読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

“ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト”のおもひで・『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』

藤子不二雄 映画

f:id:namerukarada:20150619234340j:plain

 テレビ『ドラえもん』(1979〜)の声優陣は2005年に一新されたのだけれども、その交代直前に、ジャイアン役のたてかべ和也氏とスネ夫役の肝付兼太氏のトークショー(プラス映画上映)が行われるイベント“ジャイアンスネ夫スペシャルナイト”があった。

 当時はまだブログもやっておらずメモも取っていなかったので、あまり詳しく覚えていないのだが、わずかに記憶にある範囲で振り返ってみたい。

 

 筆者の1回目の参加は2003年4月、千葉県市川市東宝シネコンにて。映画『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』(2003)と『Pa-Pa-Paザ☆ムービー パーマン』(2003)の上映前にトークが行われている。

 まずはスネ夫肝付兼太氏が登場。

「きょうのイベントも“ジャイアンスネ夫”って。“スネ夫ジャイアン”ってあんまり言わないのは、おかしいよね」

 きょうはジャイアン抜きで自分だけのワンマンショーだと宣言したところで、「何だって!?」とジャイアンたてかべ和也氏が乱入。肝付氏は「ジャイアンごめん」と言い出し、みなは爆笑。

 たてかべ氏は、結婚したことなくて独身なんだ〜と話していたのがなんとなく印象に残っている。また、たてかべ・肝付両氏による、『ふしぎ風使い』のクライマックスシーンの生での再現もあった。

 同時上映の『パーマン』の主演・三輪勝恵氏も来ており、20年ぶりにパーマンを演じるのに苦労したことなどを話していた(三輪氏の地声はそのままパーマンなので、苦労?という気もしたが)。

 上映終了は23時半を回っていた。筆者の隣の女子高生とおぼしき人は携帯で、終わったのでいまからすぐ帰るというような電話をしており、終電を逃さないために筆者も慌てて駅まで走る羽目に。

映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い/PA-PA-PAザ☆ムービー パーマン [DVD]
 

 2回目の2004年3月、今度は川崎のシネコンで『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』(2004)と『Pa-Pa-Paザ☆ムービー パーマン タコDEポン!アシHAポン!』(2004)の上映とたてかべ × 肝付 × 三輪のトークが行われた。2回目は記憶が薄いのだが、たてかべ・肝付両氏の掛け合いに、やはり笑いの渦だった。

 肝付氏は、“和也”というお酒をたてかべ氏にプレゼント。たてかべ氏は、当時出版差し止めで話題だった「週刊文春」を取り出して肝付氏に贈り、また爆笑。

 『パーマン タコDEポン!アシHAポン!』には広川太一郎氏がゲスト出演していて、大病を経験した広川氏は常に薄着で過ごすのがポリシーで、寒い季節の収録にも薄着で参加したことなどを三輪氏が語った。

 このときはトーク終了後に通路にいたたてかべ氏に握手してもらったが、観客が周囲に詰めかけ、満員電車のような状態であった。たてかべ氏は、なるべく小さな子どもと握手したいんだと話していた。

 翌2005年に『ドラえもん』の声優陣は交代し、ジャイアンスネ夫のイベントも2004年限りとなった。

 2010年、たてかべ氏は前年にがんで倒れていたことをインタビューで明かしている。別人のように痩せた姿は痛ましかった。昨2014年、映画『武器人間』(2013)の吹き替えに『ドラえもん』の新旧声優陣が結集していたが、肝付氏や旧のび太小原乃梨子氏が元気そうなのとは対照的に、たてかべ氏の声には苦しげな印象を受けた。

 きょう6月19日の夕刻、たてかべ和也氏の逝去が報じられた。今夜は『ドラえもん』の旧エピソードや『刑事コロンボ』(1971)のたてかべ氏出演のエピソードを見直して過ごしたい。合掌。

 

【関連記事】

たてかべ和也 発言録

ドラえもん映画の舞台挨拶・『ドラえもん のび太と翼の勇者たち』

肝付兼太演出・出演『おしいひと』

にほんブログ村 映画ブログへ