私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

園子温 講演会“地獄でなぜ悪い けもの道の歩き方”レポート・『けもの道を笑って歩け』(2)

f:id:darakarumena:20140425023925j:plain

【最新作『地獄でなぜ悪い』】

 『地獄でなぜ悪い』(2013)で長谷川博己くん演じる、夢を追う男。ぼくの分身ですね。

 

 それと、ぼくは女性で大変な目にあったことが多い。ある女性とつきあって2年後くらいに電話がかかってきて、

「したでしょ」

「したけど」

「すぐ来い。来ないと黒い車が何台も来るぞ」

 行ってファミレスで会ったら、

「私は組長の娘です。レイプされたことになったんです」

って言われて、お前ハメたな、いやこっちがハメたのか(一同笑)。

 ファミレスの外には黒い車がずらっと並んで、(鍵でなくて)暗証番号で入るビルに連れて行かれて、これじゃもう逃げられない。

「やったのか!?」

と言われて、一瞬考えて、

「やりました」

と言ったら、彼女が目を伏せた。組長はレイプでないと気づいて、

「いい人じゃないか、送ってやれ」

と帰してくれた(一同笑)。

 そういう経験をもとにして、『地獄でなぜ悪い』をつくりましたね。

 

【デビューのころ】

 学生のとき、バンドを組んでデビューしたかったんです。6時間授業がつまらなくて、(その間に)詩を書いてた。最初は“ぼくは君を愛してる リフレイン3回”とか書いて(一同笑)。そのうち「現代詩手帖」(思潮社)に応募して、入選したりしました。でもいまの詩人には有名な人もいないし、そこには混じりたくなかったんです。

 

 自分は言葉の人という思いがあって、映画監督に居心地の悪いときがありますね。自分はデスクワーク向きというか、映画に向いてないという気がする。

 

 当時はパソコンがないから、ノートに自分で書きました。殴り書きで、怒ってるときは筆圧がすごい。気持ちが優しいときは丁寧に書いて、でも活字になると、同じ明朝体になってしまう。これっていやだなと。

 街角の伝言掲示板に自分の詩を書いて、写真を撮ってたんですが、すると通行人の動きが面白くて、8mmで撮りたくなる。それで、自分が詩を喋ってるところを8mmで撮ったんです。多摩美術大学ほしのあきら先生のところへ持って行ったら、面白いと言われて、ぴあフィルムフェスティバルで入選しました。『俺は園子温だ!』(1985)っていう作品で、自分にカメラを向けて撮るのは、自主映画では珍しくて斬新だったみたいです。(ぴあフィルムフェスティバルで審査をしていた)大島渚さんに、「25にもなって映画やろうか迷ってるなんて、そんなやつはろくなもんにならんぞ」って言われちゃって。それで『自転車吐息』(1990)を撮るんですが、その頃は映画にも飽きてしまって…。

 

【東京ガガガの時代】

 あるとき、歩行者天国を歩行者地獄にしてしまおうって(一同笑)、(パフォーマンス集団の)“東京ガガガ”を始めました。

 1993年に始めた当初は10人くらいで巨大な横断幕を張って、やがて2000人になった。

 

 ハチ公増殖計画っていうのがあって、夜中に渋谷のハチ公を型取りして、触っても判らないくらい正確なハチ公をつくって、ちょっと離して設置。待ち合わせの人が迷うのを見て愉しむっていう(一同笑)。

 野外演劇として、交差点で突然家族が(こたつに座って)煮物をつつき始めるとか(笑)。

 無意味・無目的・無宗教なので、(警察に)デモ申請をしても、「思想がない」と許可が下りませんでした(一同笑)。そのうち、渋谷警察署の人ともカラオケ行くくらい仲良くなった(笑)。

 

 最大で2000人くらいいたんで、これで映画がつくれるって思って『BAD FILM』(1995)をつくりました。いまのヘイトスピーチみたいな、未来のネオ東京で、中国人と日本人が争ってるっていう設定です。ガガガの中に中国人がいるからできたんですね。満員電車の(中で揉める)シーンも、(出ているのは)みんなガガガの人間です。新宿アルタ前で怒鳴り合うシーンをゲリラ撮影したり。 一水会鈴木邦男さんから街宣車を借りて、“犬も歩けば棒に当たる”” “親を大切にしろ”とか意味もない言葉を掲げて撮った(一同笑)。右翼の人にも評判よかった(笑)。いま思うと危険な映画ですね。ぼくはまだ完成したとは思ってなくて、また編集して、来年あたり『BAD FILM』を完成させたい。

 いまも税務署やホールの支配人、おまわりさんにも元ガガガの人がいますね。やがて革命が起こせるかな(笑)。

 

【自主映画と『自殺サークル』 (1)】

 『BAD FILM』で映画に復帰するけど、お金はないので自主映画しかできない。そこで、例のハチ公を使って『うつしみ』(1999)をつくりました。

 あの頃はテレビの『電波少年』がブームで、AVも面白くて、どうしたら映画がこれらと対等になれるかって模索してた。『うつしみ』では、(主人公の)女子高生が片想いの相手のところへ、ハチ公を運んでいく。その周りに、サクラは10人くらいいたけど、やがて他の通行人も、「おれの待ち合わせ場所を持っていくな」って言ってくれたり(笑)。(主人公が)「私だって男と待ち合わせしたい!」って叫んだら、みんな役者じゃないのにシーンとなって(笑)。

 

 このへんで、自主映画をやってても埒があかないと。サンフランシスコへ行って、乞食をしてました。チャイナタウンで寝ていたら、ばりっとした白人が100ドル札をぼくに向かってばらまいた。やがて白人は、「出しすぎた」と後悔したみたいで、戻ってきて拾ってた(一同笑)。自分も拾えばよかったと思ったけど、あのとき拾っていなかったプライドを支えにして、20世紀の終わりを生きました。

 そして商業映画デビューしたら、人に嫌われて、観客が怒るような映画にしようって思いました。怨念ですね。(つづく)

けもの道を笑って歩け

けもの道を笑って歩け

 

にほんブログ村 映画ブログへ