読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

河合美智子 × 伊地智啓P トークショー レポート・『ションベン・ライダー』(1)

相米慎二 映画

f:id:namerukarada:20150520020052j:plain

 さらわれたいじめっ子(鈴木吉和)を追う少年少女3人(永瀬正敏河合美智子坂上忍)は、横浜でやくざ(藤竜也)と出会い、覚醒剤をめぐる戦いに巻き込まれていく。

 映画『ションベン・ライダー』(1983)は、10代の冒険物語という骨格を持ちながら、世界にも類を見ない「革命的」な映画(『甦る相米慎二』〈インスクリプト〉)である。カメラがクレーンからクレーンへ移って撮る無理くりな長回し(移る際に画面はぐらぐら揺れる)、スタントを使わず俳優が橋桁から川へ飛び込んだり自転車からトラックへ飛び移ったりする過激なアクション(それを白けたようにロングの長回しで映している)、みんなで覚醒剤をまき散らして踊り狂うラスト…。

 当初は3時間45分の長さであったが、1時間58分に削ったゆえ、話の展開が何が何だか判らなくなり、加えて先述の要素もあって、『ションベン・ライダー』は結果的に驚くべき奇作として仕上がった。 監督の故・相米慎二は、前作『セーラー服と機関銃』(1981)を大ヒットさせた直後で、ヒットしたから無難な方向へ行くのでなく、過激な路線へ舵を切ったのだった。

映画の荒野を走れ──プロデューサー始末半世紀

映画の荒野を走れ──プロデューサー始末半世紀

 
甦る相米慎二

甦る相米慎二

 

 この度、『ションベン・ライダー』を手がけた伊地智啓プロデューサーのインタビュー『映画の荒野を走れ』(インスクリプト)が刊行され、伊地智作品の特集上映“相米慎二を育てた男 プロデューサー伊地智啓の仕事”が5月から渋谷にて行われている。初日には、伊地智プロデューサーとヒロイン役の河合美智子氏のトークショーが行われた。

 

 伊地智プロデューサーは、『セーラー服』や『光る女』(1987)、『お引越し』(1993)など相米慎二監督作品の過半数を製作し、他に『最も危険な遊戯』(1978)、『太陽を盗んだ男』(1979)、『死んでもいい』(1992)、『居酒屋ゆうれい』(1994)など幾多の秀作を送り出した辣腕の持ち主である。 

 河合美智子氏は、『ションベン・ライダー』にて14歳でデビュー。「ぼくは男だ!」と言うブルース役で、後述の熱海の海に入るシーンなど鮮烈な演技を見せた。その後、NHK朝のテレビ小説『ふたりっ子』(1996)では演歌歌手・オーロラ輝子役で話題をまいており、映画『恋人たちの時刻』(1987)のヒロイン役、『MAKOTO』(2005)の助演なども印象に残る。

 司会は、『甦る相米慎二』や『映画の荒野を走れ』を編纂した木村建哉氏が務める。

 

河合「スクリーンで見るのは、20年ぶり。面白い作品だと思いました(笑)」

伊地智「こんなにたくさんのお客さんの中で見るとは。たくさんの人においでいただいて、嬉しかったです。何回も見ているのに、初めて見るような気になりますね。

 『ションベン・ライダー』は相米がやろうと言ったわけではなくて、私の手持ちの企画のひとつ。『セーラー服と機関銃』の大成功の後で、これはチャンスかなって企画を相米に与えた」

 

【オーディション】

河合「オーディションで伊地智さんにお会いしているはずなんですが、怖すぎて記憶から抹消したのかな。当時は何でこんなに怖い(笑)。いつか事務所で伊地智さんに怒られましたよね。“人の目を見て喋れ”って。怖くて見られないんで、伊地智さんの眉間を見てごまかして。最近は丸くなったけど、昔は笑っていても怒って見えました。

 オーディションでは相米監督の態度が悪すぎて。最初はテーブルに足載せて、次は床にゴザ敷いて横になって、毎回行くたびに下の方になっていく(一同笑)。その印象が悪すぎて」

伊地智「オーディション当時の河合は、山の中から出てきたサルかなと(一同笑)。脚が長いので目立ってたね。他にも候補はいたけど、そっちには目が行かなくて。最後に相米と顔見合わせて、これかなって。それが河合。

 面接では、顔を合わせた瞬間にこれって決めて、後は蛇足。お喋りしながら気持ちをつくっていく。河合に票を入れたのは、私と相米。他のみんなは呆れて、何であんなサルがいいんだって。以上です(一同笑)」

河合「カメラテストで私が梯子をいちばん上まで登ったからって、相米監督が」

伊地智「走らせたり、梯子を登らせたり、いろいろな角度から見て、自分で納得していくというプロセスでした」

河合「(オーディションでは)毎週2時間かけて、東京へ来ていたんです。ごはんも食べずに待たされて、不満たらたらでしたよ」

伊地智「よく判らないね(一同笑)」

 

【撮影現場 (1)】

 河合氏と先生役の原日出子氏が釣り場から川へ飛び込むシーンには、驚かされる。

 

河合「怪我は毎日でした。びっくりしたのは(自分が)釣り場から落ちる場面。(完成映画では)何で落ちたか、判らないですよね(一同笑)。ジョジョ永瀬正敏)が厳兵さん(藤竜也)の帽子を落とす。それを取ろうとして落ちたんです。見えなくて判らない。

 1回テストで落とされたんですが、その前にぶらさがった状態が怖くて思わず手の力だけで上がり(よじ登り)ました。火事場の馬鹿力(笑)。

 原さんは当日、台本にないのに、“生徒が落ちたんだから助けるだろ”って監督に言われて(落ちる羽目に)。だからすごく怒ってました(一同笑)。

 永瀬くんも自転車でトラックに飛び移るシーンで、自転車がタイヤに巻き込まれて死にかかったって。その場にいたみんな、“あ、死んだ”って思ったと(笑)

 木場のシーンではみんな(水へ)落ちてますけど、台本では2人くらいだけなんです。水の中はすぐ下が瓦礫で、足にすごい傷ができました。私、本番中にテストとは違うところで落ちて、水中で気を失って。通りかかった永瀬くんが引っ張り上げてくれて、おかげでいまここにこうしております(笑)」

伊地智「現場に姿を見せないのが、プロデューサーの極意(一同笑)。映像見てから言う。木場を走り回るシーンで、原は邪魔だとか(笑)。やたら(画面を)横切ったり、あれは何とか目立ちたいという役者魂だね」

河合「誰かを助けようとしたんじゃないんですか」

伊地智「原はそんな顔してないよ(一同笑)。あの木場、あそこでは伊勢湾台風のときの遺体が当時まだ上がっていないと言われてた。でもそれを役者に言ったらえらいことになると(笑)

 撮影初日、ファーストシーンの現場にだけ行って、呆れて帰りました(一同笑)」(つづく)

 

【関連記事】田中陽造 トークショー レポート・『セーラー服と機関銃』(1)

ションベン・ライダー (HDリマスター版) [DVD]

ションベン・ライダー (HDリマスター版) [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ