私の中の見えない炎

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

山田太一講演会 “テレビドラマと私” レポート (2)

f:id:namerukarada:20140803180733j:plain

【『男たちの旅路』と鶴田浩二 (2)

 『男たちの旅路』(197682)の(ヒロイックな)鶴田浩二さんはもうやりたくない。(かつて)映画の若旦那シリーズでは下町の軽薄なへらへらした板前をやっていらした。その鶴田さんがうまいのを覚えていたので、下町の人がいい。寅さん(みたいなキャラ)じゃなくて何がいいかなと考えていて、オーダーシャツの職人がいい、きっとチャーミングだなと(『シャツの店』1986)。

 (劇中の)カラオケで「傷だらけの人生」を歌っていただいて、これで落とし前がつくと(一同笑)。

 打ち上げでぼくを呼んで、「入院するけど、あなたとのつきあいはよかった」と握手されて、ちょっと変な気がした。それが最後でした。ギリギリで、笑っちゃうような鶴田さんを書けたので幸福でしたね。

シャツの店-全集- [DVD]

シャツの店-全集- [DVD]

 

【歴史ドラマに挑戦】

 日本人移民の歴史をドラマにしないかと言われて、ひと月くらいアメリカを取材して『あめりか物語』(1979)を書いたんですが、でも自分はこういう歴史とか大問題には向いてないなと。こういう大きな企画はどうだと来ると、やりますと言っちゃうんですが(笑)。

 

 その次の年は大河ドラマを書かないかと言われて(『獅子の時代1980)、向いてないなと思いつつも断りにくいですよ。明治維新で、勝ったほうと負けたほうとを同じ分量でやろうと。それで4話くらい落城の話をやっていたら、大河ドラマで落城の話ばかりやるなとか言われて(一同笑)。子どもが飢えて自分の指を食べたとか、そういうすごく悲惨な話を書いたので、視聴率は悪くないけどよくもなかったです。でも視聴率のことはあまり言われなかった。

 主人公は架空の人間を主人公にしたので、それを歴史に参加させないといけない。明治の頃はかなり詳しく判っているんですが、(架空の人間を活躍させるために)他の誰かのやったことをかすめとらなきゃいけないんで(笑)、苦労しました。二度と大河ドラマをやらない、と叫んだ(一同笑)。

獅子の時代 完全版 第一巻 [DVD]

獅子の時代 完全版 第一巻 [DVD]

 

 f:id:namerukarada:20140803180851j:plain

 石炭、石油、そして原子力とエネルギーが変わっていくのを家族を通して描くいう話が来て、当時ぼくは原子力はやばいという意識はなかったんですが(笑)。ぼくには、近代日本が排除してきたものを描きたいというテーマがあって、それをエネルギーでなくてラフカディオ・ハーンを通して描きたいと(『日本の面影』1984)。 

 ハーン役は、ぼくはダスティン・ホフマンがいいって言ったんですが(一同笑)。(スタッフが)ハリウッドまでさがしに行ってくれて、ジョージ・チャキリスさんがやってみたいと言ってくださった。ぼくは、『ウエスト・サイド物語』(1961)であんなに足上げてた人が?(一同笑)と思って。ハーンは決していい男ではなくて、しかも片目で劣等感があった。でもNHKで会ったら繊細な感じで、ふたりで話しても向こうはぼくを見ない。役者としてすごいのか、チャキリスさんがそういう人なのか、いまだに判らないんだけど(笑)、はずかしそうで素敵でしたね。

 (第1話の)ニューオーリンズの場面は、(現地の)俳優さんがあまりうまくいっていない感じがありますが、24話ははずかしくない出来だと思っています(笑)。

日本の面影―ラフカディオ・ハーンの世界 (岩波現代文庫)

日本の面影―ラフカディオ・ハーンの世界 (岩波現代文庫)

 

【老いのドラマ (1)】

 松竹で助監督をしていたときから、笠智衆さんが好きで、でも助監督としては(雲の上の人なので)口も聞けなかった。

 テレビでは、連続ものと大河ドラマに(脇役で)出ていただきました。

 それで、笠さん主役で書きたい書きたいと思っていて、老人のラブロマンスを書いたんです(『ながらえば』1982)。

 笠さんとサシで会ったら、笠さんが、

「こんにちは!」

「はい」

「いい天気で…」

 ぼくも困って(一同笑)。それでもぼくは嬉しくて。

  (笠智衆主演第2弾の)『冬構え』(1985)では、東日本大震災で被害にあったあたりを取材して書いた。津波よけのすごい城壁ができていて、これは壊れないだろうと思ったら、壊れたんですね。 

 世の中がバブルの時期に、通産省(当時)が老後を外国で過ごそうっていうキャンペーンを始めて、NHKがそれに賛同して、何か書かないかと言われました(『夕陽をあびて』1989)。スペインとオーストラリアを取材して、オーストラリアでは5600万でプール付きの家が買えると。税率もいいんですね。シドニーやバースの日本人に取材するといい話ばかりで、障害や悲しいことがなくて、これではドラマにならないなと。

 ホテルへ帰ったら電話があって、「みんなといっしょだからいいことを話した。自分個人としては、それだけじゃない」と。女の人は(現地で)友だちつくって元気。でも退役した男は人見知りしたり、外はオーストラリア人ばかりで、自分は家で息子に送ってもらった日本のテレビ番組(の録画ビデオ)を見て、一日が終わっちゃうと。プールも、掃除がこれほど大変と思わなかったと。子どもと孫も思ったほど来ない。人によっては、マイナスなんですね。

 今考えるとバブルってのは、その後のことを考えないで浮かれちゃったという気がしますね。(つづく)