読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

原恵一 × 安藤真裕 トークショー レポート・『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(2)

f:id:darakarumena:20140425013832j:plain

【『暗黒タマタマ大追跡』】

 そして、第5作『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(1997)にて、原恵一氏は監督に就任。それまで『エスパー魔美 星空のダンシングドール』(1988)、『ドラミちゃん アララ少年山賊団!』(1991)など中篇作品の監督を務めていたが、100分近い長編作品はキャリア初である。 

「『暗黒タマタマ大追跡』までの4本は、ファンタジー色が強かった。だから違うものを持ってこようと。現実的な舞台で、ロードムービーをやろうと思ったのがきっかけです。

 監督の仕事には、ストーリー全体を見るっていうのと、子どもが飽きないようにギャグを入れてくっていうのがある。本郷(みつる)監督の下で(演出スタッフとして)やっていたときとの違いはそれですね。

 本郷さんの4本あっての作品で、違う方向へ行こうとは思っていたけど、つくっていて空回り感がありました。慣れてないから(監督として)全体を見られていなくて、出来上がって自分で呆れました(笑)」

安藤「でもいびつな映画だけど、原さんのエキスが出ているので好きですね。参加した甲斐があった」

「いまは『暗黒タマタマ』って大好きな作品です。でも当時はやっちまったなって(笑)。安藤さんと(設定デザイン・原画の)湯浅政明さんは、面白いって言ってくれたんですけどね。

 (挿入歌は)コンテを書いてるときに、ああここにこの曲が流れたらなって思って、実行してしまったと(笑)。三波春夫のシーンは、安藤さんに“いつまでやってんだ”って呆れられたんですけど」

安藤「興行(成績)が微妙に下がっていって、毎年打ち上げではこれでラストかなって言ってました。(この『暗黒タマタマ』が)ラストしんちゃんかなと思ってて、まさかその後15年もつづくとは(笑)。

 いつもは2月くらいに入るけど、少し早く、成人の日くらいに始めた。100カットくらい入ったので、1本の映画の中の担当分としてはMAXです。しんちゃんのことだけ考えて、これがラストと思っていたので(笑)、悔いのないようにと」

「青森から東京へどうやって出て来るか。尺が足りなくて、結局あっという間に出てくることにして、(原画の)末吉裕一郎さんに好きに描いてくださいとお願いしました。末吉さんにとっては、転機だったみたいですね」

 

 アクションシーンは、テレビの『しんちゃん』のイメージで見ると驚くほどの迫力である。

 

安藤「演出家によっては、殴り合うからおまかせみたいな人もいるけど、原さんはアクションの殺陣も細かく考えてくれる。演出家があれだけ考えてくれるから、やりがいがありました」

「おれも意地になってて、ろくに考えない監督が多いと思っていて。当時はプロレスとか格闘技をよく見ていたので。(完成した映画では)おれが思っていた以上に、(劇中で若い女性を)思いっきり叩き付けてて(笑)。

 銃はベレッタってのを調べて。キャラデザの原勝徳さんが、(銃が)好きだったんですよ」 

f:id:darakarumena:20140425013854j:plain

 おねえキャラの三兄弟などのゲストキャラや舞台設定にも、こだわりがある。

 

「珠由良七人衆は、名前も見た目も『七人の侍』(1954)ですね。いつ思いついたのか。全然許可は取ってない、同じ東宝だからいいかなって(笑)。このころは、東宝の人から感想が来なかった。

 (クライマックスの舞台となる)お台場のあのへんの景色が好きだったんですね。『エスパー魔美』(1988)のころは荒涼としてたんだけど、『暗黒タマタマ』のときは開発が始まってて、ビルがだんだん建っていって、近未来的な街でいいなって」

安藤「以前原さんと食事したときに聞いた“あれが好きだ”って話が、みんな入ってるなーって思いましたね。“旅したいな”とか(笑)」

 

 原作の故・臼井義人氏が、劇中に何の脈絡もなく登場(声も担当)。まずカラオケで唄うシーンで顔を見せた後、後半ではお台場でのクライマックス直前に出てきて殴り倒される。臼井氏はこれ以後のシリーズの2本にも出演し、毎回殴られている。

 

「原作者に出てもらうっていう予定はあったけど、カラオケは予定どおりで、お台場で殴られるのはコンテ(の段階)で突然思いついた(笑)。

 テレビシリーズをつくっていても、尺が足りなくなりがちでした。初めて中篇(映画)をやったときも、同じことになった。『しんちゃん』は90分(長編映画)だけど、同じことで。長くなればなるほど好きにできるかと思ったら、やっぱりカットしなきゃいけなくなる。

 『河童のクゥと夏休み』(2007)では180分と思っていて(笑)、制作委員会とぼくとでせめぎあいがありました」

f:id:darakarumena:20140425013914j:plain

【『暗黒タマタマ』以後のしんちゃん (1)】

 原監督は、第5作『暗黒タマタマ』から第10作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002)まで脚本・監督を務めた。安藤氏は、第8作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』(2000)まで原画を担当。

 

「第6作『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』(1998)では余裕が出てきて、気楽に愉しくつくれました。前作はドメスティックな内容でしたから、今回は海外ロケで、舞台も派手にしようと。(ゲストキャラは)ミシェル・ヨーのイメージです。

 安藤さんのパンチのシーンは、本当に痛そう。あの(『しんちゃん』の)絵で重量感を出せる人はいないです。アニメーターとしては、超A級。いちばん好きなひとりですね」

安藤「このときは(ミシェル・ヨーの)『ポリス・ストーリー3』(1982)がいいんだよーって言われましたね(笑)」(つづく) 

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 [DVD]

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 [DVD]