読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

想い出の自選記事…

その他

f:id:namerukarada:20150701023725j:plain

 私事で恐縮なのだが、ブログを始めたのが2006年で、はてなブログへ移転したのが2014年である。半年〜1年くらいほったらかしていたことも何度かあり、おかげで9年も経ったのに、記事数は300にも満たない…。

 誰しも経験があるだろうけれど、何年も前に書いたものは、後になって読み返すと気はずかしくていたたまれなくなる。それゆえ削除したものや大幅に加筆・修正した記事も多いのだが、今回は僭越ながら、過去を振り返って記憶に残っている記事をピックアップしてみた。クオリティや反響などと関係なく、個人的な想い出の色濃いものである。「自選」などと言うと、いい気なものだという感じだけれども、『藤子不二雄自選集』(小学館)の響きにあこがれてしまったから。

 

2007

 筆者はまだ20代。このころは、アクセスしてくれるのが知人のみでした。いまでも過疎だけど…。

 

2008

 この年は大河ドラマ篤姫』のヒットで、宮崎あおいブームが。宮崎さんが帯に印刷された『初恋』(新潮文庫)が、書店に並んでいたのを思い出します。

 

2011

 映像化された『天使のはらわた』シリーズの中で、個人的に最も好きなのが原作者自ら監督した『赤い眩暈』。この記事は、揚げ足をとられて批判されました。

 

2014

 にっかつロマンポルノは、見ていてむらむらするどころか打ちのめされてしまう作品多数。この『母娘監禁』は、その典型でしょう。

 

 幼いころから好きな詩人・イラストレーターの東君平について。東君平の知名度は、もっと上がってほしい。

 

 敬愛する三谷幸喜氏をかなり興奮して論じた(!?)のに、さほどの反響もなく爆死。

 

2015

 何とも微妙な読後感を残す本について。結婚したことないので、よくわからんと言ってしまえばそれまでだが…。

 

 これからも、できるだけいろいろと書き遺していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。