化したら、(白地の)表紙の少年の顔が赤い。これは日の丸をイメージしたのかな。健全なものを守っていこうという」

 

川口トキワ荘の図面を、誰も判らないので、やっとつくって出すと、(住人だったマンガ家の)水野英子さんが違う、と(笑)。(復元は)国家プロジェクトとしてやってもらいたいですね」

 

稲垣「『ドラえもん』が、(多くの人が)マンガを読むことの入り口になるという時期が長いですね」

川口「うちの子ども、上の子がドラえもんを初めて認識したときの衝撃(笑)。自分が読んできたマンガを、子どもが面白がる。文化を継承していく。

 下の子がベレーを被っている人を見て、“パパ、大変だよ。手塚先生がいるよ!”って言うんで(一同笑)、るみ子さんが、“いい教育してる”って。ただ、藤本先生もベレーを被っているから、手塚先生だと。下の子は、手塚先生が『ドラえもん』を描いてると思ってる」

稲垣「それは教育の間違い(一同笑)」

 

 世田谷ピンポンズさんのミニライブもあり、代表曲「オレンジジュース」「アナタが綴る世界」などが唄われ、興味深く拝聴(もっとちゃんと聴いてみようと思います)。

 終了後には夜10時ごろまで、ディープな飲み会があった。当日お会いしたみなさま、ありがとうございました。

アナタが綴る世界 (世田谷ピンポンズ)

アナタが綴る世界 (世田谷ピンポンズ)

 

にほんブログ村 本ブログへ