読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

中野昭慶 × 島倉二千六(島倉仁)× 三池敏夫 トークショー レポート・『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(3)

中野昭慶 映画

【背景美術家 島倉二千六の軌跡 (2)】

島倉「最初は洗い物とかの下働きで、道具を持たせてもらえない。師匠は鈴木福太郎さんっていう東宝の背景美術の怖い人です。おれだったらここのハイライトを強くするのになとか、思いながら見ていました。初めて描いたのはもう忘れたけど、鈴木さんがいなくて、描いてみたら“あっ描けるじゃないか”って認められた。それがきっかけですね」

 

中野「(背景の)雲の絵は普通なら使い回す。でもこのために(セットの後ろに)描いてる。(屋外のセットでは)ツバメが飛んできて、ホリゾントにばーんと体当たりしちゃう。ツバメも島倉さんの絵にだまされる」

島倉「(雲は使い回しで)別のカットにも使うから、印象に残らない雲にしないといけない。

 特撮の仕事では、徹夜で朝寝ていて、本番の爆発の音で目覚める(笑)。セットが代わる度に空とかを描いていたので、10日くらい家に帰らなかったり。映画界にこういう仕事があるって、一般に知られてないですね」

島倉「『連合艦隊司令長官 山本五十六』(1968)でもここを描きものにするのか、とか円谷英二さんの発想はほんとにすごい。頼まれただけでも嬉しいですね。『キンゴジ』ではロケのタコの(背景の)絵を描きました。『フラバラ』は山とかを描きました。空は鈴木さんですね」

中野「円谷さんは、やっぱり変えようとか、すぐ言う。曇天をピーカンに変えてくれ、あしたまでとか」

島倉「背景はゴリゴリしていて凹凸がある。でも離れてみると、リアルに見えたりしますね」

中野「彼の仕事を近くで見ると、何が描いてあるのか判らない。でも離れてみると見事な雲なんだ。並みじゃないよ」

 

 昭和の特撮映画では、怪獣たちの最終決戦が富士の裾野で行われることが多かった。対決を見守る背景の富士山は、島倉氏の手による。

 島倉「『三大怪獣地球最大の決戦』(1964)とか、富士山はよく描かされましたね。1回機材車に登ったら、1色2色で描く。調整する余裕がないから、1回登ってずっと描いていました。若いからできたんですね。富士山だけは自信があります(笑)」 

怪獣総進撃 【60周年記念版】 [Blu-ray]
 

島倉「『怪獣総進撃』(1968)では、9メートルの富士山をひとりで描きました。雑巾みたいな大きな刷毛を竿に付けて描くんですけど。富士山は、(山頂の)雪がないと富士山に見えないんですね。そこがないといけない」

中野「島倉さんは、どこから見た富士山かと判るのがすごい。この人の絵は、富士山が喋ってるというか。雲も喋ってるね。島倉さんの雲は、そこに向かって飛行機を飛ばすと、登場人物の思いを語ってくれる。絵心だけでなくて、映画が判っている」

島倉「(笑)中野さんの(特技監督昇進後の)作品は、ほとんどやらせてもらいました」

 

 中野監督のほか、東宝川北紘一特技監督とも組んでいる。

 

島倉「川北とは、よく喧嘩した。『さよならジュピター』(1984)のときとか、“まあ、いっかなー”とか偉そうに言うから、“もうやらねえ”って(笑)。でもその後も何度も仕事しましたね」

 

 青空や富士山だけでない、ユニークな領域の仕事もある。 

宇宙からのメッセージ [DVD]

宇宙からのメッセージ [DVD]

 

島倉東映の『宇宙からのメッセージ』(1978)の大きな地球、これは一晩でしたね。特撮監督の矢島(矢島信男)さん、変な人でした(一同笑)。『さよならジュピター』では、木星も描きましたね

 川北の『零戦燃ゆ』(1984)は、空から見た地面を描きました。ガラスに雲を描いたり、描きものはなんでもやりましたね」 

モスラ 【期間限定プライス版】 [DVD]

モスラ 【期間限定プライス版】 [DVD]

 

 蛾の怪獣モスラの美しい翅は、島倉氏のデザインである。

 

島倉「『モスラ』の翼は、美術の渡辺明さんに描いてみろって言われて5つぐらい描いて採用された。(複雑なので)いまはもう描けないね(笑)」

 

 テレビ作品でも、これが島倉氏のものかと驚かされる。

 

島倉「『ウルトラセブン』(1967)の富士山にかかる雲は、私が描いたんですよ。このころは、昼は東宝(の映画)、夜はテレビ」

 

 『宇宙からのメッセージ』の矢島信男特撮監督によるテレビ『宇宙刑事ギャバン』(1982)や『宇宙刑事シャイダー』(1983)などの異空間・マクー空間や幻夢界の空は好きなように描いてくれと注文があったという。

 

島倉「こういうのは描きがいがあって、リアルな空より面白いですね」

f:id:darakarumena:20140717120103j:plain

f:id:darakarumena:20140717120111j:plain

 特撮メインでない意外な作品でも、島倉氏の多彩な仕事が堪能できる。

ねらわれた学園 デジタル・リマスター版 [DVD]

ねらわれた学園 デジタル・リマスター版 [DVD]

 

  『瞳の中の訪問者』(1977)、『ねらわれた学園』(1983)といった大林宣彦監督作品にも参加。『ねらわれた学園』での峰岸徹の身体に眼が描いてある異常な姿は忘れ難い…。

 

島倉峰岸徹さんにボディペインティングって言うんですか。次の日には消さなきゃいけないから、別の日にまた描いて(笑)。

 市川崑さんの『四十七人の刺客』(1994)と『犬神家の一族』(2006)もやったんですが、市川崑さんは背景画が好きじゃなかったですね。『犬神家』のときは、『四十七人』のときのあの人って頼まれた」  

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

 

 三谷幸喜監督の『ザ・マジックアワー』(2008)のタイトルロールである夕空も、島倉氏の手による。 

 

島倉「『マジックアワー』では、三谷監督も描いてるところを見に来てた。離婚する前だから、夫婦で来てましたね(笑)。これは(美術の)種田陽平さんの関係です」

 

 近年も『巨神兵東京に現わる』(2012)や舞台、CM、“島倉仁”の名での画家としての活動など、島倉氏は現役ばりばりである。

 

島倉「いま外で描くとき、風がいちばん怖いです。やりづらい。朝早く行って明るくなると始めるんですが、風が出るとやめなきゃいけない。なんとかやっちゃうけど」

三池「島倉さんは、絶対にスケジュールを守る。きょうは体調悪いとか言わないですね」

 

 DVDでは見ていた『フラバラ』をスクリーンで初めて鑑賞できて、中野・三池両氏の話術を堪能し、島倉氏のあまり聴く機会のない話に触れられて、実に面白いトークショーであった。

僕らを育てた背景のすごい人

僕らを育てた背景のすごい人