読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

原恵一 × 安藤真裕 トークショー レポート・『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(3)

原恵一 映画

f:id:darakarumena:20140425013500j:plain

【『暗黒タマタマ』以後のしんちゃん (2)

 第7作『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』(1999)では、ゲストの温泉の精役の声を故・丹波哲郎が好演。往年の特撮映画のねたなど、かなりマニアックな内容であった。

 

「『温泉わくわく』、これが興行は最低でした。丹波さんの力を持ってしてもダメだった。安藤さんには、野原一家が火の玉になって突っ込むシーンをやってもらいました」

安藤「うわ、短いけど大事なシーンだから気楽にできねぇって思いましたね」

「安藤さんには、ちょっとでも関わってもらいたいと思っていて。(スタッフだった)安藤さんも湯浅さんも、みんな監督になっていって、ぼくとしてはちょっと淋しいですね」

 

 第9作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001)の大好評を経て、第10作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002)ではシリアスな時代劇に挑戦。この作品をもって、原氏は映画『しんちゃん』の監督を退く。

 

「『クレヨンしんちゃん 雲国斎の野望』(1995)でやり残したっていうか。前の『オトナ帝国』が興行的にもよかったので、やりたいことができる状態ではあったんです。

 (映画『しんちゃん』では)毎年濃密な時間を過ごしたなって、いい想い出として残ってるね。自由度の高さが、ありえないくらいでしたから。日常ありアクションありで、どんな分野が得意なスタッフにも居場所がある。シリアスの後に笑いのシーンもあって、何の脈絡もないというか(笑)」

カラフル [DVD]

カラフル [DVD]

 

【その後の作品】

 しんちゃん以後、原監督は『河童のクゥと夏休み』(2007)、『カラフル』(2010)、『はじまりのみち』(2013)を発表している。

 

安藤「『河童』は、原さんそのものみたいなフィルムでしたね。仁王立ちしてるというか、男らしいですね」

「嬉しいこと言ってくれるね(笑)」

 

 『カラフル』は、長年在籍した制作会社・シンエイ動画を初めて離れての仕事であった。

 

「シンエイでは、作品が決まっている情況で(企画が)降りてくる。キャラクター開発に関わったことはなかったんで、『カラフル』では、ああ単発のアニメはキャラからつくるんだなって。

 スタッフみんなに“キャラに特徴がある” “描きにくい”って言われて、そんなに言わなくても(笑)。よくあんな地味なシーンを描いてくれた(笑)」

はじまりのみち [DVD]

はじまりのみち [DVD]

 

 原氏が私淑する巨匠監督・木下惠介を描いた『はじまりのみち』では、実写映画の監督・脚本に初挑戦。

 

「『はじまりのみち』では、依頼があったときにあの題材が決まっていた。(木下監督が)病気のお母さんを疎開させる話で、困りましたよ、それだけで?って(笑)

 ちょうどそのとき、暇だったんですよ。『カラフル』の次回作がなかなか決まらなくて、近所を自転車で走り回ってた。おれの将来どうなるのかなって思いながら(笑)。それで依頼があって、やってみようと。

 原作は監督が書いた短いコラムで、つくっていくうちに、便利屋(濱田岳)とか(木下監督の)『陸軍』(1944)をからめたりして、膨らんでいったんです。

 撮影が始まるまで怖かったよ。どんな現場になるのか、ビクビクして、無我夢中でした。ガンガン指示できないから黙ってたら、スタッフに“落ち着いてるね”って言われて。得ですね(笑)

 『しんちゃん』のころは、毎年終わってよかったなって思ってた。でも『河童のクゥ』とかになると喪失感でぽっかり空洞ができちゃって、出来上がって嬉しかったはずなのに、何でこんなに淋しんだろうって…」

 

【その他印象に残った安藤真裕氏の発言】

安藤「ぼくのなかでは、原さんはザ・監督。(現場では)内心の揺れを見せずに、ジャッジしていく。(自分も最近監督していて)そうなりたいと思いますね。あと、人の腕が切れたときはこうするとか、時おり見せる変態性が…(笑)」

 

安藤「原さんはテレビアニメとか見てないんです。“大きい目玉の女の子がキャピキャピしてるんでしょ”って(笑)」

 

安藤「アニメーターってアスリートに似ていて、本番で投げるためには、毎日練習しなきゃいけない。止めた途端にできなくなる。いまは演出する時間が長くなってるから、前はすっと描けたのに描けなくなってる。原さんから(スタッフとしての)オファーがあっても、あのころのおれじゃないみたいな(笑)」

 

 原恵一監督は、語り口は静かだが、随所に意志の強さを感じさせた。

 安藤真裕氏のお話を聴くのは今回初めてだった。筆者が見た作品の中で安藤氏が担当されたというシーンは特に強烈に印象に残っているけれども、ご本人は実に穏やか、朗らかな話しぶりだった。

 実に濃厚なトークで、行って良かったと思う。