私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

野沢雅子 × 肝付兼太 × 鈴木伸一 トークショー レポート(2)

f:id:namerukarada:20161024215204j:plain

(表に出せない発言は割愛しております)

藤子不二雄の原作アニメ (2)】

 藤子原作の『怪物くん』(1981〜1983)では、野沢氏が怪物ランドの王子・怪物くん役、肝付氏がドラキュラ役。

 

野沢「『怪物くん』の劇場版のとき、24個入りの最中を持ってったら、肝さんは甘いものが大好きで、ほとんど肝さんが食べた(一同笑)。“全部一気に食べた”って言うから、え、あれを一気に!?」

 

 『怪物くん』の主題歌は、オオカミ男役の神山卓三氏、フランケン役の相模太郎氏と肝付氏が唄っている。

 

肝付「主題歌は小林亜星先生が作曲で、みんなで唄った。マコさんはすぐ終わったけど、あとの3人はなかなか終わらない」

野沢「音があると合わない。ないと合うのに」

肝付「遅れちゃうんだよね。それで(タイミングを)ずらしてやったら合った。」

野沢「亜星先生も、何十年やってて初めてだって言ってたね」

 

 フランケンの故・相模太郎氏は、浪曲師でもあった。

 

野沢「フランケンの相模さんは、台詞がいつも“フンガ”だけで、つらかったみたい。あるとき叩かれるシーンで“フガいてっ”って。ちょっとやめてよって言ったら、“おれも1個くらい言いたいんだ”って(笑)。怪物くんにやられて粉々になるシーンでも、“フガ粉っ” (一同笑)」

肝付「『トムとジェリー』をやってるんだけど、台詞がない。ニャッとかウェとかで、“いてっ”と言うと、“日本語はやめてください”と(一同笑)」

TVアニメ 怪物くん DVD-BOX 上巻

TVアニメ 怪物くん DVD-BOX 上巻

 

 やはり藤子原作の『ジャングル黒べえ』(1973)では、肝付氏が主演・黒べえ役。

 

野沢「脇役ってのもいいですよね」

肝付「マコさんは全部主役、ぼく全部脇役。主役は『ジャングル黒べえ』だけかな。主題歌は、“肝さんどう?”って言われたけど、速くてとても唄えない。大杉久美子さんが唄って、“ウラウラベッカンコ”って合いの手だけ入れて。おかげで印税が入ってきた(一同笑)」

 

【『銀河鉄道999』】

 共演作のひとつの『銀河鉄道999』(1978〜1981)は、社会現象となる大ヒット作。

 

野沢「肝さんとコンビ多いですよね。私がいつも親分で」

肝付「ぼくは、いつもいじめられる役(笑)。イベントとかで“(野沢さんと)ご夫婦ですか?”って訊かれて。無関係です(笑)。

 『999』では、社長役かと思ったら車掌役(一同笑)。メーテルさん、哲郎さんと車掌は三角関係で、車掌もメーテルがほのかに好き」

野沢「でもメーテルがどう思っていたか(笑)」

肝付メーテルは哲郎にキスしてて、負けた(笑)」

野沢「録音のとき、いつも池田さんと呼ぶことはなくて。喫茶店で“ねえ、メーテル” “何、哲郎?”って。普段の会話もそうなんです。肝さんを車掌さんとは呼ばないけど(笑)」

 

 999を模したミステリー列車が走るイベントもあり、野沢氏と肝付氏も、何度も同乗したという。

 

肝付「『999』のころに、国鉄のイベントのミステリー列車で行き先はアンドロメダだって。ほんとかよって思ったけど。何県のどこなのか、(目的地が)判らない」

野沢「あのとき、本物の車掌さんが“あぶない!”って言うくらい、沿線に人がびっしりいましたねえ。

 終点で“宇宙食”が出たんですけど、その箱を開けたらおにぎりふたつ(一同笑)」

肝付「ぼくは手で持ったとき、おにぎりかなって。あの重さはね。宇宙に行くなら軽くしないと。

 目的地に着いて宇宙的な装飾があるかと思ったら、太鼓と笛で、日本と同じ。日本なんだけど(一同笑)」

野沢「アンドロメダは、太鼓と笛とおにぎり(一同笑)」

肝付「そこで映画も上映したけど、冷房もなくて、あんまり暑いんで映写機も動かなくなって。みんなに招待券を配ってましたね。夏の日の想い出(笑)」

野沢「いまだにあの宇宙食の弁当箱はとってあります(一同笑)」

 

肝付「『さよなら銀河鉄道999』(1981)は最後に哲郎がすごく走る。あぶないなって。なかなかいいシーンでした。

 録音のとき、野沢さんは(感極まって)声が出なくなって、プロデューサーが休憩しようって。ぼくはしっかりしてたけど(笑)。それを覚えてる。(番組が)始まるときは浮き浮きしてるけど、最終回は淋しい。厭なもんですね」

野沢「『怪物くん』も、最後に怪物ランドに帰るときに帽子とって、“ヒロシーッ”って。いまだに思い出します。いっしょに帰ったよね?」

肝付「ぼく?」

野沢「いや、ドラキュラ(一同笑)」

肝付「帰った(一同笑)。王子さま連れて、4人で帰った」

銀河鉄道999 [Blu-ray]

銀河鉄道999 [Blu-ray]

 
さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]

 

【『ドラゴンボール』(1)】

 『ドラゴンボール』(1986〜1996)では、野沢氏は孫悟空・悟飯・悟天の3役を演じている。

 

野沢「『ドラゴンボール』の悟空役は、鳥山明先生が私を選んでくださって。私は、当たった作品はいつもオーディションでした。鬼太郎水木しげる先生が、鉄郎は松本先生が選んでくださいました。(初めて見たとき)悟空はしっぽがあってかわいいなって」(つづく)