私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

山田洋次監督 トークショー レポート・『二階の他人』(1)

f:id:darakarumena:20140425021549j:plain

 映画『男はつらいよ』シリーズ(1969~1995)などで知られる山田洋次監督は、日本の映画監督としては最も知名度が高いひとりであろう。昨2012年には、文化勲章受章。現在は新作『小さいおうち』(2014)の公開直前である。

 12月から東京国立近代美術館フィルムセンターにて、回顧上映“映画監督 山田洋次”が開催され、54本の作品が上映される。12月3日にはデビュー作『二階の他人』(1961)の上映に合わせて、山田監督のトークショーが行われた。

 『二階の他人』はSP(シスターピクチャー)という形式(2本立ての1本)で制作された中篇映画である。

 借金をして家を建てた若い夫婦(小坂一也、葵京子)が二階を人に貸すが、最初の下宿人(平尾昌晃、関千恵子)はいっこうに部屋代を払おうとしない。彼らを追い出して今度は羽振りの良さそうな下宿人(永井秀明、瞳麗子)を迎えるのだが…。

 筆者は、今回初めて『二階の他人』を見てみて、処女作とは思えないつくりの巧みさ、老成ぶりに驚かされた。後半のクリスマスパーティーのシーンでの、

「私ってばかみたい」

「人間はみんなばかだ」

という台詞のやりとりには達観が感じられる(原作にあったものか映画オリジナルかは不明だが)。

 上映後に壇上に現れた山田洋次監督は、しっかりとした足取りと高い声が全く年齢を感じさせない(メモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや、整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)。

 

山田「50年前のささやかな映画に、大勢の方が見に来てくださって、びっくりしています。想い出はいっぱいありますね、うーん…。

 SPは新人俳優の力量を試すもので、それを(他の作品の)併映として上映していて、そうやって(映画づくりを)勉強できたんですからいい時代でした。SPでいちばん有名なのは、大島渚くんの(デビュー作の)『愛と希望の街』(1959)ですね」 

f:id:darakarumena:20140425021605j:plain

【『二階の他人』制作の経緯】

山田「ぼくの師匠の野村芳太郎さんが“いい推理小説があるよ。これをひねると喜劇になるぜ。ぼくが脚本を書くよ”って言ってくれて」

 

 原作(多岐川恭)は推理小説だった。脚本は山田監督と師匠格の野村芳太郎監督の連名になっている。

 

山田「いろいろな制約があって、予算はこれくらいでって言われて、だから地方の長期ロケはダメですね。制作(期間)も1か月くらいかな。フィルムの使用量の制限もあって、(この映画は)全部で6000フィートで、(撮影に)1万フィートくらい使ったかな。フィルムを制限すると費用が安くなると、映画会社は思ってた。撮ってて、カットをかけた後も少し写したりするし、NGもあるし、ケチケチしながら撮りましたね。

 (映画の舞台になった住宅地は)上大岡っていう、いまは立派になってますけど、このころはまだ宅地造成中です。この時代、東京郊外はああでしたね。(外観は)実際にあった家のロケーション、室内はセットですね」

 

 『二階の他人』のスタッフはみなベテランであったという。

  

山田「同世代のスタッフとやりたいんだけど、会社は許さない。新人監督に新人キャメラマンでは、あぶなっかしい。それでキャメラも技術もベテランの人で、助監督ですらぼくの先輩です。みんな、洋ちゃん洋ちゃんって言うんで、“洋ちゃん、こうしなさいよ”って(笑)。(撮影現場で)ふと気づくと、みんながぼくの顔を見てる。するとキャメラマンが助けてくれて、ああ、こうすればいいかって。

 みんなの言うことを聞いて撮ったんだけど、20年くらい前にビデオになったときに見てみたら、画面のどこかにぼくがいる感じがあって、それが強烈でしたね」

 

 俳優陣は、後年の山田作品とは異なる面々である。

 

山田「小坂(小坂一也)くんはすでにロカビリーのスターだったけど、新妻の葵京子さんは新人で、京都で(見かけて)かわいいなって印象に残ってたんで、思い切って(ヒロイン役は)葵さんでって言いました。

 俳優の指導が、監督としてはいちばんしんどい。助監督をしていたときには、監督を批評したり悪口言ったりしてたんだけど(監督になって)撮影が近づくと夜も眠れないくらいドキドキしたもんですね」

 

【『二階の他人』と自らの個性 (1)】

 映画に自身の姿が写っているという発言は、どのような意味なのだろうか。

 

山田「俳優の芝居を見ていると、それは違うんじゃないか、もっと違う動きはないか。それでだんだんぼくの納得できる形になっていった。ああしろ、こうしろと言ったことはない。そうじゃない、こうでもないと言ってるうちにぼくの映画になっていく。

 どこが自分かって、うまく言えない。何となく、スクリーンの後ろに(自分の)姿が写っているというか。俳優の仕草やキャメラアングル、それぞれにぼくの思いが出てる。あそこがおれだ、みたいなのじゃなくて、何となく味がするんですね」(つづく

 

【関連記事】山田洋次のガチな心情・『家族はつらいよ』『虹をつかむ男』

あの頃映画 「二階の他人」 [DVD]

あの頃映画 「二階の他人」 [DVD]

 

にほんブログ村 映画ブログへ