私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

大河原孝夫 × 手塚昌明監督 トークショー レポート・『誘拐』(3)

f:id:namerukarada:20180706182755j:plain

【回想の助監督時代 大河原孝夫編 (2)】

 長い助監督生活を経て、1991年にサイキックホラー『超少女REIKO』の脚本・監督を担当した。

大河原「黒澤さんの自伝とか読むと、助監督はホン書くものだと。なかなか書けるものではないけど、そう簡単に監督になれそうもないから。40過ぎたら(監督)やらせてやるというのは、昔の話。そこで何か形として、自分に付加価値をと。外の評価があれば見直すかなって」

 

 そこで大河原監督は、日本映画製作者連盟が運営するシナリオ新人賞・城戸賞に『REIKO』のシナリオを投稿し、準入選。4年後に、観月ありさ主演で映画化にこぎつける。

 

大河原「黒澤さんも好きだけど、『エクソシスト』(1973)とかも嫌いじゃなかった。

 監督デビュー作の予算は、せいぜい2億。だから『ヘルハウス』(1974)みたいにひとつの舞台にしようとバジェットを考えて、それで学園ものに。主演に観月くんが決まるまで、2年くらいかかりました。特撮は浅田(浅田英一)さんについてもらって」

 

 助監督は、手塚監督が務めた。

 

手塚「粉の上に足跡がつくシーンとか、浅田さんとモーションコントロールカメラでコマ撮りしました。毎日、仕掛けがいっぱい(笑)」

大河原「普通なら特撮班を(別途に)組むんだけど、バジェットがないんで」

超少女REIKO [東宝DVDシネマファンクラブ]

超少女REIKO [東宝DVDシネマファンクラブ]

 

 【回想の助監督時代 手塚昌明 (1)

 東宝の社員助監督を長らく務めた大河原監督と異なり、手塚監督はフリーの助監督であった。当初はにっかつの助監督であったが、流れで東宝の仕事が回ってくるようになった。

 

手塚1977年に土曜ワイド(劇場)が始まって、三本目に山口百恵の『野菊の墓』(1977)についた。百恵の映画『霧の旗』(1977)と同じ(西河克己)監督で。山口百恵つながりで映画『古都』について、(『古都』の監督だった)市川崑つながりで東宝へ来ました。百恵の作品はにっかつだったから、東宝の食堂はにっかつと違うなあって(笑)。

 東宝へ行ったら『惑星大戦争』(1977)が当たったって言ってたけど、当たったのは(併映の)『霧の旗』だよ(笑)。当時は、盆暮れは百恵で、併映は適当(笑)」

 大河原「『惑星』は応援で参加しただけなので、詳しく知らないけど、福田純監督がタイトルで星が流れるようにできないかと。できなかったんだけど、(流星のようにスライドインする)クレジットが特徴的なのはその名残りですね」

惑星大戦争  [東宝DVD名作セレクション]

惑星大戦争 [東宝DVD名作セレクション]

 

  小松左京原作 × 深作欣二監督によるSF大作『復活の日』(1980)にも参加。この映画は裏側にいろいろとエピソードがあり、『映画監督 深作欣二』(ワイズ出版)などを読むと、映画そのものよりよほど面白いくらいである。

 

手塚「『復活の日』では、南極へ半年か一年ロケに行ったんですけど、ぼくは置いていかれてました(笑)。(アメリカ大統領役の)グレン・フォードのシーンも海外で撮ってましたね」

 

 撮影は、『誘拐』(1997)の木村大作カメラマンであった。

 

手塚「多岐川裕美がいるのに、その前で下ねた言うスタッフもいて、下品な雰囲気でしたよ(笑)。

 緒形拳さんが亡くなるシーンで、木村さんが“バカっ”って怒鳴りまくって怖い。深作さんは何も言わない。監督とカメラマンが合わないから、厭な現場(笑)。南極でも喧嘩したらしいけど、撮り残しを大雪山で撮ってたら、ふたりの言うことが違う。その後、深作さんと木村さんはぐちゃぐちゃで仲違い。でも後で奥さん同士が仲良くなって、それでふたりを仲直りさせちゃった(笑)」

 

 ラストシーンは、ぼろぼろになった主人公の草刈正雄が、湖のほとりでオリビア・ハッセーたちと偶然(?)再会するというもの。

 

手塚「ラストシーンは本栖湖です。(ヒロイン役の)オリビア・ハッセーを日本へ呼んで。これがジュリエットか、とか思いながら(笑)」(つづく)