読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

たてかべ和也 発言録

f:id:namerukarada:20150626223815p:plain

 テレビ『ドラえもん』(1979〜)やその劇場版にてジャイアン役を26年演じた、たてかべ和也氏。たてかべ氏が逝去して1週間以上が経つけれども、喪失感は消えない。以下はたてかべ氏の発言の中で、引用者の手元にいくつかあるものである。

 

いつもテレビでは、のび太をやっつけてばかりいるジャイアンだけど、映画になると、やさしいイイ子になっちゃう。実は、そこがモノ足りない。でも、ジャイアンのやさしいとこもあるんだって、知ってもらいたいんだ。

 これからも、ジャイアンだけを応援してくれよな」(映画『ドラえもん のび太の日本誕生』〈1989〉パンフレット)

f:id:namerukarada:20150626221636j:plain

「(原作の藤子・F・不二雄死去の報に接して)僕ら声優にとって、親も同然の方でした。先生が病気で10年も苦しんでいたというのを伺い、何も知らないでいた自分が、とても親不孝に思えます。先生が与えてくれたジャイアンというキャラクターを、一生大切にしたいです」(「週刊TVガイド」1996年10月12日号)

 

20年前にこの作品に出会って、こんなに続くとは夢想だにしなかったわけですよ。だから選ばれたことの運の良さと、素晴らしい人たちに出会えた20年だという気がするし。だいたいいつも変な役の系統なんで(笑)。でもやっているうちに、ジャイアンの人気が出てきて見直されてきて」(『20周年だよ!ドラえもんザ・ムービー』〈キネマ旬報社〉)

 

ジャイアンて映画になるといい子になっちゃうんだよね」ってよく聞かれるの(笑)。僕自身も「どうもいい子になりすぎちゃって面白くねぇ。テレビの方がいいや」なんて思ってたんだけど、大きな宇宙の中で皆と力を合わせて目に見えない敵と戦うのも、1年に1回はいいんじゃないかなと、最近は許してるんです(笑)」(同上)

 

「(藤子・F・不二雄先生は僕のことを「たてかべさん」ではなく、「ジャイアンさん」て呼ぶんです(笑)。照れくさいような、嬉しいような」(同上)

 

僕はこの年令で「若く見える」といわれるけど、これはジャイアンからパワーをもらってるんですね、あいつを僕の親友にしちゃったんだ。20年もこんなに親密につきあった男はいないしね」(同上)

f:id:namerukarada:20150626221811j:plain

僕はちょっと不見識というか、『ドラえもん』というコミックはぜんぜん知らなかったんですね。ただただ、ひたすら仕事をやって、見てもらうほうで、見る側ではなかったので、ああ、こういう作品もあるんだなあと、何の抵抗もなくこのジャイアンの役に入っていけた。しかもここに至るまでに、わりと人気も出たりで、振り返って夢のような感じがしてます…」(「アサヒグラフ」2000年3月10日号)

 

初めてジャイアンをやったとき、子供の声でやろうなんて、意識を持つのをやめようと思った。そうすると、だんだん楽に自分の声が出るようになって、いまやほとんど地声に近いんじゃないかな」(同上)

アサヒグラフ ドラえもん30年 2000年 3.10号

アサヒグラフ ドラえもん30年 2000年 3.10号

 

「(『ドラえもん』の声優交代が決まって)そういう時期に来てるんだな、と割と淡々と受け止めましたね」(「TV Bros」2005年4月2日号)

 

本音を言えば寂しいですけどね」(同上)

 

僕は新しいジャイアンとお酒を飲みに行こうと思ってたんです。でも14歳じゃ行けない(笑)。それだけが残念」(同上)

f:id:namerukarada:20150626223044j:plain

 

【関連記事】“ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト”のおもひで・『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』