私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

“Oldies But Goodies! 君を想う力”(高樹澪 × 大滝明利 × 影丸茂樹 × 倉持武弘 × 右田昌万 × 渋谷浩康)レポート・『少年宇宙人』(2)

f:id:namerukarada:20150417231555j:plain

【『ウルトラマンティガ』(2)】

 ウルトラマンティガ』(1996〜97)の第49話「ウルトラの星」は、往年の『ウルトラマン』(1966)の制作現場が描かれる、異色のバックステージ編。

 

倉持「(「ウルトラの星」では)円谷プロに残っていた古いミッチェルを使いました。円谷英二さん、鈴木清さんも使っていたのかな。

 (第50話「もっと高く!」は)浦安のなんちゃってモンゴル(モンゴルのような原っぱ)で撮りました」

大滝「「ウルトラの星」では、サワイ総監(川地民夫)とムナカタが怪獣談義をする。司令室が座談室になるのは厭って言ったら、そのシーン全部切られました(笑)。原田さんは長回しが多くて、台本でも長かったですけど、3分くらいでしたね」

 

 原田監督の作品ではないが、第47話「闇にさようなら」の結婚式のシーンでは、キャストみながいい笑顔だった。

 

高樹「結婚式のシーンで、普通に喜んでましたね。イルマ忘れて、めでたい!と(一同笑)」

切通「このシーンは、スタッフのエキストラが多いんですね」

 

 撮影終了後に、『ティガ』のスタッフ・キャストみなで海へ行ったのが印象深いと、原田監督はインタビューで話していた(影丸氏のみ、当日は引っ越しで行けなかったのだという)。

 

高樹「いまでも写真が残っているんですけど、ピクニックに行って、みんな洋服のまま海へ入った(笑)。どんだけ遊びたかったんだ。終わってから、影丸さんの引っ越しの手伝いに行きました。普通じゃない仲のよさ。毎日飲みに行って、私はお酒飲めなかったのに行っていました。おかしいね」

右田「『ティガ』の隊員の方たちと遊びに行くようになったのは後で、当時は脚本書きながら、隊員にあこがれているような感じでした。すれ違って、“ムナカタ副隊長! イルマ隊長!”とか。円谷プロ社員なのに(笑)」

高樹「こうやって残っていくって、すごいことですね。私たちの中で原田さんが生きているということで、私たちの次の世代につないでいけたら。

 『ティガ』のころにイトーヨーカドーとかを普通に歩いてたら、お母さんは気づいてないのに、3、4歳くらいのお子さんがあっとこちらに気づいて、“しっ”とやったら“うん”って(笑)。最近も29歳くらいの男の人が、私が芸能人ってことを知らなくて、あるとき高樹澪だって言ったら、“あっ、おれ見てました!”って。ちょっと株が上がった(笑)。責任重大ですよ、これから気をつけていかないと」

影丸「この本は、原田さんの歴史をいろいろな人がそれぞれのスタンスで喋ってる。台本みたいに起承転結がある本じゃないけど、感動してしまって。ひとりの人間は、こういうふうにいるんだと涙が出てしまいました」

【『ウルトラマンダイナ』】

 『ウルトラマンダイナ』(1997〜98)では、本の表題になった第20話「少年宇宙人」、第13話「怪盗ヒマラ」などを手がけ、原田監督のファンタジー志向が色濃くなった。第46話「君を想う力」では、女性隊員(斎藤りさ)と幼なじみの男性(右田昌万)との交歓が描かれる。幼なじみ役は、脚本の右田氏が好演。

 

右田「『ダイナ』当時、原田さんが42歳。自分を振り返って、あそこまでどんと来いという感じは…。大人、お父さんっていう感じで。脚本家が出るっていうんで、当時高野宏一さんに大丈夫かよって言われたから、“右田くらい撮ってやるよ、っておれは返したよ”って」

倉持「この役は脚本家の右田くんがやるっていうことで、脚本家が?っていう反応もあったんですよ。この現場は松本で、雨も降ったけど原田さんはにこにこしてました。右田さんが緊張しないようにロングで、カメラも望遠で撮りました。あの役は右田さんでないとできないですね」

右田「原田さんは、普段のあなたでやってくれと。役者は普段の自分が大事。あの経験は自分には大きくて、演技しないことが演技だなって」

倉持「よく言ってたのが、台詞は俳優が一生懸命やるから、どう撮ってもいい。それより、台詞のないときをどう撮るか。スタートすると、俳優さんがすぐ言い始めちゃう。まだ言うな、何カットか撮ってから台詞喋れ、とか。『ウルトラマンガイア』(1998〜99)だか『ウルトラマンコスモス』(2001〜2002)だかで、“お前はただ立ってろ”と。台詞もアクションもなく、あれは難しい。“できないときはつば飲み込め、まばたきしろ”って。その人の持っているものを出そうとしてました。ある人にとっては厳しいだろうし、ある人にとっては優しい」

大滝「いま倉持さんが話しているとき、原田さんが来た感じがしましたね。霊感ないけど(笑)」

倉持「現場でいっしょに飲みに行くようになったのは『ダイナ』から。私は無趣味で酒飲むくらいだけど、監督は多趣味な方でしたね」

 原田監督は、つづいて『ウルトラマンガイア』、『ウルトラマンコスモス』も撮っている。『コスモス』には、影丸氏や右田氏も準レギュラーで出演している。

 

影丸「『コスモス』のキスシーンでは、メガネが取れてハプニング(笑)」

大滝「ハプニングと言えば、(『ティガ』の第30話)「怪獣動物園」では不破万作さんのパンチが多香美ちゃんに当たって(笑)」

影丸「『コスモス』の医師役は、脚本家の人がいじってくれるキャラ。隊長の嶋大輔さんがうらやましがってましたね。

 『コスモス』では、ぼく以上に監督が愉しんでて、倉持さんと話してました」

 

 『コスモス』の主演・ムサシ隊員役の杉浦太陽氏は、原田監督に鍛えられたという。

 

渋谷杉浦太陽くんは、本にも書いてありますけど、『コスモス』ではすごく苦しんだ。でも自分にとって原田監督は思い出の先生”だと。つらいい出だったけど、“原稿はお任せします”ってノーチェックだったから、切通さんは感動したっておっしゃってて。『ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』(2015)の舞台挨拶で最近会ったときも、“そうなんですか、ぼくは大丈夫ですよ”って」

 

 『コスモス』の第57話「雪の扉」では、ゲストの天本英世氏が名演を遺した。

 

倉持「ゲストが天本英世さんでみんな緊張してたら、終わった後で“円谷英二さんにはお世話になった”と挨拶していただいて、監督もあんなふうに言ってもらえて最高だねって」(つづく)

 

【関連記事】小中千昭 × 切通理作 トークショー“もっと高く!”レポート・『光を継ぐために ウルトラマンティガ』(1) 

少年宇宙人 ~平成ウルトラマン監督・原田昌樹と映像の職人たち~

少年宇宙人 ~平成ウルトラマン監督・原田昌樹と映像の職人たち~

 

にほんブログ村 本ブログへ