読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

荒井晴彦 × 成田尚哉P × 寺脇研 トークショー レポート・『残酷 黒薔薇私刑(リンチ)』(1)

荒井晴彦 映画

f:id:darakarumena:20140425104927j:plain 

 今年5月から6月にかけて、東京・阿佐ヶ谷の映画館“ラピュタ阿佐ヶ谷”にて、戦争をテーマにした官能映画特集というユニークな特集上映“戦争と六人の女”が開催された。この企画は、坂口安吾原作『戦争と一人の女』(2013)の公開を記念して行われることになったという。

 “六人の女”と銘打たれているように、『秘本 袖と袖』(1974)や『悪徳の栄え』(1988)などの6本が上映されたわけだが、そのうちの1本が藤井克彦監督『残酷 黒薔薇私刑(リンチ)』(1975)である。

 時は戦時中。名家の女中谷ナオミ)と、その家の兄(五條博)と妹(東てる美)。兄は思想問題で特高に追われていて、その居場所を吐かせるために、特高女中と妹を拷問・レイプした。結果、妹は精神を病んでしまう。

 やがて逮捕された兄は、戦地へ送られ、2年後に失明して帰って来た。主人公らの家にも軍が駐留することになり、女中や妹はまたしてもいいようにされてしまう。女中は、特高の男たちへの復讐を誓うのだった。

 

 筆者は何年も前に見たロマンポルノの佳作『団鬼六 花嫁人形』(1979)がいまなお印象に残っていて、それを手がけた藤井克彦監督の作品ということで興味が湧いて見に行ったのだけれども、この『黒薔薇私刑』は何やらいろいろな要素を盛り込みすぎて、個々のシーンの演出力は感じられるものの、全体の満足度はそれほど高いものではなかった。

 いまは『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ(1990~)のうざい小姑で知られる東てる美が、当時18歳でかわいらしく、AKB48峯岸みなみと似ている気がしたのは収穫だった…。

 

 6月14日、『黒薔薇私刑』上映後にロマンポルノを語るトークショーが行われた。出席者は、プロデューサーの成田尚哉、脚本家・映画監督の荒井晴彦、映画評論家の寺脇研の各氏である。荒井・寺脇両氏は、先述の『戦争と一人の女』の制作者でもある。

 

 成田尚哉プロデューサーは、大学卒業後ににっかつに入社し、多数のにっかつロマンポルノをプロデュース。『黒薔薇私刑』の背景をご存じということで、登場されたようである。『ラブホテル』(1985)、『1999年の夏休み』(1988)、『12人の優しい日本人』(1991)、『ヌードの夜』(1993)、『RIVER』(2012)など現在に至るまで多数の秀作に参画している。

 『黒薔薇私刑』の終了直後に、筆者の真後ろの席から成田氏が立ち上がって壇上に出て行ったので、ちょっと驚いた。

 

 荒井晴彦氏もにっかつロマンポルノ出身の脚本家で、『Wの悲劇』(1984)、『恋人たちの時刻』(1985)、『共喰い』(2013)、『戦争と一人の女』などのシナリオを手がけている。筆者は荒井作品の中では『湯殿山麓呪い村』(1984)、『噛む女』(1988)など80年代の作品に魅力を感じる。

 歯に衣着せぬ物言いでも知られ、『戦争と一人の女』では弟子筋の井上淳一監督と喧嘩になったらしい。今回のトークの毒舌ぶりにも、会場は若干引き気味だった。

 

 寺脇研氏は、元文部官僚(現在は退職)でゆとり教育推進のスポークスマンとして知られるが、ポルノにも詳しい映画評論家としても多数の著作を発表。東大法学部卒の官僚がロマンポルノの批評をたくさん書いていたというのも型破りだが、それはともかく、筆者は90年代からよく読んでいたので少なからぬ影響を受けた。昨2012年には、『ロマンポルノの時代』(光文社新書)を刊行。

 『戦争と一人の女』では、映画のプロデュースに初挑戦した。

 

【『黒薔薇私刑』の悪口 (1)】

(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや、整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)

寺脇「満員なんですよ。『戦争と一人の女』で、こういう光景を見たかったね(一同笑)。われわれはロマンポルノの表現力に挑んだつもりなんですが、でも向こうは強い」

成田「荒井さんが来られないかもしれないっていうから、ぼくは補欠要員(一同笑)。ぼくの入社は1974年かな? この作品の一年前ですね」

荒井「こっちはタクシー飛ばして新宿から来たのに、ものすごくつまんない映画。ひどいね、これ。特高がSMやるっていうなら、おれも特高になりたかった(一同笑)」(つづく)

 

【関連記事】池松壮亮 × 荒井晴彦 × 成田尚哉 × 安藤尋トークショー レポート・『海を感じる時』(1) 

映画芸術増刊 戦争と一人の女 2013年 05月号 [雑誌]

映画芸術増刊 戦争と一人の女 2013年 05月号 [雑誌]

 

にほんブログ村 映画ブログへ