私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

宝田明 × 星由里子 トークショー レポート・『ゴジラ』『モスラ対ゴジラ』(2)

f:id:darakarumena:20140814145928j:plain

【『モスラゴジラ』などの想い出】

 星由里子さんは、『世界大戦争』(1961)にて宝田明さんと初共演。世界中で核戦争が巻き起こるSF映画であり、『ゴジラ』(1954)の円谷英二特技監督を務めた。監督は、『太平洋の嵐』(1960)などの戦記映画で知られる松林宗恵である。

「私は、“ミスシンデレラ娘”というコンテストで(この世界に)入ってきて、司葉子さん主演の『すずかけの散歩道』(1959)でデビューしました。

 『世界大戦争』は、ゴジラの前でしたよね。地球が破滅するお話でした。宝田さんと恋人役で、横浜のホテルで初めて結ばれる。フランキー堺さんと乙羽信子さんが両親で、私たちのことを“あいつら!”とか言ってて、結ばれてみな破滅していく。

 宝田さんは、当時からもててましたね。私はまだ18歳、私にもそんなときがあったんですよ(笑)」

宝田「モールス信号で、愛を言い合う。あれが悲しい」

「試写では、スタッフはみんな自分の(関わった)ところしか見ていない。だから普通は反応がないんですけど、でもみんなあのシーンには泣かされたって。宝田さんのおかげですね」

宝田「あれは松林さんの代表的な仕事ですね。この後、星さんと『旅愁の都』で共演したんだったかな」 

モスラ対ゴジラ  【60周年記念版】 [DVD]
 

 星さんは、『モスラゴジラ』(1964)では新聞記者役。モスラと交信できる妖精役は双子のザ・ピーナッツが演じた。身長30cmという設定で、それゆえ星さんとの共演シーンは合成である。

 

「『モスラゴジラ』では、当時人気絶頂だったザ・ピーナッツさんが出られていて、スタジオでのピーナッツさんの撮影はよく見に行きました。きのうもBSでピーナッツさんの映像を見て、なつかしいなと思っていて。

 撮影のときは、お人形さんを見ながら芝居していました。結髪室ではピーナッツさんと席を並べてまして、そちらでお目にかかっていましたけど」

宝田「だいたい目線はこのくらいって言うけど、なんとなく合わない。だから人形をつくってくれと、本多猪四郎さんに頼んでつくってもらいました」

 星さんは『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000)では科学者役を演じた。

 

「35、6年経ってから、田中美里ちゃん主演のに出ました。あれも題名が覚えられないんですけど(一同笑)。科学者役で、出世しましたよ。台詞が難しくて、自分でも何だかよく判らない(一同笑)。志村喬さんの映画を見て勉強しました。田中美里ちゃんがゴジラにまたがるシーンでは、びっくりしましたね」

 

【役者のエピソード】

怪獣大戦争 【60周年記念版】 [DVD]

怪獣大戦争 【60周年記念版】 [DVD]

 

 『怪獣大戦争』(1965)では、宝田さんは『理由なき反抗』(1955)などで知られるニック・アダムスと共演。ふたりとも宇宙飛行士役であった。

 

宝田「ニック・アダムスは、日本へひとりで来て、遊びたくて仕方がない。“紹介しろ”って言われて、そこから先は失礼だから何も言えない(一同笑)。

 当時ミュージカルをやるんで、ボーカルスコアがほしいってニックに言ったら、帰国してすぐ送ってくれました。そういう律儀な男でしたね。若くして亡くなってしまいましたけど。

 黙ってむっつりした女優さんもいるけど、星さんはいつもケラケラ笑ってましたね」

「たかちゃんは背が高くて、転ばないようにって優しくしてくれて。東宝の演技課が、宝田さんには気をつけるようにって。いつも“足下に注意して”とか言うからそういうのに乗るなと。特に何もなかったんですけど(笑)」

宝田東宝が、お前は女優さんにちょっかい出しちゃいかんと。だからこっちは自粛してたら、(同じ東宝の)高島忠夫寿美花代と! あれは何だ(一同笑)。青山京子は日活の小林旭に持っていかれて(一同笑)」

「(話題を変えようと)宝田さんは何本ゴジラに出たんですか?」

宝田白川由美二谷英明と! 東宝はからっぽですよ(一同笑)」

 

【その他の発言】

宝田「初代『ゴジラ』以来いろいろ出たけど、他の怪獣にはあまり興味ないですね(一同笑)」

「『モスラゴジラ』で、(モスラの)双子が生まれたでしょ。あれは(双子の)ピーナッツさんにかけた洒落なのかしら」

宝田「(思い出したように)ああ、物陰にぴゅっと隠れる。あれかわいいよね!(一同笑)」

「(『三大怪獣地球最大の決戦』のスチールを見て)あ、私これにも出てるんですか?」

宝田「(『怪獣大戦争』のキングギドラを見て)この首3つあるやつは何だっけ? あ、ニック・アダムスと出たのか…。もっと若いときに話せばよかったね。われわれ老化してるから覚えてない(一同笑)」

 

宝田「アメリカもすごい人気なんですよ。今年の5月にニューヨーク、ロサンゼルス、ケネディが死んだダラスに行ったんですが、サイン会が長蛇の列で、腱鞘炎になるくらい、ゴジラに関するあらゆるものにサインしました(笑)。子どものころに初代『ゴジラ』を見たという70歳前後の人がお孫さんをつれてきたりね。

 ロサンゼルスのチャイニーズシアターにスターの手形があるんだけど、ゲイリー・クーパーマリリン・モンローといっしょにゴジラの足跡があるんだよね。自分も10万ぐらい払えば、入れてもらえないかな(一同笑)」

 

「音楽の伊福部昭先生が亡くなる前に、紀伊國屋で演奏会があって、私は花束を持って伺いまして、素晴らしくて聴いていて涙が出ましたね。

 そう言えば、宝田さんも出ていらした『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(1962)。音楽が伊福部先生でしたけど、討ち入りがゴジラの音楽でした(笑)」

忠臣蔵 花の巻・雪の巻 [DVD]

忠臣蔵 花の巻・雪の巻 [DVD]

 

宝田ゴジラは壊しながら、彷徨しながら、ペーソスがある。彼自身も被爆したという過去があるから哀しみがあって、単なるこわもて、極悪非道な猛獣ではない。プロデューサーの田中友幸も聖獣と言ってましたね。人間を懲らしめるために神が使わしたと思えてならないですね」

f:id:darakarumena:20140814145236j:plain

 終了後はサイン会。宝田さんには『伊丹十三の映画』(新潮社)のインタビューページにサインしていただいた(ご本人も「ああ、伊丹のね…」)。おふたりの元気さに圧倒された一日であった。